デッキビルドパック ミスティック・ファイターズ収録リスト!「王」(ジェネレイド)各種族の出張性も高い!!




8月3日発売のデッキビルド・パック ミスティック・ファイターズから3テーマの収録が決定しました。

今回収録テーマは「斬機」・「ドラゴンメイド」・「王」(ジェネレイド)の3テーマです。

収録カードは情報が公開され次第、随時更新して行きたいと思います。

「デッキビルド・パック」収録カードリスト

今回収録される新規テーマは「斬機」・「ドラゴンメイド」・「王」(ジェネレイド)の3テーマです。

テーマ別にカードを紹介していきます。

「斬機」テーマ

斬機ザンキアディオン

効果モンスター

星4/炎属性/サイバース族/攻1000/守1000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで1000アップする。

この効果で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

サイバースレベル4テーマで構成されているのが特徴です。

手札から表側表示のモンスターを選択しこのカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで1000あげることが出来ます。

デメリットとしてこの効果を使うとこのカードは攻撃できず、サイバース族しかエクストラデッキから特殊召喚出来なくなります。

特殊召喚後はエクストラデッキのサイバース族に繋いでいく動きが「斬機」の特徴となります。

斬機サブトラ

効果モンスター

星4/炎属性/サイバース族/攻1000/守1000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで1000ダウンする。

この効果で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

こちらも特殊召喚効果を持ち、対象モンスターの攻撃力を1000ダウンさせることが出来ます。

攻撃力をダウンさせた後にエクストラデッキのサイバース族で攻撃すると良いでしょう。

斬機シグマ

チューナー・効果モンスター

星4/光属性/サイバース族/攻1000/守1500

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札・墓地に存在し、

EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合に発動できる。

このカードを特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

(2):自分フィールドのこのカードを「斬機」SモンスターのS素材とする場合、

このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。

墓地からも特殊召喚出来る「斬機」チューナーモンスターであり、2つ目の効果で非チューナーとして扱えるのでシンクロ召喚がしやすい特徴があります。

斬機 ディヴィジョン

効果モンスター

星4/地属性/サイバース族/攻1500/守1000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。

手札及び自分の墓地からそれぞれ1体まで、サイバース族・レベル4モンスターを選んで特殊召喚する。

(2):このカードが墓地へ送られた場合、

フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで半分になる。

エクストラモンスターゾーンこ自分のサイバース族をリリースする事で、手札と墓地から1体ずつサイバース・レベル4モンスターを特殊召喚出来ます。

この効果を使う事で自身含め、リンク3サイバース族モンスターをリンク召喚したり、別のシンクロ・エクシーズモンスターに繋げることが出来ます。

また2つ目の効果は墓地に送れば効果が発動出来るので、「おろかな埋葬」で直接墓地に送るのも良いでしょう。

斬機ナブラ

チューナー・効果モンスター

星4/闇属性/サイバース族/攻1000/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。

デッキから「斬機」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードが墓地へ送られた場合、

EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。

このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

自分フィールドのサイバース族をリリースする事でデッキから「斬機」を特殊召喚出来ます。

自身をリリースして、デッキから好きな「斬機」を出しつつ、2つ目の効果でエクストラモンスターゾーンのサイバース族に効果を付与する動きも良いでしょう。

斬機マルチプライヤー

効果モンスター

星4/地属性/サイバース族/攻 500/守2000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのサイバース族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターのレベルをターン終了時まで8にする。

(2):このカードが墓地へ送られた場合、

EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

1つ目の効果でレベル8に変更する事で、後に解説する「炎斬機ファイナルシグマ」をシンクロ召喚する事が出来ます。

また素材に使ったこのカードの効果で「炎斬機ファイナルシグマ」指定する事で攻撃力6000の「炎斬機ファイナルシグマ」を作れます。

炎斬機ファイナルシグマ

シンクロ・効果モンスター

星12/炎属性/サイバース族/攻3000/守   0

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードはEXモンスターゾーンに存在する限り、

「斬機」カード以外のカードの効果を受けない。

(2):EXモンスターゾーンのこのカードが相手モンスターとの戦闘で相手に与えるダメージは倍になる。

(3):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

デッキから「斬機」カード1枚を手札に加える。

レベル12の「斬機」シンクロモンスターで、先程解説した「斬機マルチプライヤー」の効果又はレベル4チューナー+レベル4モンスター×2などでこのカードをシンクロ召喚する形になります。

「斬機」の攻撃力増減効果を駆使すれば2つ目の効果で相手に大ダメージを与える事が出来ますり

また破壊されても後続をサーチできる点も優秀です。

炎斬機マグマ

シンクロ・チューナー・効果モンスター

星8/炎属性/サイバース族/攻2500/守   0

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊した時、

相手フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。

デッキから「斬機」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

レベル8「斬機」シンクロモンスターで1つ目の効果は戦闘でモンスターを破壊した時に相手フィールドのカード2枚まで破壊する効果を持ちます。

自身の攻撃力がそこまで高いわけで無いので、「斬機」モンスターの攻撃力の増減効果と併用すると良いでしょう。

2つ目の効果は「炎斬機ファイナルシグマ」と共通の効果となります。

塊斬機ラプラシアン

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/サイバース族/攻2000/守   0

レベル4モンスター×3

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがX召喚に成功した場合、このカードのX素材を3つまで取り除き、

その数だけ以下の効果から選択して発動できる。

  • 相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
  • 相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
  • 相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。

(2):自分フィールドの「斬機」カードが効果で破壊される場合、

代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

「斬機」エクシーズモンスターでエクシーズ召喚に成功した場合にエクシーズ素材を取り除いた分だけ効果を適用する事が出来ます。

いずれも墓地に送る効果なので、破壊耐性をすり抜ける事が出来ます。

2つ目の効果を使いたい場合は、エクシーズ素材を温存しておくと良いでしょう。

機方程式ホウテイシキ

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分の墓地の「斬機」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

墓地の「斬機」モンスターを特殊召喚しつつ攻撃力を1000上げる事が出来ます。

メインモンスターゾーンの蘇生になる為、「炎斬機ファイナルシグマ」の1つ目の効果は適用出来ないものの、戦闘で効果を発動する「斬機」シンクロモンスターとは相性が良いです。

斬機刀

装備魔法

サイバース族モンスターにのみ装備可能。

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、

デッキから「斬機」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。

装備モンスターの攻撃力はターン終了時まで、

墓地へ送ったモンスターの攻撃力分アップする。

(2):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、

「斬機刀ナユタ」以外の自分の墓地の「斬機」カード1枚を対象として発動できる。

そのカードを手札に加える。

「斬機」をデッキから墓地に送れる装備魔法で、攻撃がアップする効果と「斬機 ディヴィジョン」を墓地に送れば、大抵のモンスターは戦闘破壊する事が出来るようになります。

また墓地に送られても、サルベージ効果があるので後続に繋げる事が出来ます。

「斬機」デッキでは非常に優秀な装備魔法です。

斬機超階乗

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分の墓地の「斬機」モンスターを3体まで対象とし、

以下の効果から1つを選択して発動できる(同名カードは1枚まで)。

  • そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、

そのモンスターのみを素材として「斬機」Sモンスター1体をS召喚する。

その時のS素材モンスターは墓地へは行かず持ち主のデッキに戻る。

  • そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、

そのモンスターのみを素材として「斬機」Xモンスター1体をX召喚する。

墓地の「斬機」モンスターを3体まで特殊召喚できる効果をもっており、特殊召喚した「斬機」モンスターでシンクロ召喚するか、エクシーズ召喚するかを選びます。

罠カード故に発動タイミングは遅いものの、相手ターンで発動できるので、使い方によっては奇襲性の高い蘇生カードとなります。

斬機帰納法

永続罠

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力は500アップする。

(2):自分フィールドに「斬機」モンスターが存在する場合、

魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、

相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

永続罠カードであり、1つ目の効果が、自分フィールドのサイバース族の攻撃力が500アップする効果。

2つ目の効果が、このカードを墓地に送り、相手フィールドのカードを破壊する効果を持ちます。

永続罠故に「サイクロン」などで破壊されてしまうと効果が発動出来なくなる点で注意が必要です。

ただ単にフリーチェーンで効果を発動するのであればコストはいるものの「サンダーブレイク」などが使い勝手で勝ります。

「ドラゴンメイド」テーマ

「ドラゴンメイド・ハスキー」

テキスト詳細不明

「ドラゴンメイドのお心づくし」

テキスト詳細不明

「王」(ジェネレイド)テーマ

光の王 マルデル

星9 光属性
植物族 ATK/2400 DEF/2400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「光の王 マルデル」は自分フィールドの1体しか表側表示で存在できない。

②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

「王」の共通効果は同名カードは1枚しか表側表示で存在出来ない点とレベルが9で統一されている点です。

このカードの効果は、「ジェネレイド」カードか植物族をサーチできる効果です。

「ジェネレイド」は、同じ属性をサーチ出来るので、出張させることも出来ます。

スポンサーリンク

剣の王 フローディ

星9 風属性

戦士族 ATK/2500 DEF/2000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「剣の王 フローディ」は自分フィールドの1体しか表側表示で存在できない。

②:自分フィールドの、「ジェネレイド」モンスターまたは戦士族モンスターを任意の数だけリリースし、その数だけフィールドのモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、破壊された相手フィールドのモンスターの数だけ相手はデッキからドローする。この効果は相手ターンでも発動できる。

「ジェネレイド」か戦士族モンスターをリリースすることで、リリースした数、フィールドのモンスターを破壊し、破壊された相手モンスターの数だけ、ドロー出来ます。

この効果は相手ターンでも使えるので、相手の動きを牽制することが出来ます。

鉄の王 ドヴェルグス

星9 地属性

機械族 ATK/1500 DEF/2500

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「鉄の王 ドヴェルグス」は自分フィールドの1体しか表側表示で存在できない。

②:自分フィールドの、「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。リリースした数だけ、リリースしたモンスターとはカード名が異なる、「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを手札から守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。この効果は相手ターンでも発動できる。

「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを任意の数だけリリースことで、リリースした数だけ、リリースしたモンスターとはカード名が異なる、「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを手札から守備表示で特殊召喚することが出来ます。

レベル9モンスター機械族と言えば、「無限起動」と相性が良いです。

機械族・地属性なので、「緊急ダイヤ」とも相性が良いです。

炎の王 ナグルファー

星9 炎属性

獣戦士族 ATK/3100 DEF/200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「炎の王 ナグルファー」は自分フィールドの1体しか表側表示で存在できない。

②:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは獣戦士族モンスター1体を破壊できる。

2つ目の効果は自分フィールドのカードが破壊される時に、戦闘・効果で破壊される時に「ジェネレイド」か獣戦士族モンスター1体を破壊できます。

スポンサーリンク

氷の王 ニードヘッグ

星9 水属性

幻竜族 ATK/2100 DEF/2600

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「氷の王 ニードヘッグ」は自分フィールドの1体しか表側表示で存在できない。

②:相手がモンスターを特殊召喚する際に、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは幻竜族モンスター1体をリリースして相手の特殊召喚を無効にし、破壊出来ます。

幻竜族モンスターなので、幻竜族テーマに出張させることで、相手の戦術を妨害することが出来ます。

死の王 ヘル

星9 闇属性

アンデット族 ATK/800 DEF/2800

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「死の王 ヘル」は自分フィールドの1体しか表側表示で存在できない。

②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

アンデット族であり、闇属性なので、墓地に送る手段と蘇生手段が非常に豊富です。

出張しても、腐りにくいモンスターです。

「永の王 オルムガンド」

ランク9 地属性

爬虫類族・エクシーズ ATK/? DEF/?

レベル9モンスター×2体以上

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「永の王 オルムガンド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

②:このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×1000になる。

③:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。お互いは、それぞれデッキから1枚ドローする。その後、ドローしたプレイヤーは自身の手札・フィールドのカード1枚を選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。

汎用ランク9モンスターであり、2つ目の効果は素材の数×1000になるので、エクシーズ召喚時、最低でも攻撃力は1000にはなります。

3つ目の効果で、2つエクシーズ素材を補給出来ます。

相手ターンでも、発動できるので、エクシーズ召喚時に攻撃力が2000→効果発動で、4000→相手ターンで効果発動で6000

と攻撃力を上昇させることが出来ます。

王の舞台(ジェネレイド・ステージ)

フィールド魔法

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

②:相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。このトークンはエンドフェイズに破壊される。

1つ目の効果は相手がデッキカードを加えた際に、デッキから「ジェネレイド」を守備表示で特殊召喚出来ます。

レベルが高く、事故率の高い「ジェネレイド」ですが、実質、相手のドローフェイズで、「ジェネレイド」を展開することが出来ます。

2つ目の効果は、相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる効果で、トークンを可能な限り、特殊召喚することが出来ます。

トークンはエンドフェイズ時に破壊されてしまうので、リンク素材などには使うことは出来ません。

トークンの使い道については、やや課題の残る効果です。

王の試練(ジェネレイド・クエスト)

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:手札の「ジェネレイド」モンスター1体を相手に見せ、デッキから「王の試練」以外の「ジェネレイド」魔法・罠カードを2枚まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。その後、見せたカードをデッキの一番下に戻す。

手札の「ジェネレイド」モンスター1体をコストに、「ジェネレイド」魔法・罠カードを2枚まで手札に加えることが出来ます。

キーカードである「王の舞台」をサーチでき、手札で事故を起こしてしまった「ジェネレイド」をコストにできるので、手札自体は増えないものの、優秀なサーチカードです。

王の報酬(ジェネレイド・リワード)

永続魔法

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドにトークンが存在する限り、相手は「ジェネレイド」効果モンスターを攻撃対象に選択できない。

②:「ジェネレイド」効果モンスターが戦闘で破壊された場合に発動する。相手はデッキから1枚ドローする。

1つ目の効果は「王の舞台」で特殊召喚されたトークンを使うことで、「ジェネレイド」を攻撃対象から守ることができます。

2つ目は、攻撃対象から守る、トークンがいなくなり、「ジェネレイド」効果モンスターが戦闘で破壊された場合、相手に1ドローさせてしまうデメリット効果です。

基本的に「王の舞台」「スケープ・ゴート」などと組み合わせて使うことになるでしょう。

王の襲来(ジェネレイド・バトル)

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分のデッキ・墓地から「ジェネレイド」フィールド魔法カード1枚を選んで発動する。その後、相手はデッキから1枚ドローする。

相手にドローさせてしまうものの、キーカードである「王の舞台」や今後、他のフィールド魔法が出てきた時にそれらも対象にすることが出来ます。

罠カードゆえに遅いものの、相手ターンに「王の舞台」が破壊されても、再度「王の舞台」を発動させることが出来ます。

王の支配(ジェネレイド・テリトリー)

永続罠

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の「ジェネレイド」カードの効果の発動にチェーンして相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。その相手の効果は「お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする」となる。

1つ目の効果はスペルスピード3であるカウンター罠には無力なものの、永続罠なので、好きなタイミングで、効果を変換させることが出来ます。

自分の「ジェネレイド」カードの効果を確実に通したい時に役に立ちます。

王の憤激(ジェネレイド・バイト)

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターを任意の数だけリリースし、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。リリースした数だけ自分の手札・フィールド・墓地から、リリースしたモンスター以外の「ジェネレイド」モンスターを選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

罠カードなので、サクリファイスエスケープしつつ、自分の「ジェネレイド」エクシーズモンスターを強化させることが出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

収録テーマの詳細は今後情報が公開され次第、随時情報を追記していきたいと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック ミスティック・ファイターズ BOX