遊戯王の2019年6月の大会環境を振り返り、活躍したテーマデッキを紹介!

 

20196月も終盤に差し掛かり、今月も大会では多くのテーマデッキが切磋琢磨していました。

 

7月以降適用されるリミットレギュレーションの発表もあり動きが生まれており、今回はそんな6月の環境について紹介していきます。

 

2019年6月の環境はどんな感じだった?

 

6月上旬では5月までに比べて大きな変化はありませんでしたが、6月中旬に新リミットレギュレーションの発表があり環境に波紋を呼びました。

 

 

「トロイメア・マーメイド」の禁止カード化による「オルフェゴール」デッキの弱体化など、影響は決して小さくなく話題になりました。

 

 

それに追い打ちをかけるように収録カードが優秀なストラクチャーデッキ-リボルバー-が発売し、その新規カードの性能の高さは注目を集めました。

 

 

新リミットレギュレーション発表以降は7月適用のリミットレギュレーションという指定で大会も行われるようになり、規制により弱体化したテーマデッキは勢力が衰えたことが結果として表れました。

 

 

弱体化した環境上位テーマデッキと入れ違いになるように、ストラクチャーデッキ-リボルバー-によって大幅に強化されたドラゴンリンクデッキや規制緩和により更に動かしやすくなった「真竜」等が活躍するようになり環境は今大きく動いています。

 

 

多くのテーマデッキがそれぞれに活躍して結果を残しているため、環境の上位と中堅の差が少ないというのも動いている環境ならではの特徴になります。

 

スポンサーリンク
 

2019年6月に活躍したテーマデッキ一覧!

ドラゴンリンクデッキ

 

魂喰いオヴィラプター

ストラクチャーデッキ-リボルバー-に収録された新規カードによって少ない消費で非常に高い展開力を発揮できるドラゴン族が主軸のデッキになります。

 

 

「魂喰いオヴィラプター」1枚からの展開力がものすごく、先攻での制圧力が高い盤面の構築や後攻ワンターンキル盤面の構築が非常にしやすいため初速が非常に速いデッキでもあります。

 

 

消費枚数が少ないため「墓穴の指名者」「抹殺の指名者」といった相手の妨害への対抗策を採用する枠が十分に取れるのも強力で、自分の展開コンボ中に相手が使ってきた「灰流うらら」等を無効にすることで相手のライフをより早く削りきることを狙えます。

 

 

今一番勢いのあるテーマデッキであり、かつての「サラマングレイト」ばりに一気に環境上位にまで名を広めています。

 

またこちらでは「ドラゴンリンク」について紹介してます!

「ドラゴンリンク」とはなんぞや?と言う方は是非こちらもよろしくお願いします!

 

遊戯王 ドラゴンリンクデッキについてや展開方法を紹介! 環境で結果を残したトーナメントデッキ!!

 

 

「閃刀姫」デッキ

 

閃刀姫-カガリ

 

「閃刀」カードを主軸とし、そのコンセプト上デッキのほとんどを魔法カードで構成するテーマデッキになっています。

 

7月のリミットレギュレーションで規制の影響をなにも受けなかったことによって弱体化することはなかったのが功を奏し、環境上位から落ちそうになっていたこのテーマデッキも今では環境上位で活躍しています。

 

 

ドラゴンリンクデッキのように展開力の高さを主軸にしているデッキに対して「魔鍾洞」を採用するというデッキも生まれるようになり、多彩な効果を使いつつも自分フィールドのモンスターの数が少なくなりやすい「閃刀姫」デッキとはよく噛み合っています。

 

 

「オルターガイスト」デッキ

 

オルターガイスト・マルチフェイカー

 

「オルターガイスト」カードを主軸にし、テーマの特性からデッキの半分近くを罠カードで構成するデッキです。

 

 

こちらも「閃刀姫」同様に7月のリミットレギュレーションで影響がなかったこともあり、弱体化するテーマデッキとは相対的に活躍してきています。

 

相手の戦術を妨害しつつも自分はアドバンテージを確実に稼いでいくことを得意としており、運用に慣れれば対応力も高く優秀なテーマデッキでもあります。

 

 

魔法カードの採用枚数が必要最低限のみであるということから「魔封じの芳香」「王宮の勅命」を無理なく採用でき、それらは「閃刀姫」デッキやドラゴンリンクデッキのキーカードとなる魔法カードを防げるというのが現環境でも活躍できている要因の一つです。

 

「サンダー・ドラゴン」デッキ

「サンダー・ドラゴン」カードを主軸としているテーマデッキであり、手札から捨てて発動する効果や除外された場合に発動する効果を活かして展開などを行っていきます。

 

 

7月のリミットレギュレーションの影響をモロに受けたテーマデッキではありますが、「超雷龍-サンダー・ドラゴン」を使ったサーチ妨害から展開からの汎用リンクや「雷神龍-サンダー・ドラゴン」を活かしたりエクシーズを狙ったりすることに重点を変えることによって十分に機能させることが出来ています。

 

 

また雷族でもあるためシナジーがある「電光-雪花-」「オルターガイスト」デッキのように魔法・罠カードをセットするデッキには妨害手段としてよく刺さるため、自分のデッキの罠カード枚数を減らすことで無理なく採用することが出来る点も長所となります。

 

 

まとめ!

7月以降のリミットレギュレーションを適用した大会が行われるようになってから約半月ですのでまだ落ち着いてはいませんが、それ故に今後落ち着いていくのかそれともさらに動いて行くのかは未知数です。

 

 

ドラゴンリンクデッキがその存在を確たるものにするのか、それとも他のテーマデッキが環境上位となるのか、はたまた7月発売の基本パックであるカオス・インパクトに収録された新規テーマや強化された既存テーマが更に環境を動かしていくのか、今後も目が離せません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください