遊戯王の新規罠カード「大捕り物」が便利!?汎用性や活躍しそうなデッキを考察します!

2019112日に発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームにて「大捕り物」が収録されます。

カードイラストでは「忍者義賊ゴエゴエ」が縄で捕らえられていますが、果たしてどのような性能なのか考えていきたいと思います。

「大捕り物」の考案と考察

永続罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

永続罠カードで、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象にして発動でき、そのモンスターのコントロールを奪う効果になります。

コントロール奪取したモンスターは攻撃も効果の発動もできず、そのモンスターがフィールドから離れた場合にこのカードを破壊します。

相手フィールドの表側表示のモンスターなら好きな1体のコントロール奪取が出来ます。

攻撃できず効果の発動も出来ませんが、そのモンスターが永続効果を持っている場合は無効にはなりません。

超雷龍-サンダー・ドラゴン

ですので墓地に送られるカードを除外するMHERO ダーク・ロウ」やサーチ効果を封じる「超雷龍-サンダー・ドラゴン」等の妨害効果を持つモンスターのコントロールを奪えば逆に妨害する側に回れます。

永続効果を使う以外の目的でコントロールを奪う場合はリリースや何かしらの召喚のための素材にしてしまうのが良いでしょう。

精神操作

同じくコントロールを奪うカードには「精神操作」がありますが、こちらはフリーチェーンの罠カードであるため相手の行動に応じて妨害策としてコントロール奪取も出来ます。

相手がコンボの起点にするリンクモンスターや、相手の出した切り札モンスターが効果の対象になる場合など、相手の行動を見てコントロール奪取するかどうかを選べるため使い勝手はかなり良いです。

コントロール奪取したモンスターがフィールドを離れた場合にこのカードは破壊されますが、例外はあります。

というのもエクシーズモンスターの素材になった場合はフィールドから離れたという扱いにはならないからです。

これは「ゾンビキャリア」等にも総じて言えることなので、フィールドから離れた場合にという制約があってもエクシーズ素材になった場合は例外になることを覚えておくと良いでしょう。

霞の谷のファルコン

スポンサーリンク

「リビングデッドの呼び声」のようにフィールドに残っても邪魔じゃないかと思うかもしれませんが、フィールドに残すことで「霞の谷のファルコン」等を使って1度手札に戻すことで再び利用できる点がメリットになります。

「大捕り物」が活躍しそうなデッキはある?

宇宙砦ゴルガー

「エーリアン」デッキ

「エーリアン」モンスターや関連カードを使ってAカウンターを乗せ、それを利用してデュエルを有利に運ぶデッキです。

コントロール奪取系カードは既に存在しますが、Aカウンターが必要な等と比べると「大捕り物」の方が使い勝手が良い場合もあります。

このデッキとの一番相性の良い点は「宇宙砦ゴルガー」がいるということです。フィールドの魔法・罠カードを任意の枚数バウンスすることが出来る「宇宙砦ゴルガー」を使うことで、エクシーズ召喚に繋げたことでフィールドに残した「大捕り物」を手札に戻すことが出来ます。

「宇宙砦ゴルガー」を主軸にした場合は他にも「リビングデッドの呼び声」等も採用候補になりますが、エクシーズ召喚に繋げればいけないという制約はあるもののコントロール奪取を何度も使えればかなり強いです。

その場合は「宇宙砦ゴルガー」以外にリンク先を確保するか、「宇宙砦ゴルガー」自体を蘇生してメインモンスターゾーンに出しておきましょう。

 

グレイドル・イーグル

「グレイドル」デッキ

破壊された時に相手モンスターに装備することでコントロールを奪う効果を持つ「グレイドル」モンスターを駆使し、コントロール奪取を主軸に置いたデッキです。

もとよりコントロール奪取が得意なテーマデッキでもありますが、このデッキの弱点の一つはモンスター効果の対象にならない、もしくはモンスター効果を受けないモンスターを相手が出してきた場合には魔法・罠カードによる除去を狙わなくてはいけないことです。

その点「大捕り物」なら罠カードでコントロール奪取が出来るので、デッキコンセプトとも噛み合います。

コントロールを奪った相手のモンスターは後腐れなくシンクロ素材にするなりして処理しても構いません。

「大捕り物」は汎用性が高そう?

単純にコントロール奪取が出来る罠カードなため、大抵のデッキに採用しても問題が無く汎用性はかなり高いと言えるかと思います。

罠カードなため発動は遅れるものの、便利な相手の妨害カードとしても機能するので使い方や発動タイミングによっては相手に決定的なコンボ崩壊などを起こせます。

カードのイラストや効果からノーマルレアにも見えるこのカードですが、カードナンバーは78番であるため恐らくノーマルレアではないでしょう。

理由としては、最近のノーマルレアの傾向としてモンスターではエクストラデッキ採用カード直前の番号の2種類、魔法・罠カードではそれぞれの最後の番号にあたるカードだからです。