新規リンクモンスター「おジャマ・エンペラー」が判明!「おジャマ」デッキの組み方や回し方を踏まえて強化されたか徹底考察!

20181222日・23日に開催されるジャンプフェスタ2019にて先行販売するプレミアムパック2019「おジャマ」テーマ初のリンクモンスターということで、「おジャマ・エンペラー」が収録されます。癖が強く運用が難しいとされる「おジャマ」デッキですが、今回の新たなリンクモンスターによって強化されたのか考えていきます。

「おジャマ」リンクモンスター、「おジャマ・エンペラー」の効果と考察

リンクは3で召喚条件は「おジャマ」モンスターを含むモンスター3体で、リンク先は左下と下と右下です。

おジャマ・カントリー(JF10)

フィールドゾーンに「おジャマ・カントリー」が存在する場合に攻撃力3000アップと効果破壊耐性を得る効果。

このカードへの攻撃で発生する戦闘ダメージは相手が代わりに受けるという効果。

墓地のリンクモンスター以外の「おジャマ」モンスターを蘇生し、この効果を発動したターンには融合モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚出来ないという制約が付く効果の計3つの効果を持ちます。

リンクが3でモンスター3体を条件付きで指定してきているため、他のリンクモンスターに比べて召喚難度はやや高いと言えます。

とはいえ「おジャマ」主軸のデッキなら「おジャマ」を含む獣族モンスター3体を並べること自体はそう難しくないので、大きな問題にはならないです。

トライワイトゾーン

「魔獣の懐柔」「トライワイトゾーン」、事前に「おジャマ」モンスターを除外していたなら「おジャマパーティ」を使っても大量展開が狙えるので、このカードの召喚条件は狙おうと思えば出せるというハードルになっています。

「おジャマ・カントリー」が攻守を入れ替える効果を持っているのに対して、「おジャマ・エンペラー」はリンクモンスター故に守備力を持たず、この1の効果を持っていると思われます。

攻撃力3000で効果破壊の耐性がある状態ならアタッカーとしても活躍を期待できますが、「おジャマ・カントリー」自体には耐性効果が無いため破壊されてしまうと攻撃力0に逆戻りになる点には気を付けましょう。

スポンサーリンク

2の効果があれば攻撃力は低い方が良いと思うかもしれませんが、戦闘ダメージを代わりに相手に受けさせる効果は強力なものの相手からの攻撃というなかなか満たせない条件が付いています。

「おジャマ・エンペラー」がいる状態で高攻撃力のモンスターを使って攻撃してくるとは思えませんし、戦闘破壊耐性があるわけでもないので低攻撃力のモンスターで攻撃されてしまえば低いダメージしか与えられません。

この効果をどうしても活かしたいのならば相手に攻撃を強制させて大ダメージを狙うか、低い攻撃力のモンスターで相手が攻撃したときにカウンターのタイミングで「メタバース」等を使って「おジャマ・カントリー」を発動することで1の効果で返り討ちにするという方法があります。

攻撃の強制には必要なカードも増えるので後者の方がはるかに現実的です。

3の効果は「おジャマ」モンスターの完全蘇生が出来ますので、正規の召喚をしているならば融合モンスターの「おジャマ」モンスターも特殊召喚出来ます。

その後の制約があるためリンク召喚などには繋げられない点には注意しましょう。

「おジャマ」デッキの組み方と回し方

「おジャマ」デッキにはロックやビートダウン等様々な種類が存在します。

おジャマ・カントリー(JF09)

その中で「おジャマ・エンペラー」を合わせるなら「おジャマ・カントリー」主軸のビートダウンデッキが有力候補になるかと思います。

メタバース

デッキの組み方ですが、「おジャマ・カントリー」を早く発動するために「メタバース」「テラ・フォーミング」を出来るだけ採用することになります。

攻守を入れ替えた「おジャマ」モンスターで戦闘を行う以上「おジャマ・カントリー」が一番の生命線になります。

フィールドバリア

そのため「フィールドバリア」等で守っていくと良いでしょう。

「神の宣告」などのカウンター系を入れても良いでしょう。

おジャマ・キング

また守備力の高い「おジャマ・キング」の融合召喚をしやすくすれば相手フィールドのモンスターゾーンを使用不能にすることも出来ます。

デッキの回し方は、極力早く「おジャマ・カントリー」を発動することで「おジャマ」モンスターが存在する限り攻守が入れ替わるため相手がビートダウンデッキの場合は流れを掴めます。

簡易融合

また「簡易融合」を使えば「おジャマ・ナイト」も比較的簡単に出せるため「おジャマ・エンペラー」のリンク素材を稼ぐのに使ったりしましょう。

「おジャマ・エンペラー」の登場で「おジャマ」は強化された?

「おジャマ・エンペラー」1の効果を活用したい場合は「おジャマ・カントリー」主軸のデッキを合わせると良いと書きましたが、攻守の入れ替えは守備力を持たないリンクモンスターには通じないため、相手が強力なリンクモンスターを採用している場合には相性が悪いと言えます。

それらを踏まえると、「おジャマ」デッキはリンク召喚という召喚方法を取り入れることは出来たもののデッキが強化されたかといえば微妙という他にないかと思います。