「星雲龍ネビュラ」の効果の考察や相性の良いカードを考案して性能を評価!




2019713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに「星雲龍ネビュラ」が収録されます。

効果や番号から察するにミザエル強化カードの内の1枚である「星雲龍ネビュラ」について今回は考えていきます。

「星雲龍ネビュラ」の考察と考案

レベル8光属性・ドラゴン族モンスターであり、攻撃力は2000守備力は0になっています。

1つ目の効果は手札のこのカードと手札のドラゴン族・レベル8モンスター1体を相手に見せて発動でき、2体を守備表示で特殊召喚する効果。

この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、この効果の発動後、自分は光・闇属性のドラゴン族モンスターしか召喚・特殊召喚できなくなる制約があります。

2つ目の効果は墓地の自身を除外することで、自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル4モンスター1体を手札に加える効果です。

ドラゴン族ということでサポートカードは豊富にあります。攻撃力は2000ありますが、効果を考えると打点として使うことは基本的にないかと思われます。

1の効果は自身と手札のドラゴン族・レベル8モンスターを特殊召喚する効果で、召喚権を使わずにドラゴン族・レベル8モンスター2体を並べることが出来ます。

自己特殊召喚効果を持たなかったり持っていても自己特殊召喚効果の発動条件を満たせていないモンスター等は手札で事故になりやすいため、この効果を使えば自身と一緒に展開できます。

展開したモンスターはランク8のエクシーズなりリンク召喚なりに使うことが出来ます。

制約はあるものの光・闇属性のドラゴン族はバリエーションが非常に豊富なのでドラゴン族を主軸としているならそこまで気になる物でもありません。

2の効果は墓地の自身を除外して光・闇属性のドラゴン族・レベル4モンスターをサルベージする効果であり、属性・種族・レベルと指定はありますが該当するモンスターは多く、汎用で使える

「鉄騎龍ティアマトン」や手札次第では「ゲートウェイ・ドラゴン」も視野に入ります。。

デュエル中盤以降や初手の展開次第では1の効果で召喚権を使わずに展開できることも含めて更なる展開を狙えます。

同時収録される「輝光竜セイファート」とは2の効果で互いをサルベージ可能という共通点があります。

スポンサーリンク

「星雲龍ネビュラ」と相性の良いカードは?

「巨神竜フェルグラント」

巨神竜フェルグラント

墓地からの特殊召喚成功時に相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として除外し、除外したモンスターのレベルレベルまたはランク×100自身の攻守を上げる効果。

自身が戦闘でモンスターを破壊した場合自分または相手の墓地のレベル78のドラゴン族モンスター1体を自分フィールドに蘇生する効果を持っています。

「星雲龍ネビュラ」1の効果で一緒に特殊召喚しておけば、エクシーズやリンク素材として墓地に送っておくことが出来ます。

その後のデュエルで墓地に送っておいたこのカードを蘇生することによって性能を発揮させることが可能です。

「星雲龍ネビュラ」の効果を使う都合上レベル8のドラゴン族モンスターを複数体採用していることが考えられますので、「復活の福音」等の高レベルドラゴン族サポートカードの採用も積極的にできる点がシナジーもあります。

「防覇龍ヘリオスフィア」

防覇龍ヘリオスフィア

相手の手札が4枚以下で自分フィールドのモンスターがこのカードのみの場合に相手は攻撃宣言できなくなる効果。

1ターンに1度自分フィールドにドラゴン族・レベル8モンスターが存在する場合に自身のレベルをエンドフェイズまで8にする効果を持っています。

相手の手札次第では攻撃抑制として使える上に「限界竜シュヴァルツシルト」等特殊召喚しやすいドラゴン族・レベル8モンスターと並べてランク8エクシーズに繋げられるので使いやすい下級モンスターです。

「星雲龍ネビュラ」1の効果を使ったターン中に2の効果で「防覇龍ヘリオスフィア」をサルベージして更にリンクやエクシーズを狙うのは難易度がやや高いです。

しかし「星雲龍ネビュラ」1の効果で特殊召喚したモンスターとリンクやエクシーズ召喚し、そのモンスターを「防覇龍ヘリオスフィア」の効果で相手の攻撃から守るといった運用も可能です。

「星雲龍ネビュラ」の評価は?

手札にあるドラゴン族・レベル8モンスターを自身と共に特殊召喚できるため事故率の軽減をしつつ展開したモンスターを使って攻勢に出られる上に、墓地の効果もあるためレベル8・ドラゴン族モンスターを複数体採用しているデッキでは積極的に採用したい優秀なカードです。

その反面「星雲龍ネビュラ」1の効果から繋げるモンスターとしては、初手に出して相手の魔法カードを防げるNo.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」、

一時的に相手モンスター1体のコントロールを奪取して大ダメージを狙える「銀河眼の光波竜」

相手の強力なドラゴン族モンスターのコントロールを永続的に奪えるNo.46 神影龍ドラッグルーオン」等が有力候補になります。

現状では「タキオン・トランスミグレイション」が手札にある場合でもない限りNo.107 銀河眼の時空竜」を優先的に出すことは少ないため、ミザエル強化としてはいまいちと言わざるを得ません。

No.107 銀河眼の時空竜」専用のサポートカードが他にもあるならNo.107 銀河眼の時空竜」を出すメリットはあるでしょう。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする