プロモーションパック2019に収録されたカードの現在の相場を紹介し、今後価格が高騰するか予想してみた!




デュエリストフェスティバル OSAKA 2019で参加者に配布されたプロモーションパック2019の収録カードですが、限定パックであるため分母が少ないですが市場に出回ってきました。

そこで今回は相場について紹介していきます。

プロモーションパック2019の収録カードの現在の相場は?

相場を紹介する前に、プロモーションパック2019の収録内容を簡単におさらいします。

プロモーションパック2019の収録カードは新規カード5枚・再録カード6枚・トークンカード1枚の計12種であり、1パック2枚入りとなっています。

注目すべきは新規カードになりますので、今回紹介していくカードはあくまで新規カードの5種類に絞らせていただきます。

スポンサーリンク

「リンクアップル」

効果モンスター 星1/炎属性/サイバース族/攻 0/守 0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 自分のEXデッキの裏側表示のカードをランダムに1枚選んで除外する。 除外したカードがリンクモンスターだった場合、 このカードを手札から特殊召喚する。 違った場合、このカードを手札から捨て、自分はデッキから1枚ドローする。

600800

今回の新規カードの中では比較的高めの価格が付いています。

エクストラデッキをリンクモンスターで固めれば自己特殊召喚できるレベル1モンスターとして、エクストラデッキをほぼ使わないデッキであればリンクモンスター以外で固めて手札交換用カードとして使えるため採用できるデッキの幅も広いです。

他の新規カードに比べても汎用性がある程度期待できるという点も価格が高くなりやすい理由であると思われます。

「リンクアップル」についての詳しい解説はこちらの記事で行なっております!

2019年5月11日に行われるデュエリストフェスティバルで参加者にプロモーションパック2019が配布されます。 トーク...

「飛鯉」

効果モンスター 星4/水属性/魚族/攻 500/守 500 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札から水属性モンスター1体を捨てて発動できる。 このカードの攻撃力は500アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、 このカードをリリースして発動できる。 手札・デッキから魚族・海竜族・水族モンスター1体を特殊召喚する。

300400

「海皇」デッキでは採用が見込める性能をしていますが、汎用性という意味では決して高くないため欲しい人にとっては欲しいといった感じかと思われます。

効果自体は強力ですので、今後の活躍にも期待したいカードでもあります。

こちらでは「飛鯉」についてより詳しく解説しております!

2019年5月11日のデュエリストフェスティバルで参加者にプロモーションパック2019が配布されました。 トークンカー...

スポンサーリンク

「虫忍 ハガクレミノ」

リンク・効果モンスター リンク2/風属性/昆虫族/攻1000 【リンクマーカー:左上/下】

カード名が異なるモンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、 相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

(2):このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 自分の手札・墓地からレベル4以下の昆虫族モンスター1体を選んで特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

650750

昆虫族リンクモンスターであり、リンクモンスターである以上はそれなりに展開力が必要になってくるものの効果は優秀です。

昆虫族のリンクモンスターや昆虫族に関わる効果を持っていることを考えると、昆虫族の新たなテーマであるBFとの組み合わせも現実的であり検討の余地があるでしょう。

「虫忍 ハガクレミノ」についてはこちらの記事でより詳しく解説しております!

2019年5月11日に行われるデュエリストフェスティバルで参加者にプロモーションパック2019が配布されます。 トーク...

スポンサーリンク

「一惜二跳」

装備魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを相手フィールドに効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

(2):装備モンスターは攻撃できず、攻撃対象にならない。

(3):装備モンスターが融合・S・X・リンク召喚の素材になった事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 融合・S・X・リンク召喚されたそのモンスターのコントロールを得る。

250550

相手フィールドに相手の墓地のモンスターを蘇生するというユニークな効果をしており、使い方次第では相手への妨害だけでなく自分のメリットにも繋げられます。

相性の良いデッキやカードがある程度限られてくることもあるので複数枚積みする必要は無さそうですが、上手いコンボが発見されたりすれば評価も変わってくるかと思います。

こちらの記事では「一惜二跳」の使い道などについて考察しております!

デュエリストフェスティバルで参加者に配布されたプロモーションパック2019ですが、今回はそのプロモーションパック2019の新規カード...

「獣湧き肉踊り」

通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時、 相手フィールドの表側表示モンスターの攻撃力の合計が8000以上の場合に発動できる。 元々のカード名が異なるモンスター3体を、 自分の手札・デッキ・墓地からそれぞれ1体ずつ選んで攻撃表示で特殊召喚する。

150300

発動条件が重く使いこなすには必要なカードやプレイングセンスも必要とされるカードではありますが、決まれば形勢逆転も狙えるという可能性を秘めてもいます。

攻撃力をひたすらに上げるデッキが相手であれば使う機会はそれなりにありますので難しい所ですが、やはりというか一番癖が強いこのカードの価格が比較的低めになっています。

「獣湧き肉踊り」の使い道についてはコチラで考察しております!

デュエリストフェスティバルで参加者に配布されたプロモーションパック2019に「獣湧き肉踊り」が収録されました。 今回はそんなか...

スポンサーリンク

プロモーションパック2019の収録カードの中で今後需要が高くなりそうなカードを予想!

「虫忍 ハガクレミノ」

リンク・効果モンスター リンク2/風属性/昆虫族/攻1000 【リンクマーカー:左上/下】

カード名が異なるモンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、 相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

(2):このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 自分の手札・墓地からレベル4以下の昆虫族モンスター1体を選んで特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

昆虫族リンクモンスターは他にもいますが「エクスクローラー」「クローラー」専用の効果やリンク素材なため、その点このカードは昆虫族に関連した効果であり展開等にも役立つリンクモンスターとして有用です。

昆虫族という種族がスポットの当たりにくいことを考えるともう少し強い効果でも良かったような気もしますが、あくまで昆虫族デッキなら採用を検討できる汎用性という意味ではちょうど良い塩梅なのかもしれません。

前述もした通り新たにBFが登場しますので、今後昆虫族関連カードに一定数以上の注目が集まるかと予想できます。

BFを出張採用させた昆虫族デッキもあると思いますし、昆虫族デッキを使うのならば「虫忍 ハガクレミノ」は積極的な採用を検討できるリンクモンスターと言えます。

BFがどれくらい活躍できるかは不明瞭ですが、それらがこのカードの価格高騰にもつながる可能性は十分あります。

BF」デッキの組み方や回し方についてはコチラの別途記事で解説しております!

2019年5月18日発売予定のコレクションパック-革命の決闘者編-で「B・F」テーマとして新たに登場します。 遊戯王A...

「一惜二跳」

装備魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを相手フィールドに効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

(2):装備モンスターは攻撃できず、攻撃対象にならない。

(3):装備モンスターが融合・S・X・リンク召喚の素材になった事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 融合・S・X・リンク召喚されたそのモンスターのコントロールを得る。

ユニークな効果が面白く、蘇生した相手モンスターは攻撃できず攻撃対象にもなりませんし各種素材にして処理すればコントロールを奪われるというかなり特徴的な性能です。

「トポロジック・トゥリスバエナ」でまとめて除外したり、他にも相手フィールドのモンスターを利用するカード等と組み合わせることで一風変わった戦術が出来ます。

こういったユニークなカードと新規カードや既存カードとの組み合わせを考えるのも楽しいもので、思いがけず強力なコンボが発見されることもあるので期待も込めて高騰しそうなカードとして挙げさせていただきました。

スポンサーリンク

プロモーションパック2019の評価は?

プロモーションパックのカードは特徴的なものが多く、すぐには大会環境に出ることはあまりありませんが環境で活躍するデッキ次第では採用されることも十分あり得るかと思います。

今後の活躍にも期待が持てるカードたちですので、採用したいデッキがすでにあるならば購入しておくのも良いでしょう。

後々新たなコンボの発見などで話題に上ることもあるかと思うので、私自身色々と検証しながら今後の動きに注目したいです。

またコチラではプロモーションパックの中で個人がおすすめするカードを紹介しておりますので参考にしていただけると嬉しいです!

デュエリストフェスティバル OSAKA 2019で参加者にプロモーションパック2019が配布されました。 新規カード5...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする