2019年10月から適用されるリミットレギュレーションが判明!その影響から環境で活躍しそうなテーマデッキを予想!




201910月から適用されるリミットレギュレーションの発表が公式からありました。

規制強化、規制緩和ともにラインナップを見て驚いた人もかなりいるのではないでしょうか。

そこで今回は新リミットレギュレーションの傾向や影響を受けたテーマデッキ等を紹介していきます。

10月に適用されるリミットレギュレーションの傾向を軽くおさらい

まずは規制強化と規制緩和に分けて一覧で挙げさせていただきます。

規制強化されたカード

「守護竜アガーペイン」無制限→禁止

「エクリプス・ワイバーン」無制限→禁止

「ソウル・チャージ」制限→禁止

「輝白竜 ワイバースター」無制限→制限

「鎖龍蛇-スカル・デット」無制限→制限

「ドラコネット」無制限→制限

「魔鍾洞」準制限→制限

規制緩和されたカード

「十二獣の会局」禁止→制限

「ドラゴニックD禁止→制限

EHERO シャドー・ミスト」制限→準制限

「レディ・デバッガー」制限→準制限

「捕食植物オフリス・スコーピオ」制限→準制限

「妨げられた壊獣の眠り」制限→準制限

SPYRAL RESORT制限→準制限

「名推理」制限→準制限

「竜呼相打つ」制限→準制限

「ワン・フォー・ワン」制限→準制限

ABC-ドラゴン・バスター」準制限→無制限

「ダーク・アームド・ドラゴン」準制限→無制限

TG ハイパー・ライブラリアン」準制限→無制限

「デビル・フランケン」準制限→無制限

「氷結界の龍 トリシューラ」準制限→無制限

「影霊衣の反魂術」準制限→無制限

「リミッター解除」準制限→無制限

「神の通告」準制限→無制限

以上を見ても分かるように今回の規制改定では規制緩和されたカードの方が多いです。

エクリプス・ワイバーン

とはいえ規制強化されたカードは無制限から制限や禁止になったカードが多く、規制強化自体は厳しく行われたと言えるでしょう。

規制強化の傾向としては環境でトップになっていたドラゴンリンクデッキ弱体化がかなり目立ちます。

守護竜アガーペイン

デッキの特徴からほとんどのカードをピン挿しで機能させることが出来るというのも強みだったドラゴンリンクデッキでしたが、「守護竜アガーペイン」「エクリプス・ワイバーン」が禁止カードになったため制圧力の低下やコンボパターンが限られます。

「輝白竜 ワイバースター」制限カード化の影響も小さくありません。

未界域のジャッカロープ

また「ソウル・チャージ」「鎖龍蛇-スカル・デット」の規制強化ですが、TCGでも行われた過去を持ち今現在のOCG化したカードでも実現が可能な「未界域」デッキを使った先攻ワンキルの抑止という意味合いが強いかと思います。

規制緩和の傾向としては、最近緩和傾向にあった過去環境で活躍したテーマデッキのキーカードが今回も緩和されただけでなく、汎用性や出張性能の高かったいくつかのカードが制限カードから準制限カードになりました。

E・HERO シャドー・ミスト

中でもEHERO シャドー・ミスト」「捕食植物オフリス・スコーピオ」「ワン・フォー・ワン」の規制緩和によって様々なデッキで出張セットの採用や汎用カードの複数枚積みといった選択肢になり得ました。

スポンサーリンク

10月のリミットレギュレーションで環境入りや強化が望めるデッキは?

「真竜」デッキ

ドラゴニックD

全盛期から規制された後でも環境では中堅として活躍しているテーマデッキでもあり、規制されていたカードも最近は緩和される傾向にあります。

特に今回の規制緩和カードである「ドラゴニックDは「真竜」モンスターの全体強化&アドバンス召喚した「真竜」モンスターに戦闘耐性の付与&手札・フィールドのカード1枚を破壊することで「真竜」カード1枚のサーチの3つが出来る非常に優秀なフィールド魔法カードです。

「ドラゴニックD規制緩和の意味は大きく、特に3つ目のサーチ効果は「真竜皇(凰)」採用型の「真竜」デッキにおいても朗報でありアドバンテージの獲得手段として貢献できます。

「十二獣」デッキ

十二獣の会局

環境で活躍しすぎた故に厳しく規制された地属性・獣戦士族で統一されたテーマデッキです。

テーマコンセプト自体が「十二獣」モンスター1体の上に重ねて「十二獣」モンスターをエクシーズ召喚するというエクシーズ召喚の概念を覆した物であり、全盛期ではぶっ壊れと言われるほどの性能と他のテーマデッキへの出張性の高さを発揮していました。その結果がテーマのキーカード3種類が禁止カード化、3枚積み必須カードの制限カード化となったわけです。

今回の規制緩和で禁止カードであった「十二獣の会局」が制限カードになり、出張させることは難しいですがテーマとしては強化されたことになります。

「十二獣」のリクルート手段として非常に使いやすい「十二獣の会局」の規制緩和は朗報であり、「真竜」「影霊衣」のように今後少しずつ規制が緩和される可能性も出てきました。

「HERO」デッキ

E・HERO シャドー・ミスト

最近では「V・HEROファリス」「E-HEROアダスターゴールド」の登場で強化されていた「HERO」デッキですが、今回「E・HEROシャドーミスト」が準制限に緩和されたことで、デッキとしての安定感は増したと感じます。

1枚の緩和でも十分な強化であり、全盛期の力を取り戻す日も近いかもしれません。

まとめ

前述もしたように出張セットとして使われていたカードや汎用性の高いカードが規制緩和されたこともあり、多くのデッキが影響を受けることが予想されます。

規制強化については「オルターガイスト」「閃刀姫」関連カードの規制がなかったのは私個人としても予想外でした。

ドラゴンリンクデッキの弱体化は残念ですが、「未界域」の今後の活躍や928日に発売予定のストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク-に収録される新規カードの性能がかなり高いこともあり、新リミットレギュレーション適用以降の環境への影響がどのようなものになるのかも注目どころです。

こちらでは10月のリミットレギュレーションの感想と今後について別途考察しております!

本日2019年9月16日に10月適用になるリミットレギュレーション「禁止制限」が発表されました。 10月に適用になるリミットレ...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -ウォリアーズ・ストライク-

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする