「星遺物の守護竜メロダーク」の考察と考案!効果やステータスと相性の良いデッキを大紹介!

今回はブースターパック、ダーク・ネオストームにて登場した「星遺物の守護竜メロダーク」について考察していきます。

「星遺物」モンスターでありながらも「守護竜」モンスターでもあるという高レベルモンスターですが、いったいどのような性能なのか。

相性の良いデッキも含めて紹介していきます。

「星遺物の守護竜メロダーク」の考察と考案!

星遺物の守護竜メロダーク

レベル9の風属性・ドラゴン族で、攻撃力2600守備力3000の最上級モンスターです。

効果は3あり、1つ目自分の手札・墓地から通常モンスター2体をゲームから除外することでこのカードを手札から特殊召喚出来るという効果。

2つ目このカードがフィールドに存在する限り、相手フィールドのモンスターの攻守を自分フィールドに存在するドラゴン族モンスターの数×500ダウンさせる効果。

3つ目フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に自身とは種族・属性が異なるレベル9モンスター1体を墓地から手札に加える効果です。

タイラント・ウィング

レベルは高いですが、ドラゴン族というステータスはそれだけでサポートカードが豊富にあるので恩恵を受けられます。

1の効果は自己特殊召喚効果ですが、通常モンスター2体をゲームから除外する必要があるので採用するデッキによっては使いづらい効果でもあります。

 

苦渋の決断

レベル4以下の通常モンスターを複数枚積みしているなら「苦渋の決断」を使うことでデッキから手札と墓地に通常モンスター1体ずつを移動できますので、このカードの特殊召喚するための除外コストを賄えます。

竜の渓谷

とはいえ普通に2体リリースでアドバンス召喚も出来ますし、ドラゴン族であるためこの効果を使わずとも墓地肥やしカードで墓地へ送って蘇生するという手もあります。

2の効果は相手のステータスダウンをする永続効果です。

自身が存在する時点で相手モンスターの攻守が500はダウンするので、実質的にこのカードの攻撃力は3100守備力は3000に相当します。

自分フィールドにドラゴン族モンスターが多ければ多いほど相手モンスターは弱体化しますので、ドラゴン族を多数展開すれば総攻撃でデュエルを決めにかかることも狙えます。

スポンサーリンク

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

蘇生効果を持つ「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」でこのカードを蘇生すればそれだけで相手フィールドのモンスターの攻守は1000ダウンするので優秀な効果と言えるでしょう。

魔獣皇帝ガーゼット

3の効果はフィールドで破壊された時に使える指定有りのレベル9モンスターをサルベージする効果です。レベル9モンスターを多数採用しているデッキには使える効果ですが、1の方法での特殊召喚を狙う通常モンスターを複数枚採用しているデッキや2の効果を重宝するドラゴン族デッキでは使い道がない効果でもあります。

それに加えフィールドで破壊された場合というタイミングな上にサルベージ効果ですので、この効果を目的に運用することはほとんどないかもしれません。レベル9モンスターを何種類か採用しているデッキならおまけ程度に使える効果、という認識で良いかと思います。

「星遺物の守護竜メロダーク」が採用できそうな相性の良いデッキは?

守護竜ピスティ

「守護竜」主軸のドラゴン族デッキ

「守護竜」や他のドラゴン族を駆使することでデッキ・墓地・エクストラデッキから様々なドラゴン族モンスターを展開するデッキです。

「守護竜ユスティア」「ギャラクシーサーペント」を採用するこのデッキなら「星遺物の守護竜メロダーク」1の効果による特殊召喚を狙うことが容易です。

また「星遺物の守護竜メロダーク」を事前に墓地に送っておいて「守護竜エルピィ」の効果でデッキから特殊召喚した「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」で蘇生するなどといった使い方が可能です。

更に「守護竜アガーペイン」の効果で出した強力なドラゴン族モンスターと「星遺物の守護竜メロダーク」を一緒に展開すれば、弱体化した相手モンスターに強烈な一撃をお見舞い出来ます。

双穹の騎士アストラム

 

「星遺物」主軸の複数テーマ混合デッキ

「星遺物」モンスターを主軸にし、「ジャックナイツ」「パラディオン」等の複数のテーマを混ぜ合わせたデッキです。

「星遺物の守護竜メロダーク」と同パックに収録された「夢幻転星イドリース」「機怪神エクスクローラー」「星遺物の胎導」も採用してランク9エクシーズモンスターや「星神器デミウルギア」も狙えるタイプのデッキなら更に相性が良さそうです。

「星遺物」カードである「星遺物の守護竜メロダーク」「星遺物-『星鎧』」でサーチできる他、「クルセイド・パラディオン」を使えばデッキから特殊召喚することも可能です。

優秀な効果を持つ「星遺物」カードがかなり増えてきましたし、新カードが出る度強くなっているデッキでもあります。

「星遺物の守護竜メロダーク」は強そう?

自己特殊召喚効果はややデッキを選びますが、相手モンスターの弱体化は普通に強い効果ですのでなかなかに強いモンスターと言えます。

単体での性能も高い上に用途も多く、ドラゴン族や通常モンスターを扱うデッキなら採用を検討できると思うので、自分の持っているデッキならどんな運用が出来るのか一考の余地はあるかと思います。