2019年4月のリミットレギュレーションで禁止カードになった「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」について考察、考案して影響を受けるデッキを紹介!




20194月から適用される新たなリミットレギュレーションが発表され、「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」が禁止カードになることが判明しました。

予想の範疇に収まることだったとはいえ、優秀なモンスターだったため影響を受けるデッキは多いです。今回はそんな「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」について改めて考えていきます。

スポンサーリンク

レダメが禁止に!?「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」が禁止カードになった理由をもう一度おさらい!

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を除外することで手札から特殊召喚でき、1ターンに1度手札・墓地からドラゴン族モンスターを特殊召喚できるという効果を持つ最上級モンスターです。

そんな「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」がなぜ禁止カードになってしまったかというと、主な理由としてはガンドラXワンキルの存在があります。

ガンドラXワンキルを簡単に説明すると、自分フィールドに攻撃力8000を超えるモンスターを用意した状態で「破滅竜ガンドラXを使うことで相手に8000以上の効果ダメージを与えるという先攻ワンキルも狙えるコンボです。

コンボを成立させるには「破滅竜ガンドラXを手札から召喚・特殊召喚する必要があります。

破滅竜ガンドラX

そこで「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」の効果が注目され、サーチした「破滅竜ガンドラXを手札から特殊召喚するための必須パーツとなっていました。

先攻ワンキルが出来るコンボの必須パーツということの他に、効果が優秀すぎるというのも理由になるかと思われます。

効果を見て分かる通り、展開力や打点強化のためにドラゴン族デッキならとりあえず採用しておいて損はないというほど優秀なモンスターです。そのため新たにドラゴン族テーマ等が登場するたびに「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」が持つ可能性は広がり、強すぎるコンボを生んでしまいかねないのです。

以上のことから、「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」禁止カードになった理由としては先攻ワンキルコンボパーツであること、性能が優秀すぎることの2つだと思います。

スポンサーリンク

他のデッキにも影響大!レダメが禁止になって弱体化するテーマを紹介!

聖刻龍-トフェニドラゴン

「聖刻」

ドラゴン族の通常モンスターを展開して高ランクエクシーズモンスターへ繋げることを得意としたドラゴン族デッキです。

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を特殊召喚するために除外コストが必要ですが、「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」自体の攻撃力が高く、なおかつこのデッキでは多めに採用することになる高レベルドラゴン族を手札・墓地から特殊召喚できるため展開力の大きな助けとなり得ます。

ランク6エクシーズモンスターの「聖刻龍王-アトゥムス」であればデッキの「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を攻守0にして特殊召喚できるので、効果を使ってドラゴン族モンスターを展開して有利な盤面を構築できます。

守護竜アガーペイン

「守護竜」

リンク先に様々な場所からドラゴン族モンスターを特殊召喚し、高火力のドラゴン族モンスターを並べて勝利を目指すデッキです。

「守護竜エルピィ」でデッキから「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を特殊召喚してその効果で更にドラゴン族モンスターを展開、更に「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」をリンク素材等に使って墓地へ送ることで「守護竜ピスティ」で墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を蘇生して更に展開というコンボが強力です。

このデッキにおいて「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」は高い攻撃力のモンスターを複数体並べるために活躍するキーカードでもあったので、禁止カード化の影響は大きいでしょう。

ヴァレット・シンクロン

「ヴァレット」

共通のリクルート効果を駆使してリンク召喚を狙っていくデッキです。

「ヴァレット」モンスターと「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」は種族・属性が同じなので一部のサポートカードが共有できます。

また「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を使えば蘇生制限を満たしている「ヴァレル」リンクモンスター等の蘇生も出来るので、切り返しを狙いたい時にも期待できました。

スポンサーリンク

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」は今後復帰出来そう?

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

性能が高すぎるがために与える影響が大きいので、エラッタ無しでの復帰は難しいように思います。

仮にエラッタがされたとしてもよほど重い制約でもなければまた同じように活躍しまくるだけですが、せめて先攻ワンキルコンボに使われないようなエラッタなら制限復帰できる可能性が少しはありそうです。

すぐの復帰はかなり難しそうですが、何かしらの形で復帰できることを待ちたいと思います。