「モーターシェル」の効果考察!相性の良いカード・デッキは?遊戯王RからキースのカードがOCG化!

Vジャンプの定期購読6号目で登場する「モーターシェル」の詳細情報が判明しました。

「モーターシェル」とは、遊戯王Rにてキースが使用していたカードです。

今回はOCG化した「モーターシェル」の効果考察や相性の良いカードを紹介していきたいと思います。

「モーターシェル」の効果考察!

サーボモータのイラスト

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1300/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「モータートークン」(機械族・地・星1・攻/守200)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

闇属性・機械族のレベル4モンスターであり、攻撃力は1300守備力は1800です。

属性と種族に関してはカードプールも多くサポートカードも豊富に存在します。

効果についてですが、このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に自分フィールドに「モータートークン」(地属性・機械族・レベル1・攻守2001体を生成できるというものです。

比較的緩い条件で後続となるトークンを生成出来るため、このカード自身をシンクロやリンク召喚の素材に使うことで生成したトークンと合わせることで続けてシンクロやリンク召喚をしていけます。

ジャンク・シンクロン

効果自体はシンプルで使いやすいのですが、このカードのレベルと攻守がそれなりにあるため「ジャンク・シンクロン」のような使いやすい蘇生効果を起点にした展開に使うといった運用はややし辛いです。

同じく墓地へ送られた場合にトークンを生成出来る機械族モンスター「幻獣機オライオン」は競合相手ですので、

・闇属性であること

・非チューナーであること

・レベルが4であること

・生成するトークンのレベルが1であること

等の違いに注目して使い分けていくと良いでしょう。

「モーターシェル」と相性の良いカード・デッキは?

「ブラック・ボンバー」

ブラック・ボンバー

召喚成功時に墓地の闇属性・機械族・レベル4モンスター1体を蘇生出来る効果を持つレベル3チューナーです。

「モーターシェル」はこのカードの蘇生先の指定と完全に一致しており、非常に相性が良いです。

「ブラック・ボンバー」と蘇生した「モーターシェル」を素材にレベル7のシンクロモンスターへ繋げられますし、レベル7のシンクロチューナーをシンクロ召喚することで「モータートークン」と合わせてレベル8シンクロにも繋げられます。

もちろんシンクロ召喚以外にも使用可能ですので、「ブラック・ボンバー」と蘇生した「モーターシェル」を使って「水晶機巧-ハリファイバー」を筆頭にしたリンク2モンスターをリンク召喚し、「モータートークン」を併せることで更に高リンクのリンクモンスターへ繋げていけます。

グッドスタッフ感はありますが、「ブラック・ボンバー」「モーターシェル」を蘇生して2体で「水晶機巧-ハリファイバー」をリンク召喚し、「ジェット・シンクロン」「幻獣機オライオン」や後述する「幻獣機アウローラドン」といった展開効果を持つモンスター等に繋げていけば高リンクモンスターを出したり連続シンクロも視野に入ります。

「幻獣機アウローラドン」

幻獣機アウローラドン

機械族モンスター2体以上でリンク召喚でき、リンク召喚成功時に「幻獣機トークン」3体を生成する効果と自分フィールドのモンスターをリリースすることでその数に応じた効果を適用できるリンク3モンスターです。

「モーターシェル」とモンスター1体を素材に機械族のリンク2モンスターを出せば、その機械族リンク2モンスターと機械族である「モータートークン」を使ってこのカードをリンク召喚していけます。

生成したトークン2体をリリースして「幻獣機オライオン」をリクルートすれば高レベルのシンクロモンスターのシンクロ召喚が狙いつつも更に「幻獣機トークン」を生成したりと、その後の戦術の可能性は幅広いです。

ちなみに素材指定が緩い機械族リンク2モンスターとしては「警衛バリケイドベルグ」が存在します。

キースデッキ

デスペラード・リボルバー・ドラゴン

闇属性・機械族を主軸とし、エースモンスターである「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」を筆頭にコイントスを行う効果を持つカードも使うためギャンブル要素も含んでいるテーマデッキです。

キースデッキというのは遊戯王DMに登場するバンデット・キースを意識したデッキコンセプトであることからの通称であり、機械龍(マシン・ドラゴン)といった呼び名もあります。

闇属性・機械族専用のサポートカードを採用することもあり、「モーターシェル」はその恩恵を受けられます。

上記で紹介した「ブラック・ボンバー」も無理なく使えることもあり、「ブラック・ボンバー」「モーターシェル」をセットで採用すればシンクロ召喚とリンク召喚を取り入れられるため対応力の向上が図れます。

「モーターシェル」の効果考察!相性の良いカード・デッキは?遊戯王RからキースのカードがOCG化!まとめ!

遊戯王Rでバンデット・キースが使用した「モーターシェル」がOCG化しました。

トークンを生み出す効果は、現在の遊戯王環境には欲しいカードではありますが、トークンを生み出すだけなら「幻獣機オライオン」や召喚権は消費するものの、幻銃士」が存在します。

個人的にはやはり、原作通りにキースデッキに入れることで、リンク召喚やシンクロ召喚の幅が広がり、対応力が上がるのではないかと個人的には感じるところです。

シンプルに便利なモンスターではありますが、トークンを生み出すだけであれば、他のモンスターもいるので、このカードにしかない利点を活かすことのできるデッキに採用したいすることをオススメします!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする