遊戯王、魔妖デッキレシピの紹介!!ヒドュンサモナーズ発売前、当サイトからサンプルデッキレシピの紹介!




デッキビルドパック、ヒドュンサモナーズの発売も残りわずかとなっており、色々な新規カードの収録が決定しており、楽しみですね!

その中でも、今回異色のオーラを放つアンデット族テーマ、魔妖

最初の紹介から魔妖シンクロモンスター,魔妖モンスターも増え、本格的にデッキが組めそうです!

変幻自在にレベルの上がって行く妖怪モンスター魔妖デッキレシピの紹介!

題して魔妖、妖怪大戦争といきましょう!

前回の紹介から新たに収録が決定した魔妖

前回の紹介から新たに魔妖モンスターが増え魔妖の戦い方が判明して行きました!

前回の魔妖テーマの紹介はコチラで行っております!

不知火との関係性についても書かれていますので、是非こちらもよろしくお願いします!↓

遊戯王デッキビルドパックヒドュンサモナーズから魔妖(まやかし)が新テーマとして登場しました! 今回登場した魔妖はアンデット族テ...

・毒の魔妖-束脛

・骸の魔妖-夜叉

・骸の魔妖-餓者髑髏

・翼の魔妖-天狗

・毒の魔妖-土蜘蛛

・轍の魔妖-朧車

が判明しました!

効果の方を見て行きましょう!

毒の魔妖-束脛

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/アンデット族/攻   0/守2000
(1):「毒の魔妖-束脛」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが墓地に存在し、「毒の魔妖-束脛」以外の
自分の「魔妖」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。


(1)の効果は魔妖チューナーモンスター共通デメリットで同名以外の魔妖モンスターが戦闘、効果で破壊された場合に発動できる効果を持っております!

麗の魔妖-妲姫、同様にレベル2チューナーモンスターですが、墓地からの蘇生が、破壊された時に発動する効果の為、

麗の魔妖-妲姫に比べて、やや性能面で劣るものの、全体破壊を受けてしまった場合などに特殊召喚でき、壁として運用できる点と、4枚目の麗の魔妖-妲姫として扱うといいでしょう!

骸の魔妖-夜叉

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2000/守   0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外の「魔妖」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

TEHトリッキーの様な効果を持っており、手札から魔妖モンスターを捨てることで、手札から特殊召喚できる効果を持っております!

しかしシンクロ魔妖モンスターはシンクロの縛りがなく、デメリットのないTEHトリッキーでもレベル5モンスターとしての運用ができる為、使用するのであれば、アンデット族である点と魔妖モンスターである点で魔妖廻天でサーチできる点を活かすことになるでしょう!

効果を1ターンに1度しか特殊召喚できない点と、複数枚手札に来てしまうと事故要因になってしまう為、採用は1〜2枚程度に抑えて置いた方が良いかと思います!

骸の魔妖-餓者髑髏

シンクロ・効果モンスター
星11/闇属性/アンデット族/攻3300/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「骸の魔妖-餓者髑髏」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが墓地に存在し、自分のリンクモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、表側表示のこのカードは他のカードの効果を受けない。

魔妖シンクロモンスターの中で、現時点でのエースモンスターと思われる魔妖モンスター!

魔妖シンクロモンスターの最終形態と思われるモンスターで麗の魔妖-妲姫を使い、連続でシンクロ召喚を行い、このモンスターをシンクロ召喚する形になります!

(2)の効果は、リンクモンスターが破壊された場合に発動できる特殊召喚効果ですが、このカードをシンクロ召喚した際に、麗の魔妖-妲姫を墓地から特殊召喚できるので、このカードと氷の魔妖-雪女を特殊召喚することで、(2)の条件を満たしやすくなります!

またいざとなれば、氷の魔妖-雪女で相手に自滅特攻することで、このカードを(2)の効果で特殊召喚しつつ、(3)の効果で効果耐性を得ることができます!

今回の魔妖デッキはエースモンスターであるこのカードをシンクロ召喚する為に、後に解説するシンクロモンスター達と麗の魔妖-妲姫の蘇生効果を使いこのカードのシンクロ召喚を狙っていく形になります!

翼の魔妖-天狗

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/アンデット族/攻2600/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「翼の魔妖-天狗」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが墓地に存在し、
元々のレベルが9の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。

(2)の効果は、魔妖デッキであれば基本的に麗の魔妖-妖狐が破壊された場合にこのカードを蘇生させる形になります!

(3)の効果は対象を取らない効果の為、チェーン発動しやすい利点があり、墓地からの特殊召喚に制限がない為、馬頭鬼生者の書–禁断の呪術での特殊召喚にも対応しており、自身の効果以外でも、魔法、罠カードを破壊することができます!

毒の魔妖-土蜘蛛

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/アンデット族/攻2000/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「毒の魔妖-土蜘蛛」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが墓地に存在し、
元々のレベルが7の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

レベル7シンクロモンスターが破壊された場合に墓地から特殊召喚することができ、墓地からの特殊召喚に成功した場合にお互いのデッキから3枚墓地に送ることができる効果を持っております!

レベル7シンクロモンスターとなると、範囲は広いですが、魔妖デッキに使用するとなると上記で解説した魔妖シンクロモンスター、翼の魔妖-天狗が破壊された時に効果を発動することになるでしょう!

墓地肥やしの効果は相手にも適用される為、相手のデッキによってはアドバンテージを与えてしまいますが、こちらも墓地を使用するデッキなので、効果を発動できる時は効果を適用していくと良いでしょう!

毒の魔妖-束脛をデッキから落とすことができれば、毒の魔妖-束脛の効果でこのモンスターが破壊された時にら蘇生させることができるので後続に繋げることができます!

轍の魔妖-朧車

シンクロ・効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 800/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「轍の魔妖-朧車」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが墓地に存在し、
元々のレベルが5の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

レベル5のシンクロモンスターが破壊された時に墓地から特殊召喚できる効果を持っており、墓地から特殊召喚に成功した場合、自分のモンスターは戦闘で破壊されない効果を持ちますが、(3)の効果が切れた後は、完全にバニラ同然になってしまう為、すぐにこのカードをシンクロ素材にすると良いでしょう!

レベル3モンスターの為、翼の魔妖-波旬効果でデッキから、レベル2魔妖チューナーを特殊召喚することで簡単にこのカードをシンクロ召喚することができます!

次はデッキレシピを当サイトで作ったデッキレシピの紹介と行きたいと思います!

デッキレシピ

モンスター

・麗の魔妖-妲姫×3

・翼の魔妖-波旬×3

・轍の魔妖-俥夫×3

・毒の魔妖-束脛×1

・骸の魔妖-夜叉×1

・ユニゾンビ×3

・馬頭鬼×3

・ゾンビマスター×1

・灰流うらら×2

・不知火の隠者×3

魔法

・魔妖廻天×3

・生者の書‐禁断の呪術×3

・アンデットネクロナイズ×2

・強制転移×2

・おろかな埋葬×1

・死者蘇生×1

・ハーピィの羽根帚×1

・ワンフォーワン×1

・魔妖変生×3

エクストラデッキ

・骸の魔妖-餓者髑髏×2

・麗の魔妖-妖狐×3

・翼の魔妖-天狗×3

・毒の魔妖-土蜘蛛×3

・轍の魔妖-朧車×2

・氷の魔妖-雪女×2

カード解説

上記で説明したカード以外のカードを解説していきたいと思います!

麗の魔妖-妲姫

チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/アンデット族/攻1000/守   0
(1):「麗の魔妖-妲姫」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが墓地に存在し、
「魔妖」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

魔妖デッキの核となるチューナーモンスターで翼の魔妖-波旬の効果で特殊召喚することができれば、轍の魔妖-朧車→毒の魔妖-土蜘蛛→翼の魔妖-天狗→麗の魔妖-妖狐→骸の魔妖-餓者髑髏と自身の効果を使い連続でシンクロ召喚を行うことができます!

翼の魔妖-波旬

効果モンスター
星1/風属性/アンデット族/攻 600/守 400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「翼の魔妖-波旬」以外の「魔妖」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

麗の魔妖-妲姫を特殊召喚することができればこのカード一枚で上記の通り連続シンクロ召喚を行う事ができます!

レベル1なのでワンフォーワンにも対応しており、特殊召喚でも効果を発動できる為、ユニゾンビなどで墓地に落として置き、蘇生カードでこのカードを特殊召喚する手もあります!

序盤でフィールドに出したいカードです!

轍の魔妖-俥夫

効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻1200/守 400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
「轍の魔妖-俥夫」以外の自分の墓地の「魔妖」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

ジャンクシンクロンの魔妖版とも言えるモンスター!

特殊召喚した魔妖モンスターの効果は無効化されてしまう為、基本的に魔妖レベル2チューナーを特殊召喚しこのカードを素材に毒の魔妖-土蜘蛛を特殊召喚する形になります!

ユニゾンビ

ユニゾンビ

アンデット族と相性抜群のモンスター!

今回も入りました(笑)

デッキから蘇生させたい魔妖モンスターを墓地に送ることができます!

レベル調整もできる為、いざとなれば魔妖シンクロモンスターのシンクロ素材になることもできます!

馬頭鬼

馬頭鬼

ユニゾンビでデッキから墓地に送りたいモンスターの1枚で、このカードの効果を使い魔妖シンクロモンスターを墓地から特殊召喚し、効果を発動させることもできます!

ゾンビ・マスター

ゾンビマスター

手札に来てしまった馬頭鬼を墓地に送ることができ、レベル4以下のアンデットと範囲は限定されるものの、墓地からの特殊召喚でも効果が発動できる魔妖モンスターと相性が良いため採用!

不知火の隠者不知火の隠者

ユニゾンビの相方モンスターで、このカードをリリースすることで、ユニゾンビだけでなく麗の魔妖-妲姫を特殊召喚することもできます!

このカードの効果を使いユニゾンビを特殊召喚し、ユニゾンビの効果で適当なモンスターのレベルを上げ、馬頭鬼を落とし、馬頭鬼の効果で特殊召喚すれば、このカードとユニゾンビを素材に翼の魔妖-天狗をシンクロ召喚することができます!

麗の魔妖-妖狐

シンクロ・効果モンスター

星9/炎属性/アンデット族/攻2900/守2400

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「麗の魔妖-妖狐」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが墓地に存在し、

元々のレベルが11の自分のSモンスターが戦闘または効果で破壊された場合に発動できる。

自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。

(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

(2)の効果は骸の魔妖-餓者髑髏が破壊されたときにこのカードを墓地から特殊召喚する形になります!

(3)の効果は相手のモンスターを破壊できる効果を持っているので、相手に強力なモンスターが存在するときはこのカードを積極的に蘇生させていくといいでしょう!

氷の魔妖-雪女

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/アンデット族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
「魔妖」モンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「氷の魔妖-雪女」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードのリンク先にSモンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在し、自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

魔妖モンスター唯一のリンクモンスターで、骸の魔妖-餓者髑髏シンクロ召喚した後とシンクロモンスターがシンクロ召喚された時効果で、麗の魔妖-妲姫を特殊召喚し、その2体を素材にこのカードをリンク召喚することで骸の魔妖-餓者髑髏蘇生効果の条件をクリアすることができます

短所としては、リンクマーカー先に、シンクロモンスターが存在しないとバニラ同然になってしまう為、このカードをリンク召喚した後は、蘇生カードを使い、魔妖シンクロモンスターをこのカードのリンク先に蘇生させるなどして手を打つと良いでしょう!

生者の書-禁断の呪術-

生者の書‐禁断の呪術

アンデット族を墓地から特殊召喚しつつ相手の墓地のモンスターを除外することができる優秀な魔法カードで、魔妖シンクロモンスターもこのカードで特殊召喚することができます!

魔妖シンクロモンスターの効果を発動することもできる為高相性です!

アンデットネクロナイズ

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドにレベル5以上のアンデット族モンスターが存在する場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
除外されている自分のアンデット族モンスター1体を選んでデッキに戻し、
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

このデッキでは、連続でシンクロ召喚を行う為、比較的簡単に条件を満たしやすく、魔妖のデメリットの関係上、他のエクストラモンスターを採用しにくいため、相手の協力なエクストラデッキモンスターを奪える効果は、このデッキと相性が良いと言えます!

また、(2)の効果も魔妖と相性が良く、アンデットを除外しないと自己蘇生できない、魔妖シンクロモンスターのデメリットを和らげてくれます!

強制転移

強制転移

相手の場に魔妖モンスターを送ることで、相手のエクストラデッキの召喚を制限することができる為、採用!

魔妖変生

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):手札を1枚捨て、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「魔妖」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の効果の対象にならない。

自分の手札を捨てることで、墓地か除外されている魔妖モンスターを特殊召喚できる効果を持っております!

罠カード故、発動にラグがあるものの、罠カードである利点を活かし麗の魔妖-妖狐などを墓地から特殊召喚できれば、相手の動きを妨害することができます!

また相手がモンスターで総攻撃してきた時に轍の魔妖-朧車をこのカードで特殊召喚することでこのターン轍の魔妖-朧車は戦闘で破壊されず、このターン相手の効果の対象にならないと言った壁モンスターとしての運用をすると言った動きも可能です!

デメリット効果も、魔妖の特性上エクストラデッキは魔妖で固めている為、魔妖デッキでは気にならないデメリットとなっております!

デッキの動かし方

翼の魔妖-波旬を早い段階で召喚、特殊召喚し、轍の魔妖-朧車→毒の魔妖-土蜘蛛→翼の魔妖-天狗→麗の魔妖-妖狐→骸の魔妖-餓者髑髏と連続でシンクロ召喚を繋げていき、墓地に魔妖シンクロモンスターを貯めていく動きが基本となります!

また魔妖モンスターは墓地からの蘇生で効果を発動できるので、状況に応じて魔妖シンクロモンスターをアンデット族お得意の蘇生カードで蘇生させフィールドに展開していきます!

基本的には、連続でシンクロを行い強力なモンスターをシンクロ召喚するデッキで動き自体はシンプルな為、初心者でも使いやすいテーマだと思います!

改造するなら

リビングデッドの呼び声(SPWR)

アンデット族をサポートできるカードや、リビングデッドの呼び声など蘇生させることができるカードを増やして見ると良いでしょう!

魔妖モンスターはデメリットの都合上、エクストラデッキはほぼ固定的になりがちですが、メインデッキの方は、これからストラクチャーデッキRアンデットワールドが発売されることで、アンデット族のサポートが強化される可能性があります!

アンデット族の強化なサポートカードが登場した際は、デッキに投入して見るのも良いでしょう!

まとめ

今回は、デッキビルドパック、ヒドュンサモナーズから登場する魔妖デッキの紹介でした!

魔妖はデメリットの都合上、エクストラデッキがほぼ固定になりがちな為、

私の周りでは同じく登場する2テーマよりもやや賛否両論的な部分がございますが、私自身はアンデット族テーマなだけあって、魔妖の縛り効果は良いバランス調整なのでは、と思いました!

縛り故に魔妖シンクロモンスターで戦うと言う理由もできていますし、エクストラがほぼ固定で、連続でシンクロをしていき、強力な魔妖シンクロモンスターを出す動きは非常にシンプルな為、初心者でも比較的に使いやすいテーマなのではと思いました!

また魔妖変生のイラストにある社は不知火と同じものである可能性が高く

デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズのポスターで、麗の魔妖-妖狐と共に、「嗚呼、忌わしや。我ら幽世かくりよの焔が小賢しき灯火ともしびを滅する時ぞ・・・。」炎との因縁を思わせる、文章が書かれており、

魔妖変生のイラストから恐らく、この炎と言うのは不知火の事を指すのではないかと考えます!

恐らく魔妖と不知火は敵対している可能性が高いと思われます!

デッキとしての個性もあり、イラストストーリーも非常に気になる魔妖モンスターの登場が楽しみな次第でございます!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする