遊戯王 プレミアムパック2019収録カードの現在の相場や買取価格を徹底調査!




201939日にプレミアムパック2019が一般発売されました。

今後変動があるとは思いますが、現在(2019310日時点)の収録カードの相場価格を調べてみました。

売却、もしくはシングルでの購入を考えている人は一度参考にしても良いと思います。

スポンサーリンク

プレミアムパックの2019相場と買取価格を調査!

転生炎獣アルミラージ

「転生炎獣アルミラージ」

20thシークレットレア 買取価格50006000 相場価格65007500

シークレットレア 買取価格25003000円 相場価格40005000

ウルトラレア 買取価格1300円~1600 相場価格17002000

汎用的なリンク素材を持つリンク1であり、リンク先の確保という意味でも用途が多いカードなのが高額がついている理由かと思われます。

通常召喚された攻撃力1000以下のモンスターをリンク素材として墓地へ送れる他、能動的にフィールドから離れられるためエクストラモンスターゾーンを空けることも出来たりと汎用リンク1モンスターとして優秀な性能と言えます。

「サラマングレイト」モンスターではあるものの、「クリッター」等との相性から様々なデッキへ採用できるでしょう。

スポンサーリンク

剛炎の剣士(20thシークレットレア仕様)

「剛炎の剣士」

20thシークレットレア 買取価格20002500 相場価格25003000

シークレットレア 買取価格600900 相場価格10001200

ウルトラレア 買取価格500円~650 相場価格700900

リンク素材が緩く出しやすい上に戦士族モンスターへの全体強化、更に自身が戦闘または相手の効果で破壊された場合に墓地の戦士族モンスター1体を蘇生できる効果を持っています。

リンク2としては属性で言えば「ドリトル・キメラ」、種族で言えば「聖騎士の追想 イゾルデ」がいますが、こちらはエクストラモンスターゾーンとメインモンスターゾーンのどちらに出してもリンク先が確保できるというメリットが存在します。

またサーチではなく蘇生である点を活かし、強力な戦士族モンスターが墓地に存在すれば自爆特攻をするという手もあります。

決闘竜 デュエル・リンク・ドラゴン(20thシークレット仕様)

「決闘竜 デュエル・リンク・ドラゴン」

20thシークレットレア 買取価格16002000 相場価格22002600

シークレットレア 買取価格400600 相場価格600700

ウルトラレア 買取価格80円~100 相場価格120150

リンク4でリンク素材がシンクロモンスターを含むモンスター2体以上と召喚条件が高く、効果やステータスを総合すると新マスタールールに適用させた代わりに弱体化した「アルティマヤ・ツィオルキン」といった感じです。

リンク召喚をせずに「守護竜」と組み合わせるといった用途が割と現実的ですが、このカードの相場価格に関しては性能と言うよりはコレクションという意味合いでそれなりに高い値段がついているようです。

スポンサーリンク

ダーク・アンセリオン・ドラゴン

「ダーク・アンセリオン・ドラゴン」

シークレットレア 買取価格550800 相場価格10001400

ウルトラレア 買取価格80円~130 相場価格200500

フリーチェーンの「フォース」なモンスター効果、相手モンスター1体の元々の攻撃力を半分にするペンデュラム効果を持つランク7エクシーズモンスターです。

汎用ランク7エクシーズモンスターとしては他にも優秀な効果を持ったカードが存在しますが、このカードの最大の特長としてはエクシーズペンデュラムモンスターでありスケールが高くペンデュラム効果が強いことです。

モンスター効果を使って先頭で3000ダメージを狙うのはもちろんですが、破壊されてペンデュラムゾーンに移動した後もスケールが10あるためペンデュラム召喚を狙いやすく、更には相手モンスターの攻撃力半減は分かりやすく強力なので使い勝手が良いです。

以上のことから耐性がない代わりにフィニッシャーとして期待できますし、破壊されてもその後の巻き返しに一役買ってくれる便利なカードと言えるでしょう。

スポンサーリンク

今回のトップレアは?まとめ!

紹介したのを見ていただければ分かる通り、プレミアムパック2019のトッププレアカードは「転生炎獣アルミラージ」の20thシークレットレアになります。

現時点でも十分高額がついていますが、今回一般販売される前は更に高値で取引されていました。

その他にも、やはりと言うべきか20thシークレットレアのカードは高くなりやすいのでパックを購入する際には狙ってみるのもまた一興かと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする