「死眼の伝霊-プシュコポンポス」の効果考察と相性の良いカードを紹介!気になる評価は?

先日発売した基本パック、ドーン・オブ・マジェスティに「死眼の伝霊-プシュコポンポス」というカードが収録されました。

レアリティはノーマルであり、封入率が低いというわけでもないのでパックを購入したら当たったという人も多かったかと思います。

そこで今回は「死眼の伝霊-プシュコポンポス」について考察し、相性の良いカード等を紹介していきたいと思います。

「死眼の伝霊-プシュコポンポス」の効果考察!

死眼の伝霊-プシュコポンポス

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/アンデット族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手の墓地の以下のカードの内、枚数が多い方の効果を適用する。
●モンスターカード:このカードを除外し、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで除外する。
●魔法・罠カード:このカードを墓地へ送り、相手は自身のフィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(2):このカードが除外された場合、次のターンのエンドフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

レベル2の地属性・アンデット族チューナーで、攻守はともに0です。

比較的サポートカードが多い属性と種族であり、レベルと攻守が低いこともあってサーチやリクルートもそう難しくありません。

1つ目の効果は特殊召喚成功時に相手の墓地のカードの種類(モンスターか魔法・罠カード)を参照し、枚数が多い方の効果を適用するというものです。

モンスターカードが多かった場合に適用されるのは、このカードを除外することで相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで除外するというものです。

相手が墓地肥やしに長けたデッキや展開力の高いデッキを使っているのであれば条件を満たしやすく、相手の墓地のモンスター1体を除外出来ます。

このカード自体は除外されても2の効果で帰ってくるため、時間差こそあるものの相手の墓地リソースを継続的に削っていくことが可能です。

しかし除外するカードは相手が選ぶため、大きな損失にはなりにくいでしょう。

魔法・罠カードが多かった場合に適用されるのは、このカードを墓地へ送ることで相手は自身のフィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送るというものです。

相手が魔法・罠カードを多用するデッキや墓地にモンスターが溜まりにくいペンデュラムデッキであれば条件を満たしやすく、相手フィールドのモンスター1体を除去できます。

このカードを墓地へ送る都合上2の効果で帰ってこれない点を踏まえても、対象を取らず破壊も介さないため除去性能自体はかなり高いです。

墓地へ送るモンスターは相手が選ぶため狙ったモンスターを除去できないという欠点はありますが、相手フィールドのモンスターが1体のみであれば関係ないためその点を上手く利用すると良いでしょう。

2つ目の効果はこのカードが除外された場合、次のターンのエンドフェイズに除外されている自身を特殊召喚できるというものです。

1の効果で除外された場合でも特殊召喚でき、1の効果の発動トリガーが特殊召喚成功時であるため再び1の効果の発動へと繋がります。

除外される方法や場所は問わないため、1の効果以外にもデッキや墓地から除外された場合でもこの効果で帰ってくることを狙えます。

1の効果は強制効果ですので、通常召喚・相手の墓地のモンスターの枚数と魔法・罠カードの枚数が同じ・効果を無効にして特殊召喚などの方法や条件でなければ強制的に発動します。

1の効果が発動してしまえば相手の墓地のモンスターと魔法・罠カードのどちらが多くても自身はフィールドから離れてしまうことからチューナーとして運用し難いので、効果の利用を目的に運用するのが基本になるかと思います。

スポンサーリンク

「死眼の伝霊-プシュコポンポス」と相性の良いカードを紹介!

「不知火の隠者」

不知火の隠者

守備力0のアンデット族チューナーをリクルート出来るため、「死眼の伝霊-プシュコポンポス」をリクルートして即座に1の効果へ繋げていけます。

アンデット族デッキであればその後のアドバンテージの観点から「ユニゾンビ」等の方が有力なリクルート先候補になりますが、手っ取り早く「死眼の伝霊-プシュコポンポス」1の効果を使いに行ける手段として覚えておくと良いでしょう。

「ジャック・ア・ボーラン」

ジャック・ア・ボーラン

相手メインフェイズに墓地のアンデット族モンスターを蘇生できるため、「死眼の伝霊-プシュコポンポス」を蘇生することで1の効果を使っていけます。

相手の墓地の魔法・罠カードが多ければ、相手メインフェイズ中に「死眼の伝霊-プシュコポンポス」1の効果を使うことで展開などの妨害を図ることが出来ます。

「ジャック・ア・ボーラン」の効果で蘇生したモンスターはフィールドから離れた場合除外されるため、「死眼の伝霊-プシュコポンポス」1の効果でどちらを適用したとしても除外されて後に2の効果で帰ってきます。

「次元の裂け目」

次元の裂け目

墓地へ送られるモンスターは除外されるようになるため、「死眼の伝霊-プシュコポンポス」の1の効果で相手のフィールドのモンスターを除去する条件を満たしやすくなります。

「死眼の伝霊-プシュコポンポス」1の効果で自身を墓地へ送るのはコストではなく効果であるため、「次元の裂け目」適用下では墓地へ送られるのではなく除外されます。

除外されても後に2の効果で帰ってくるので「次元の裂け目」を維持できれば「死眼の伝霊-プシュコポンポス」は数ターンごとに使える除去手段となれるでしょう。

「もののけの巣くう祠」

もののけの巣くう祠

1枚で合計2回墓地のアンデット族モンスターを蘇生できる罠カードです。

発動条件こそありますが「死眼の伝霊-プシュコポンポス」の効果を使いたい場合は1の効果で蘇生、「死眼の伝霊-プシュコポンポス」の効果を使いたくない場合は2の効果で蘇生という使い分けることが可能です。

スポンサーリンク

「死眼の伝霊-プシュコポンポス」の気になる評価は?まとめ!

昨今では「閃刀姫」や「エルドリッチ」など魔法・罠カードを多用するデッキも増えてきたので、「死眼の伝霊-プシュコポンポス」を除去手段として使うことも難しくはなさそうです。

ですが「死眼の伝霊-プシュコポンポス」1の効果はどうしても相手の墓地ひいては相手のデッキコンセプトに依存してしまうため、状況に適した使い方が求められるでしょう。

総合すると「死眼の伝霊-プシュコポンポス」は相手や自分のデッキによって使いやすさがかなり変わってくるカードですが、使いこなせればフィールドと墓地や除外を行き来しながらじわじわと相手を追い詰めていけるカードになるでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする