新たなランク3「No.」エクシーズモンスター!「No.26 次元孔路オクトバイパス」の考察と考案、相性の良いカードを紹介して性能を評価!




2019518日に発売予定のコレクションパック-革命の決闘者編-にはNo.エクシーズモンスターが収録されます。

今回はそんな新規No.エクシーズモンスターの内の1体であるNo.26 次元孔路オクトバイパス」について考えていきます。

「No.26 次元孔路オクトバイパス」の考察と考案!

ランク3の光属性・サイキック族エクシーズモンスターで、攻撃力は800守備力は2400です。

召喚条件はレベル3モンスター2体になります。

効果は2つ持っており、1つ目の効果はカード名ターン1自分・相手のバトルフェイズ開始時にエクシーズ素材を1つ取り除いて発動でき、このバトルフェイズ中はモンスター1体しか攻撃できずそのモンスターの攻撃は直接攻撃になります。

2つ目の効果はモンスターが直接攻撃で戦闘ダメージを与えたダメージステップ終了時に発動する強制効果で、その攻撃したモンスターのコントロールをターンプレイヤーから見て相手に移します。

スポンサーリンク

素材に指定が特にないので汎用ランク3エクシーズモンスターと言えます。

1の効果はお互いのバトルフェイズ開始時に発動でき、攻撃できるモンスターを1体にし尚且つその攻撃を直接攻撃にするというものです。

自分のターンに使えば攻撃モンスターは1体になるものの、相手フィールドのモンスターに関係なく直接攻撃が出来るようになるので相手への大ダメージを狙うことも出来ます。

相手ターンに使えば相手がモンスターを大量展開をしても攻撃できるモンスターは1体ですので戦闘ダメージの軽減が狙えますし、それに加えて直接攻撃になるため自分のモンスターを戦闘から守ることが出来ます。

2の効果は直接攻撃で戦闘ダメージを与えたモンスターのコントロールはターンプレイヤーから見て相手に移るというものです。

1の効果を使うことによって直接攻撃可能な状態を作れるため、1の効果で直接攻撃したモンスターのコントロールは相手に移ることになります。

その攻撃で相手のライフを0に出来ない場合、デメリット効果やお互いに影響する妨害効果を持つモンスターを送り付けることも出来ます。

それは相手にも言えることなので、こちらのライフを削り切れない状態で1の効果を使えば相手は攻撃を躊躇せざるを得なくなります。

スポンサーリンク

「No.26 次元孔路オクトバイパス」と相性の良いカードは?

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム」

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム

ランク3エクシーズモンスターで、自分のスタンバイフェイズにエクシーズ素材を取り除くか2000ダメージを受ける効果、エクシーズ素材がない場合攻撃できない効果、自身が存在する限り自分はモンスターを特殊召喚できないという永続効果を持ちます。

No.26 次元孔路オクトバイパス」と同じランク3なので、ランク3エクシーズモンスタ-を出しやすいデッキでは無理なく採用出来るアタッカーです。

このカードの一番の懸念はそのデメリット効果ですが、No.26 次元孔路オクトバイパス」の効果を使えば相手に送り付けることが可能です。

エクシーズモンスターを2体並べる必要があるため、リンクモンスターの使用もしくはすでにNo.30 破滅のアシッド・ゴーレム」を正規の方法でエクシーズ召喚しておき、「エクシーズ・リボーン」を使って蘇生して使うといった方法が挙げられます。

一度送り付けてしまえば、相手はモンスターを特殊召喚できなくなるためNo.30 破滅のアシッド・ゴーレム」の処理に困ります。

それに加えて素材が無くなれば2000ダメージも与えられるので有利になれます。

スポンサーリンク

「リミッター解除」

リミッター解除

自分フィールドの全ての機械族モンスターのターン終了時まで倍にし、この効果が適用されたモンスターはエンドフェイズに破壊されるという効果の速攻魔法カードです。

No.26 次元孔路オクトバイパス」1の効果で直接攻撃するモンスターが機械族であればこのカードを使って攻撃力を倍増させて大ダメージを狙えます。

その攻撃で相手のライフを0に出来なかった場合でも「リミッター解除」の自壊効果でエンドフェイズには破壊されるため強力なモンスターを相手に与えずに済みます。

攻撃力の高い通常モンスターを採用しているデッキであれば「思い出のブランコ」も似た使い方が出来まず。

スポンサーリンク

「ハーフ・シャット」

ハーフ・シャット

フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動でき、そのモンスターはターン終了時まで攻撃力が半分になり戦闘では破壊されなくなる速攻魔法カードです。

自分のライフポイントが一定以下の場合にNo.26 次元孔路オクトバイパス」を出した場合、1の効果で直接攻撃にさせることも踏まえると相手は自分のライフ以上の攻撃力を持つモンスターで攻撃してこようとするでしょう。

そんな時にこのカードを使えば攻撃から耐えられる上にNo.26 次元孔路オクトバイパス」2の効果でコントロールを奪えます。

攻撃力半減もターン終了時までなので自分のターンになればコントロールを奪取したモンスターで攻勢に出ることも出来るでしょう。

相手がカード効果の対象にならないモンスターを使ってくる場合は「逆さ眼鏡」の方が良いですが、速効性や腐りにくさ等で「ハーフ・シャット」とは差があるので使い分けると良いでしょう。

スポンサーリンク

「No.26 次元孔路オクトバイパス」の評価は?

このカード単体では出来ることは限られてしまいますが、今回紹介したような相性の良いカードと組み合わせることで相手が不利な状況を作ったり大ダメージを狙ったり、はたまた形勢逆転を狙ったりすることも可能です。

自身だけではやや頼りないものの組み合わせるカード次第では様々な使い方が出来るユニークな性能、というのが評価になります。

他のカードと組み合わせるといった点では中々に面白い効果をしていますので、ランク3のエクシーズ召喚を狙えるデッキであれば採用を検討してみるのも良いかと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 革命の決闘者編 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする