遊戯王チップスの新規カード「魂の開封」!効果や使い道を考察していきます!

遊戯王で初のOCGで使えるカードを付けた食玩である遊戯王チップスが発売しました。

20種のカードには今回登場した新規カードもあり、ここではその中の一枚「魂の開封」について考察していきたいと思います。

「魂の開封」の効果

通常魔法
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドに通常モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから通常モンスター5体を選ぶ。
その内の1体を手札に加え、残りのカードを除外する。

相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドに通常モンスターが存在する場合に発動できる通常魔法です。

デッキから通常モンスター5体を選び、その中から1枚を手札に加え残りは除外するという効果になります。

テキストを読むと分かりますが、このカードを使うためには一定数以上の通常モンスターをデッキに採用していることが最低条件です。

発動条件を満たすためにトークンを使わなかった場合、このカードを使うだけでも6体の通常モンスターが必要になります。

しかし通常モンスターを多数採用している場合、このカードはデッキの圧縮とサーチを同時に行えるカードになるのです。

カード1枚でデッキを5枚圧縮でき、手札に加える通常モンスターは自分が選べるため実質好きな通常モンスターをサーチ出来ます。

ついでに言えばカード名ターン1制限が無いため、このカードが複数枚手札に来た場合も連続して発動することも出来ます。

「魂の開封」の使い道を考察・考案

それでは早速「魂の開封」の使い道を考えていきたいと思います。

前述しましたがこのカードの運用には通常モンスターを一定数以上採用していることが前提となり、5枚のデッキ圧縮、好きな通常モンスターをサーチできること、選んだモンスター以外は除外されることの三つの点に注目していきたいと思います。

5枚のデッキ圧縮が出来るカードがかなり珍しく、サーチすることが困難なカードをドローしやすくすることが出来ます。

極端な話で言えばこのカードを3枚使った場合はデッキから15のカードがなくなるため、40のデッキであれば初期手札5枚も合わせると残り枚数は半分以下になるため欲しいカードを引く確率も倍以上になるということです。

封印されしエクゾディア

スポンサーリンク

デッキの圧縮と通常モンスターをサーチできるという点は、通常モンスターを多く採用した「エグゾディア」デッキでの運用に役立ちます。

デッキを圧縮できるので「エグゾディア」パーツを引く確率を上げつつも好きな通常モンスターをサーチできるので「封印されしエグゾディア」以外の「エグゾディア」パーツを1枚サーチできます。

また「エグゾディア」パーツが制限カードなため「苦渋の決断」を入れられなかった事実も含めると魔法カードで確実にサーチできるのは大きいように思います。

イグナイト・ウージー

デッキ圧縮&通常モンスターサーチと「エグゾディア」との組み合わせはかなり良いので、他にもただの通常モンスターではなくペンデュラムモンスターでもありつつ回転力の高い「メタルフォーゼ」「イグナイト」と併せることで更に「エグゾディア」パーツを揃える可能性を上げることも出来ます。

選んだモンスター以外は除外されるということは、通常モンスター4体がデッキから除外されることになります。よって除外がアドバンテージになるカードとの相性は良いです。

ライトレイ マドール

例えば除外するのを光属性に搾れば、このカード1枚で「ライトレイ・ソーサラー」「ライトレイ・マドール」の召喚条件が満たされることになります。

紅蓮魔獣 ダ・イーザ

他にも除外された枚数によって攻撃力等を挙げられる「紅蓮魔獣ダ・イーザ」を採用した「マクロコスモス」等も併用した除外デッキ。

除外するのを恐竜族に搾れば「魂の開封」1枚で攻撃力4000になる「ディノインフェニティ」との相性は良いです。

おジャマパーティ

除外からの展開する場合は、複数枚積みすることで簡単に発動条件を満たせる「おジャマパーティ」の効果を使って除外しておいた「おジャマ」モンスター(レッドとブルー以外は通常モンスターなため兼ね合いも良い)を可能な限り特殊召喚出来ます。

スクランブル・ユニオン

それ以外にも除外するモンスターを光属性・機械族に限定すれば「サイバー・ネットワーク」「スクランブル・ユニオン」によって大量展開することも可能です。特に「スクランブル・ユニオン」は墓地で発動する効果も使えばターンはかかるものの除外したモンスター全てをフィールド・手札に戻すことが出来ます。

まとめ

「魂の開封」の運用を色々考察してみましたが、通常モンスターを多数枚採用するという点から「レスキューラビット」との相性も良いかなと思います。

モチーフにしたと思われる「魂の解放」が墓地からの除外に対し、こちらはデッキから除外ですので運用はまるで違うものになっています。

どうしてもスポットの当たりづらい通常モンスターですが、これから先に通常モンスターを多く使うテーマなどが出た際にはまず「魂の開封」との相性を考えることになりそうです。