ファントム・レイジの影響で高騰するカードを予想!買っておくべきカード一覧!

注目を集めている基本パック、ファントム・レイジは発売日を目前に迫っています。

そこで今回はファントム・レイジの影響で今後高騰するであろう既存カードを予想していきたいと思います。

あくまで予想ですので当たるかは分かりませんが、いつか購入しようと思っていたという人は参考にして頂けたら幸いです。

ファントム・レイジの影響で高騰が予想されるカード一覧!

「十二獣サラブレード」

十二獣サラブレード

召喚・特殊召喚成功時に手札の「十二獣」カード1枚を捨てて1枚ドローする効果があり、自信を素材としている獣戦士族エクシーズモンスターに貫通効果を付与する効果もあります。

「十二獣」デッキでは手札交換をしつつ墓地に「十二獣」モンスターを送ることで、先攻1ターン目であっても蘇生効果を持つ「十二獣ライカ」の性能を存分に活かすことが出来るモンスターとして有用です。

「十二獣」テーマはファントム・レイジに収録される新規テーマ「トライブリゲード」との相性が注目されているため、「十二獣」デッキの展開の起点となるこのカードの価格が高騰すると予想できます。

またこのカードは現状レアリティがスーパーレアまたはシークレットレアしか存在しないためレアリティの高さという点からも価格高騰がしやすいでしょう。

同じ「十二獣」テーマのカードとしては、制限カードであるとはいえレアリティがウルトラレア以上の「十二獣ドランシア」や先述した「十二獣ライカ」のスーパーレアは価格高騰する可能性が十分あります。

スポンサーリンク

「電脳堺獣-鷲々」

電脳堺獣-鷲々

汎用素材で出せるレベル6シンクロモンスターであり、自分の墓地に元々の属性・種族が同じでカード名が異なるモンスター2体以上いれば戦闘・効果破壊耐性を得られ、自分の墓地の元々の属性・種族が同じでカード名が異なるモンスター2体を除外すればフィールドのカード1枚を対象に取って墓地に送れる効果があります。

条件さえ満たせれば戦闘・効果破壊耐性を持つ攻撃力2400のモンスターとして利用できるだけでなく、対象に取る墓地へ送る効果で除去も図れます。自分の墓地次第では除去効果を使うことで耐性を失ってしまうこともあるため、その点には注意が必要です。

ファントム・レイジにて「電脳堺」カテゴリの本格テーマ化が行われることで価格高騰が予想されます。

このカード自体はザ・ヴァリアブル・ブック22の付属カードですので、流通量が少ないという点も価格高騰に繋がるでしょう。

同じくザ・ヴァリアブル・ブック22の付属カードである「電脳堺龍-龍々」と比べると、「電脳堺」デッキで使うことを考えてもこちらの方が使い勝手が少し勝るかと思われます。

「アルカナフォースXXI-THE WORLD」

アルカナフォースXXI-THE WORLD

ファントム・レイジで「アルカナ・リーディング」が収録されます。

「アルカナ・フォース」関連の新規カードは現在の時点で1枚ですが、やはり1枚でも「アルカナ・フォース」が強化された点は大きく、特に「アルカナフォース」の中でも強力な効果を持つ「アルカナフォースXXI-THE WORLD」は徐々に値段が上がってる傾向です。

今後も新規カードが出る可能性のあるテーマなので、デッキを組もうか迷っている方は早めに手に入れておいたほうが良いでしょう。

「融合派兵」

融合派兵

エクストラデッキの融合モンスター1体にカード名が記されたモンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する効果の通常魔法カードです。

融合素材をステータス問わずにリクルートできるため融合召喚のサポートとしては非常に優秀であり、「青眼の白龍」「ブラック・マジシャン」「EHERO ネオス」等を代表にした高レベルであり打点としても期待できる融合素材モンスターもリクルートが可能です。

このカードを発動するターン自分はエクストラデッキから融合モンスター以外を特殊召喚できないという制約がありますが、融合を主軸にしてシンクロ・エクシーズ・リンクモンスター等をほぼ使わないデッキであれば特に気にする必要なく利用できるでしょう。

ファントム・レイジにて登場する新規テーマ「双天」との相性が良く、融合素材としても融合効果を持つ「双天招来」をサーチする手段としても使う「双天拳の熊羆」のリクルートを狙えるため、「双天」デッキを構築するのであればフル投入が推奨されるカードでもあります。

このカード自体のレアリティはスーパーレア・シークレットレア・20thシークレットレア3種になっているためその点でも値段が上がりやすいでしょう。

「サクリファイス・アニマ」

サクリファイス・アニマ

トークン以外のレベル1モンスター1体でリンク召喚できるリンク1モンスターで、このカードのリンク先のモンスターを自身に装備する効果と装備したモンスターの攻撃力分自身の攻撃力を上げる効果を持ちます。

相手が出したモンスターの位置次第では破壊を介さずに除去ができ、リンク1でありながら装備したモンスター次第ではこのカードで攻勢に出ることも可能です。

注目されているポイントは効果ではなく、比較的容易に魔法使い族モンスターを用意出来ることにあります。

ファントム・レイジで新たに「憑依覚醒」モンスターが増えることで、地・水・炎・風の4属性が揃いました。

「憑依覚醒」モンスターは共通で『自分フィールドの魔法使い族モンスター1体と自身と同じ属性のレベル4以下のモンスター1体をリリースすることで手札・デッキから特殊召喚できる』効果があり、この方法で特殊召喚に成功した場合固有効果を利用できます。

固有効果は強力なものも多いため、「霊使い」デッキ以外でも地・水・炎・風のいずれかの属性を主軸としていてレベル1モンスターを採用しているデッキであれば、レベル1モンスターを「サクリファイス・アニマ」にすることで魔法使い族モンスターを用意して「憑依覚醒」モンスターの特殊召喚を狙えます。

「サクリファイス・アニマ」にはスーパーレアやシークレットレアも存在するのでそれらの価格が上昇する可能性は十分あります。

ファントム・レイジの影響で高騰するカードを予想!買っておくべきカードについてのまとめ!

ファントム・レイジの影響で高騰が予想されるカードについて紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

高騰が予想されるカードの傾向としてはやはり、新規テーマデッキに必須レベルのカードだったり、手に入りにくいレアリティの高いカードの傾向にあります。

特に「トライブリゲート 」は出張性も高く、環境に入る可能性も高いので、「トライブリゲート 」関連は早めに集めておいて損はなさそうです。

コチラではファントム・レイジに収録されている高額カードを5つピックアップしております!

基本パック ファントム・レイジがついに発売しました。 そこで今回はファントム・レイジに収録されたカードのシングル初動価...

ファントム・レイジに収録されているおすすめのカードはコチラで紹介しております!

遊戯王OCGの新商品、基本パック、ファントム・レイジの発売日が目前に迫っています。 新規テーマの登場や新規カードによる...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ PHANTOM RAGE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) 3BOXセット

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする