レベル1だけどウルトラレア!?「妖醒龍ラルバウール」の効果を考察して相性の良いデッキを考案します!




2019112日に発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームに「妖醒龍ラルバウール」が収録されることが発表されました。

最近のブースターパックに入っている「○○龍」と名のつく闇属性・ドラゴン族のウルトラレア以上のモンスターのジャンルの中に新たに加わるかと思われます。

今回はそんな「妖醒龍ラルバウール」について考察していきます。

「妖醒龍ラルバウール」の効果の考察と考案

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分フィールドのモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札を1枚選んで捨て、対象のモンスターと同じ種族・属性で
カード名が異なるモンスター1体をデッキから手札に加える。

レベル1闇属性・ドラゴン族にして攻守は0という下級モンスターです。

効果は2あり、それぞれ1ターンに1度使用できます。

1つ目は自分フィールドのモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に、フィールドから離れた場合に除外されるという制約付きで手札・墓地の自身を特殊召喚する効果。

2つ目は自身の特殊召喚時にフィールドのモンスター1体を対象にし、手札を1枚選んで捨てることで対象にしたモンスターと同じ属性・種族でカード名が異なるモンスター1体をサーチする効果です。

属性や種族、レベルと攻守の低さから豊富なサポートカードの恩恵を受けられます。

1の効果を使うには自分フィールドのモンスターが戦闘または相手の効果で破壊されなければならないため、自爆特攻を除けば受け身の形で発動することになります。

相手ターンに守備表示に出して壁として使うことも出来ますが、極力次の自分のターンにフィールドに残るように出した方が都合が良いです。

この効果を使った自身はフィールドから離れたら除外されるという制約ですが、エクシーズ素材にすれば回避できるものの、2の効果に手札消費がある兼ね合いを考えると使い捨てのサーチ効果として運用したほうが良いような気もします。

異次元からの埋葬

幸い墓地からの自己蘇生が出来ますので、再利用したい場合は「異次元からの埋葬」等で除外から墓地に戻すという手もあります。

2の効果ではフィールドのモンスター1体と同じ属性・種族のモンスターをサーチするという都合上、属性と種族が統一されたテーマデッキを使っている場合かこのカードと同じ闇属性・ドラゴン族を採用している場合に使いやすいです。

金華猫

発動条件も特殊召喚時と広いので、1の効果を使っていなくても「金華猫」等で発動することが出来ます。

手札を1枚捨てるため、墓地で発動する効果やその後サーチするモンスターによって無駄にならないように使いたいです。

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

闇属性・ドラゴン族であれば制限カードでありサーチの難しい上に蘇生効果を持つため捨てた手札が無駄になりにくい「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」等が候補筆頭かと思います。

「妖醒龍ラルバウール」が採用できそうなデッキは?

真紅眼の黒竜

「真紅眼の黒竜」デッキ

「真紅眼の黒竜」を主軸にしたデッキで、バーン特化戦士族との混合儀式召喚狙いなど種類がいくつか存在します。

闇属性・ドラゴン族の採用枚数が多く、比較的耐性効果を持っているモンスターが少ないため「妖醒龍ラルバウール」1の効果による特殊召喚を狙いやすいです。

またこれまで「黒鋼竜」を使わなければサーチが難しかった「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」のサーチが出来るようになる点は展開力においても大きな助けになります。

サーチ先としては「伝説の黒石」も優秀で、即座にデッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスターを特殊召喚出来ます。

ヴァレット・シンクロン

「ヴァレット」デッキ

「ヴァレット」モンスターを主軸にしたリンクデッキで、闇属性・ドラゴン族を駆使することで戦線の維持や展開を狙います。

ほぼ闇属性・ドラゴン族でデッキ構築され、なおかつ高リンクモンスター以外は耐性効果を持っていないため「妖醒龍ラルバウール」を特殊召喚する機会もあります。

「妖醒龍ラルバウール」の効果でのサーチ先ですが、こちらは「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」に加えてサルベージ効果を持つ「ハイバネーション・ドラゴン」、シンクロ召喚も狙えるためチューナーの「亡龍の戦慄-デストルドー」が挙がります。

また手札から捨てるモンスターとしては「霊廟の守護者」等を使うことでその後の展開で無駄なく使えます。

また「妖醒龍ラルバウール」自身も「ツイン・トライアングル・ドラゴン」等のリンク素材に出来る点も魅力的です。

「妖醒龍ラルバウール」は強そう!?

やや受け身ではあるものの自己特殊召喚効果とサーチ効果を持つため、デッキの潤滑剤として十分に機能する性能を持っているモンスターだと思います。

他にモンスターを用意する必要がないため闇属性・ドラゴン族を主軸にしたデッキでの採用が見込めますが、闇属性・ドラゴン族モンスターもかなりの種類があるのでそれのサーチカードとして他のデッキに出張させることも容易です。

少なくとも同じジャンル(?)「○○龍」と名のつくモンスターは闇属性・ドラゴン族で統一されているので汎用効果を持つものと一緒に採用することも出来そうです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする