Mega-Tin2018から新規コンタクト融合、E・HEROネビュラネオスと新規シンクロモンスタージャンクスピーダーが登場!!気になる強さは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年8月11日に発売するMega-Tin2018から新規コンタクト融合であるE・HEROネビュラネオスと新規シンクロモンスタージャンクスピーダーが収録されることになりました!

コンタクト融合といえばGXの十代

ジャンクモンスターといえば5Dsの遊星

どちらも人気のアニメキャラの新規カードですが、どちらも強力な効果を持っております!

当サイトでも早速収録内容と新規カードの効果を見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

Mega-Tin2018十代缶の収録は?

・Elemental HERO Nebula Neos(E・HEROネビュラ・ネオス)

・E・HEROソリッドマン

・竜魔導の守護者

・沼地のドロゴン

・アルカナ・エクストラジョーカー

ウルトラ仕様のトークンカード1枚
Mega-Pack(16枚入り×3)

となっております!

GXのテーマの如く融合関連のカードが多い印象ですね!

再録である特典カードも嬉しい収録となっております!

特に E・HEROソリッドマン竜魔導の守護者は集めるのに地味にお金がかかるので、再録が嬉しい方も多いのではないでしょうか?(私は嬉しい)

Mega-Tin遊星缶の収録は?

・Junk Speeder(ジャンク・スピーダー)

・ジャンク・コレクター

・スターダスト・アサルト・ウォリアー

・武力の軍奏

・ジャンク・コネクター

となっております!

十代が融合なら遊星はやっぱりシンクロですね!

特にスターダスト・アサルト・ウォリアーは今回の新規であるジャンク・スピーダーと相性が良いのは嬉しいですね!

次は新規カードについて見ていきたいと思います!

E・HERO ネビュラ・ネオス(Elemental HERO Nebula Neos)


融合・効果モンスター
星9/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+ 「N・グラン・モール」+「N・ブラック・パンサー」
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがEXデッキから特殊召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのカードの数だけ自分はドローし、フィールドのカード1枚を選び、そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
②:1ターンに1度、エンドフェイズに発動する。このカードをEXデッキに戻す。その後、フィールドのカードを全て裏側表示で除外する。

ネオスから新たにコンタクト融合が登場しましたね!

融合素材はE・HEROネオスN・グランモールN・ブラック・パンサーでコンタクト融合することができます!

融合自体はミラクルコンタクトコンバートコンタクトで素材を墓地におとせるので、そこまで融合召喚が難しくはないかと思います!

エクストラデッキからの特殊召喚に成功した際は相手フィールドの数だけドローできると言う驚異的ドロー能力を持っております!

やや相手依存にはなりますが相手が大量にフィールドにカードを展開して入れば、こちらは大量のドローを狙う事も可能です!

その後フィールドのカードを1枚選んで、効果を無効にできる点も優秀ですね!

この効果は融合素材であるN・ブラック・パンサーを意識したものだと思われます!

(2)の効果はコンタクト融合特有のエンドフェイズ時にエクストラデッキに戻るものですが、エクストラデッキに戻る際にフィールドのカードを全て裏側で除外するという驚異的な除去能力を持っております!

裏向きで除外という点が非常に強力で、再利用させない点は分かりやすいかつ強力ですね!

フィールドのカードを巻き込むカードといえばE・HEROマグマ・ネオスが存在しますが、そちらよりも強力な効果となっているのが特徴です!

スポンサーリンク

相手の場に強力なモンスターが多い時でもこのカードをエクストラデッキから特殊召喚できれば、驚異的なリセットを行うことができます!

ただしリセットを行う難点としては、エンドフェイズ時なので、自分の場もガラ空きになってしまう点は注意が必要です!

ジャンク・スピーダー(Junk Speeder)


シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻1800/守1300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか発動できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベルの異なる「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:S召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

遊星の使うジャンクモンスターに新たな仲間が登場しました!

シンクロ召喚に成功した時に、デッキからレベルの異なるシンクロンチューナーを可能な限り特殊召喚できると言う、驚異的な展開能力を持っております!

ジャンクシンクロンをデッキから特殊召喚すれば、ジャンクスピーダーとシンクロしクリスタルウイングシンクロドラゴンを出す事も可能です!

またシンクロンであるジェットシンクロンを特殊召喚できるのはありがたいですね!

ジャンクスピーダーレベル5なのでジャンクシンクロンで簡単に呼び出せるのは嬉しいですね!

シンクロンチューナーはレベルにばらつきがあるので、大量展開には基本困りそうにないですね!

ジャンクシンクロン1枚で召喚でき、シンクロンチューナーモンスターを展開できる事から、1枚で色々なレベルにアクセスできる便利な効果ですが、デメリットとしてこの効果を使用したターンはシンクロ召喚でしかエクストラデッキから特殊召喚できなくなります!

つまり大量展開して連続リンク召喚!!

と言う動きができないようにバランス調整されております!(そりゃそうだ)

シンクロモンスターを並べたい場合はあらかじめ、リンクモンスターを出しておいてこのカードをシンクロ召喚する形をとるといいでしょう!

(2)の効果はシンクロ召喚に成功したこのカードが戦闘を行う攻撃宣言時に攻撃力が倍になる点は、単純に強力で3600で攻撃できるので、青眼の白龍ラインを軽々超える事ができます!

殴り返しには弱いものの、シンクロが用意な上、3600で殴れるのは非常に強力なモンスターで、ジェットシンクロンの採用率の高さから今後色々なデッキで見かけるのではないかと思う1枚です!

まとめ

今回は海外で発売されるMega-Tin2018で先行登場するE・HEROネビュラネオスジャンク・スピーダーの紹介でした!

E・HEROネビュラネオスは強力なドロー効果を持ちながら、再利用を許さない、全てのカードを裏向きで除外と驚異的なリセット効果を持っており、久々にコンタクト融合デッキを組み直したくなりました!

E・HEROネビュラネオス軸コンタクト融合デッキを組んでも十分に強いと思います!

ジャンク・スピーダーは遊星の様に仲間のシンクロンチューナーを大量に展開できたりとジャンクシンクロン1枚で色々なレベルにシンクロできるのは単純に強いと感じました!

シンクロ素材の指定がない点では非常に使いやすく優秀で、ジェットシンクロンの採用率の高さから今後色々なデッキに使われてもおかしくないですね!

流石にリンク召喚が行えないのは痛手ですが、まぁそこはしょうがないでしょう!

こちらの製品は現在Amazonでご予約が可能なので、今回気になった方は是非手にとって見るといいかも知れませんね!

またコチラのサイトでは今回紹介したE・HEROネビュラネオスを使った新規ネオスデッキの紹介も行っております!↓

海外で発売するMega-Tin2018の十代缶で登場する新たなる新規ネオスのコンタクト融合である、E・HEROネビュ...

ネオスファン必見です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする