遊戯王2018年を振り返る!環境の中堅デッキの紹介!制限改訂によって全盛期からどんな影響が出たのか徹底調査!




遊戯王の公式大会などの環境で一番多く使われていたり実績を残している上位デッキばかりが話題に上りますが、中堅デッキも負けておりません。

中には制限改訂を受ける前の全盛期に優勝したりなどの実績を持つデッキも多数あります。

ここではそんな実績のある中堅デッキたちを紹介していきたいと思います。

環境に入った実績もある中堅テーマ一覧

彼岸の旅人 ダンテ

「彼岸」デッキ

10期になりマスタールールが変わった影響でエクストラデッキから出したモンスターを複数並べることが難しくなり、一時的な弱体化をしていたテーマでもあります。

しかしリンクヴレインズパックで墓地肥やしや展開を繋げられる「彼岸の黒天使 ケルビーニ」が登場したことで再び公式大会などでも使われるようになりました。

最近は中堅デッキの部類ですが、全盛期には大会での優勝経験もあります。

墓地へ送られた場合に発動する効果を駆使することで高い持久力を誇るテーマで、相手のデッキが先に息切れする場合が多いので物量差で圧倒します。

しかし墓地に依存することに加えて闇属性統一テーマなので対策が打ちやすいという弱点も存在します。

当サイトでは「彼岸の旅人 ダンテ」が準制限復帰したことで強化された「彼岸デッキの紹介も行っておりますのでよろしければコチラもどうぞ

2018年10月リミットレギュレーションがとうとう適用され数日が経ちましたね! 今回のリミットレギュレーション...

SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス

SPYRAL」デッキ

一時期はその展開力と相手を一方的に封殺する力によって環境上位には常にこのテーマがあったほどの実力を持ちます。

SPYRAL-ダンディ」を主軸にすることで展開や強化をしていき、相手のデッキトップを確認・操作する効果を使って相手のコンボに先回りするというこれまでにない妨害の形を築くことが出来ました。

中でもSPYRAL-ジーニアス」の効果にターン1制限がないことを利用して1ターンで複数回サーチや蘇生を繰り返した展開は強力です。

しかしデッキの回転の要でもあり強力なサポートだったSPYRAL-ジーニアス」SPYRALGEAR-ドローン」SPYRAL RESORTの三枚が制限カードになってしまい大きく弱体化しました。

現在ではSPYRALGEAR-ドローン」が無制限になったので多少力を取り戻しましたが、サーチカードが制限になっているのは痛く中堅デッキになっています。

E・HERO ソリッドマン

HERO」デッキ

EHERODHEROなど多種多様に存在するHEROデッキですが、純粋なビートダウンデッキとしても有名です。

中でも最近出た「EHEROソリッドマン」を活用することでランク4エクシーズモンスターとMHEROを主軸にしたデッキは大会で優勝という結果を出しています。

チェンジ速攻魔法をサーチできるEHEROシャドー・ミスト」が制限だったことをカバーしていた「ヒーローアライブ」「剛鬼」などに出張採用されたりしたことで制限カードになり、MHEROメインのHEROデッキは少なくない影響を受けました。

しかしサベージ・ストライクにてEHEROネオス」主軸のデッキが大幅強化されたので「HERO」デッキは環境上位になれる可能性が十分にあります。

また当サイトでは「EHEROネオス」を主軸にしたネオスペーシアンデッキの紹介も行っております。

強力なコンタクト融合デッキを使いたい方にはオススメのテーマとなっております。

海外で発売するMega-Tin2018の十代缶で登場する新たなる新規ネオスのコンタクト融合である、E・HEROネビュ...
サベージ・ストライクから十代の使うネオスペーシアンが新規収録のされネオスペーシアンデッキが強化されましたね! 今回ネオ...

影六武衆-フウマ

「六武衆」デッキ

展開力に非常に優れているテーマにも関らず、弱点である手札消費の激しさはサーチカードである「六部の門」が見事にカバーしてくれております。

一時期は「六部の門」の安定したサーチ力「真六部衆-シエン」による制圧力の高さで環境に入った実績もあるテーマです。

しかしその後キーカードであった「六部の門」「真六部衆-シエン」が制限カードになったことで安定力と展開力が低下したことで、環境から姿を消さざる得ませんでしたが、インフレの影響で現在はキーカードである「六部の門」3枚積める様になり全盛期の展開力を取り戻しました。

「影六部衆」の強化はやや少し物足りなかったものの、「影六部衆」との兼ね合いは中々良く現在では、環境には入れない物の中堅としては十分な強さを持ったテーマでございます。

また当サイトでは「六武衆」デッキの紹介も行っておりますのでよろしければ是非コチラも参考にして見てください。

現在も中堅デッキとして活躍している六武衆! 一時期は環境トップの座に君臨し、 六武の門が制限になりましたが、現在では環境...

甲虫装機 ダンセル

「甲虫装機」デッキ

一時期環境を「ム◯キン◯」にしたテーマで墓地の「甲虫装機」を装備し装備した「甲虫装機」を墓地に送ることでアドバンテージを得るテーマでございます。

「甲虫装機 ダンセル」による展開力と「甲虫装機 ホーネット」による破壊効果により、コチラは大量にモンスターを展開しつつ、相手の場のカードを大量破壊し、最後は「甲虫装機 センチピート」でサーチした「甲虫装機 ギガマンティス」「甲虫装機 ダンセル」に装備し攻撃力の低さをカバーし、

自分のターンにまた同じ動きで展開&除去と言う脅威的な強さでデッキの核であった「甲虫装機 ダンセル」「甲虫装機 ホーネット」は制限になった経歴の持ち主ですが現在はインフレの影響でこの2枚は無制限になりました。

現在では全盛期の力を取り戻したもののインフレの影響により環境からは離れているものの以前強力な中堅デッキであることは代わりありません。

また当サイトでは安く組める「甲虫装機」の紹介も行っておりますので安く中堅デッキを組みたい方はコチラの記事もどうぞ

2010年~2012年に環境を支配したテーマ甲虫装機(インゼクター) 2010年~2012年に環境を支配し、その年の世界大会は昆虫王者...

エルシャドール・シェキナーガ

「シャドール」デッキ

墓地に送られることで効果を発動する闇属性・魔法使い族・リバースモンスターテーマ融合テーマです。

融合モンスターの召喚条件は「シャドール」モンスター+指定の属性

と非常に召喚条件が緩いことと条件を満たした時に「影依融合」によるデッキ融合は強力な上、融合モンスターも禁止カードになった実績を持つ「エルシャドール・ネフィリム」を始めとした強力な融合モンスターが多いのが特徴で、9期の暗黒環境を作り上げたテーマでもあります。

各属性のカードを入れられる為、他のデッキと比べて対応力が高いのもこのデッキの特徴です。

また「シャドール」の特性上「〇〇シャドール」という亜種デッキの多いのもこのテーマならではの利便性となっております。

現在では全盛期の力を取り戻しましたが、インフレの影響で環境からは遠ざかっているものの、環境や好みによってデッキのモンスターを入れ替えやすいテーマの為、人によって個性の出る中堅デッキとなっております。

黒い旋風

BF」デッキ

高い展開力と強力なサポートカードがあるBFデッキには「黒の旋風」を主軸にした「旋風BFBF-大旆のヴァーユ」を主軸にした「墓地BFの二種類が主に存在します。

リンク召喚の登場によりBF-朧影のゴウフウ」禁止になりBF-隠れ蓑のスチーム」制限カードになりました。

そんな中でも「墓地BF「水晶機巧-ハリファイバー」によるチューナーのリクルートなどを活かして大会で優勝という結果を残しました。

BF-隠れ蓑のスチーム」が制限になった主な理由には「水晶機巧-ハリファイバー」の存在があったのですが、チューナーであるBF-大旆のヴァーユ」を墓地に落とすための手段として使ったこのデッキは規制改訂を受けても新たな活路を見出した結果なのだと思います。

また当サイトでは「BF」デッキの紹介も行っておりますので、展開力の高い中堅デッキを組みたい方はコチラの記事もお願いします↓

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3で新たなBF(ブラックフェザー)が収録される事が決まりました! 現在判明...

銀河眼の光子竜

「フォトン」デッキ

「銀河眼の光子竜」やランク8のエクシーズモンスター、単体で強力な効果を持った専用サポートカードが売りである「フォトン」デッキはリンク召喚の登場で弱体化していました。

しかし新たな「フォトン」強化カードや光属性でリンク召喚できる「ハイパースター」が登場したことによって力を取り戻しつつあります。

展開力などが改善されたが元々手札消費が激しいデッキなので長期戦には弱く、相手が妨害手段に豊富なデッキだと相性が悪いです。

最近では手札誘発効果によって妨害が簡単になったので気を付ける必要があります。

また当サイトではデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3で強化された時に紹介した「フォトン・ギャラクシー」のデッキ紹介も行っております。

現在ではリンクモンスターである銀河眼の煌星竜」を加えることでより安定感の増したデッキ構築を行うことが出来ます↓

発売から数日、盛り上がりを見せるデュエリストパックデュエリストレジェンド編3ですが、今回は、新規収録で、強化された天城カイト...

まとめ

大会で結果を残した中堅デッキを紹介しましたが、改めて見てみるとリンク召喚が与えた影響の大きさが分かります。

強すぎるテーマの抑制をした反面、先行1キルの影響で制限改訂カードを作っているリンク召喚ですが、これから先環境で活躍するには無視することは出来ない存在です。

またリンクヴレインズパックなどで過去テーマの強化もしているので、それらをどうやって活かしていけるかが重要になるかと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする