「ガジェット」カードにリンクモンスター現る!「プラチナ・ガジェット」の使い方や相性の良いデッキを考察します!

1121日発売のVジャンプ1月号の付録として登場する「プラチナ・ガジェット」の効果や詳細が判明しました。「ガジェット」モンスター初のリンクモンスターですが、どのように使えるのか考えてみました。

「プラチナ・ガジェット」について

 

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下の機械族モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

まず最初はこのカードがどんなモンスターなのかについて解説していきたいと思います。

機械族モンスター2が召喚条件のリンク2モンスターで、リンク先は右下と左下です。

光属性・機械族(ゴールド・ガジェットとシルバー・ガジェットと同じ)攻撃力は1600

効果は一つ目はメインフェイズに1度手札からレベル4以下の機械族モンスターを特殊召喚するもの。

二つ目は戦闘・効果破壊時にデッキからレベル4の「ガジェット」モンスターを特殊召喚できる効果です。

デメリットとしてリンク召喚に成功したターンはリンク素材に出来ないという効果外テキストを持ちます。

クラスター・ペンデュラム

素材は機械族に限定されてますが、トークンを生成できる「クラスター・ペンデュラム」や展開力に優れた機械族テーマとの相性が良いです。

効果で手札から特殊召喚できるモンスターはレベル4以下の機械族と範囲が広いので、機械族テーマによっては多種多様な可能性を秘めています。

二つ目の効果は相手に破壊されるのを待つだけでなく自分で破壊することでも発動するため、能動的な展開方法としても使えます。

サイバース・ガジェット

デッキから特殊召喚出来る「ガジェット」モンスターはレベル4という指定しかないので、サイバース族の「サイバース・ガジェット」も特殊召喚が可能です。

「プラチナ・ガジェット」の使い方

ここでは具体的な運用方法を挙げていきたいと思います。

緊急ダイヤ

スポンサーリンク

まずリンク召喚の仕方ですが、前述した相手モンスターの数に依存するものの最低でも1体以上はトークンを生成できる「クラスター・ペンデュラム」を使ったり、地属性・機械族限られますが召喚権を使わずに機械族モンスター2体を並べられる「緊急ダイヤ」を使うとその後の展開に繋がりやすいです。

キメラテック・メガフリート・ドラゴン

このモンスターのキモとも言える一つ目の効果の活かし方ですが、フィールドに存在する場合に「サイバー・ドラゴン」として扱うレベル4以下の「サイバー・ドラゴン」モンスターを特殊召喚して相手のエクストラモンスターゾーンのモンスターもろともに「キメラテック・メガフリート・ドラゴン」の素材にしてしまうという手があります。

相手も巻き込めた場合には攻撃力3600の打点を得られますが、「プラチナ・ガジェット」の二つ目の効果は当然使えないので注意が必要です。

水晶機巧-シトリィ

二つ目の効果を意識して一つ目の効果を使いたい場合、「水晶機巧」モンスターと組み合わせるという選択肢も有ります。

手札から特殊召喚したチューナー以外の「水晶機巧」モンスターの効果によって「プラチナ・ガジェット」を破壊し、デッキから「水晶機巧」チューナーを特殊召喚しつつも「プラチナ・ガジェット」の効果によりゴールドシルバーで更なる展開、イエローグリーンレッドで手札消費の軽減も同時にこなせます。

問題点として「水晶機巧」モンスターの効果を使った後は機械族シンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚出来ないため注意が必要です。

水晶機巧-クオンダム

敢えて「水晶機巧-クオンダム」を出すことで、次の相手ターン中に先ほど出した「ガジェット」モンスターと「水晶機巧-クオンダム」を使って「ヴァレルロード・S・ドラゴン」をシンクロ召喚する(最低でも「プラチナ・ガジェット」は装備できるので打点が3800とカウンターが2つは得られます)という戦術もあります。

相性の良いデッキは?

機械族モンスター2体という召喚条件と二つの効果が活かせることを考えると、「ガジェット」モンスターを採用した機械族デッキとの相性が比較的良いかと思われます。

具体的に上げますと、前述した「サイバー・ドラゴン+ガジェット」デッキに「水晶機巧+ガジェット」デッキ。

他にも「ガジェット」をメインにしたデッキや、ストラクチャーデッキで「ガジェット」をリリースすることで専用効果を得るモンスターも登場した「古代歯車」デッキが上がります。

このカードを出すために相性の良い「緊急ダイヤ」を使うデッキでもある「列車」でも採用が可能かと思いますが、リンクヴレインズパック2にて「列車」のリンクモンスターが収録されることが仄めかされているのでそちらの方が優先度が高いかもしれません。

まとめ

「ガジェット」モンスターは自前の回転力から手札消費を少なくすることができ、更に機械族には「アイアンドロー」などの手札補充カードもあります。

今回の「プラチナ・ガジェット」の登場をきっかけに「ガジェット」モンスターについて注目してみるのも良いかと思います。