マキシマムヘイブン3箱デッキレシピの回し方と改造案を紹介!【最強バトルデッキ】

先日ラッシュデュエルにてアニメの登場キャラクターをモチーフにした7種類の構築済みデッキが発売しました。

今回はその内の1最強バトルデッキ ネイル-マキシマムヘイブン-3箱デッキレシピやその回し方等について紹介していきます。

マキシマムヘイブン3箱デッキレシピの紹介!

モンスターカード

「天帝龍樹ユグドラゴ[L]×3

「天帝龍樹ユグドラゴ」×3

「天帝龍樹ユグドラゴ[R]×3

「シグルステート・ソル」×1

「ベルセクタクル・マニ」×2

「ピーコック・ハイトロン」×3

「リセットランナー」×1

「コネクタドッグ」×3

「フェムトロン」×3

「サイクリプトロン」×2

「アトロン」×3

「ゼプトロン」×3

魔法カード

「粒子加速」×2

「天の加護」×3

「セツリの流転」×1

罠カード

「死霊の束縛」×3

「なぞの手錠」×1

マキシマムヘイブン3箱デッキレシピの回し方を紹介!

デッキのコンセプトとしては、手札交換効果などを活用することでマキシマムモンスター「天帝龍樹ユグドラゴ」を素早く手札に揃えてマキシマム召喚を行い戦っていくというものです。

今回紹介したのはあくまで3箱デッキレシピということですので、レジェンドカードの採用は控えさせていただきました。

天帝龍樹ユグドラゴ

デッキの回し方ですが、まずはコンセプトの通り手札交換効果を活用することで手札に「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツを揃えていきます。

フェムトロン

各種手札交換効果を持つモンスターを使うためには「フェムトロン」を墓地に用意する必要があるため、高レベルモンスターをアドバンス召喚するためのリリースに使うなどすると良いかと思います。

ピーコック・ハイトロン

「フェムトロン」をリリースすることで上級モンスター「ピーコック・ハイトロン」をアドバンス召喚すれば無駄なくドロー効果に繋げられるため優秀ですし、「アトロン」「ゼプトロン」を使って更に手札交換をしていけば「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツが手札に揃う確率はかなり上がります。

リセットランナー

「ゼプトロン」の効果でデッキボトムに戻したカードを再利用したいのであればデッキをシャッフルする効果を持つ「リセットランナー」が役に立ちます。

手札交換はあくまでもドロー効果ですので手札や墓地の状況次第では、手札や墓地の都合上手札交換があまりできない、手札交換をしても「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツが揃わないという場合も考えられます。

ベルセクタクル・マニ

そういった状態では手札のサイバース族モンスターで戦線を維持することになりますが、下級モンスターとしては「コネクタドッグ」「サイクリプトロン」、高レベルモンスターとしては「シグルステート・ソル」「ベルセクタクル・マニ」は高めのステータスを持つためある程度戦っていけます。

中でも「ベルセクタクル・マニ」は墓地にある「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツや手札交換効果を持つモンスターをデッキに戻して再利用を図りつつも相手モンスターの弱体化が出来るため、その後の運用に役立つ立ち回りが出来ます。

天の加護

手札の「天帝龍樹ユグドラゴ」は単体では最上級モンスターとしてのステータスは高くないため、手札で重複した場合や他に引き込みたいカードがある際には「天の加護」のコストにしてしまうのも有りです。

手札に「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツが揃ったならマキシマム召喚を行います。

マキシマムモードの「天帝龍樹ユグドラゴ」4000という驚異の攻撃力を誇り、相手モンスターを攻撃表示にする効果と相手のレベル8以下のモンスターを除去する効果を持つため確実に相手に戦闘ダメージを与えていけるでしょう。

マキシマムモードの「天帝龍樹ユグドラゴ」は強力なモンスターですが、相手もマキシマム召喚を使うデッキだった場合には一部を除いて後出しが勝つ状況になりやすいです。

というのも、「天帝龍樹ユグドラゴ」はマキシマムモンスターの中でもトップの元々もの攻撃力を誇りますが、マキシマムモンスターの多くはターン終了時までの自己強化あるいは相手モンスターの弱体化効果を持っているからです。

死霊の束縛

そこで対マキシマムモンスターとしても使えるのが「死霊の束縛」であり、このデッキを含めマキシマム召喚を使うデッキは種族を統一していることが多いため相手の墓地が肥えているほど大きな弱体化が見込めます。

弱体化するモンスターにレベル指定などは無いため、「天帝龍樹ユグドラゴ」の攻撃力を上回る相手のマキシマムモンスターが攻撃してきた際に使えば返り討ちにすることも狙えるでしょう。

マキシマムヘイブン3箱デッキレシピの改造案を紹介!

マキシマム召喚を更にしやすくする


遊戯王ラッシュデュエル RD/KP04-JP043 地層調査 R

「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツをより集めやすくするため相性の良いカードを採用していけます。

サイバース族の最上級モンスター「シードクロトロン・ブラッセルン」はサルベージ効果によって墓地に送られた「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツを集められますし、攻撃力が2400あるので打点としても活用できます。

他にもデッキトップのカード5枚を確認してデッキトップあるいはデッキボトムに戻す「地層調査」なら、欲しい「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツがあればデッキトップに、無かったならデッキボトムに送ることも可能です。

レジェンドカードとしては汎用的なサルベージが出来る「死者転生」が採用候補として最有力になります。

フュージョン召喚を取り入れる


最強バトルデッキの発売時点では登場していませんが、918日に発売予定のエクストラ超越強化パックにはサイバース族のフュージョンモンスター「パーミリンド・ハイクロトロン」が収録されます。

フュージョン素材が「フェムトロン」「サイクリプトロン」であるため、「フュージョン」を採用するだけで無理なく「パーミリンド・ハイクロトロン」の採用が検討出来ます。

サイバース族デッキでは「ピーコック・ハイトロン」「アトロン」「ゼプトロン」等はその効果の特性上墓地に溜まりやすいため、「パーミリンド・ハイクロトロン」の効果を使うための条件を満たすのもそう難しくありません。

2枚ドロー後手札を1枚デッキボトムに戻す効果により「天帝龍樹ユグドラゴ」のパーツ集めが出来ますし、「パーミリンド・ハイクロトロン」自体の攻撃力が2600あるため打点としても活用していけるでしょう。

まとめ!

最強バトルデッキ ネイル-マキシマムヘイブン-3箱デッキレシピの回し方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「天帝龍樹ユグドラゴ」はマキシマムモンスターの中でも強力なモンスターであり、デッキコンセプトとしては、手札にマキシマムモンスターを素早く揃えるギミックが多いので、早い段階でマキシマム召喚を行うことができるデッキかと思います。

デッキを改造するのであれば、レジェンドカードである「死者転生」などのマキシマムモンスターを回収できるカードや、エクストラ超越強化パックに収録される「パーミリンド・ハイクロトロン」を採用することで、「天帝龍樹ユグドラゴ」だけに頼らない、打点の強化も望めます。

そのまま使っても十分にマキシマム召喚を楽しめるデッキですので、気になる方は是非3箱購入してデッキを組んでみていただければ嬉しいです!


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルデッキ ネイル -マキシマムヘイブン- CG1751

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする