【遊戯王マスターデュエル】エクストラデッキのおすすめ汎用モンスター8選!生成しておくべきカードを紹介!

 

遊戯王マスターデュエルでは、ポイントさえあれば好きなカードを生成できます。

 

 

採用できるデッキが多い汎用モンスターは様々な状況で活躍できる性能の高いものも複数いますので、デッキを構築する際に枠が余った時やテーマの弱点を補いたい時に重宝します。

 

 

そこで今回は

 

エクストラデッキに入る汎用性の高いモンスターの中からおすすめのもの

 

を紹介していきたいと思います。

 

 

今回紹介する汎用性の高いカードはレアリティが高くなっているため、採用予定のデッキでどんな風に活かせるかしっかりシミュレーションしてから生成するかどうか決めるというのも有りでしょう。

 

【遊戯王マスターデュエル】生成すべきエクストラデッキのおすすめ汎用モンスター8選!

「シューティング・ライザー・ドラゴン」(SR

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、
そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。
このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 

レベル7のシンクロチューナーであり、デッキのモンスターを墓地へ送って自身のレベルを下げる効果と相手メインフェイズ中にシンクロ召喚を行う効果を持ちます。

 

 

実質的にデッキから好きなレベル6以下のモンスターを墓地へ送れるため、墓地で発動する効果を持つモンスターを墓地へ送って更なる展開に繋いだりと様々な用途で使えます。

 

 

相手メインフェイズ中であればフリーチェーンでシンクロ召喚が出来るため、サクリファイスエスケープとして使ったり更なる高レベルシンクロに繋ぐことが出来ます。

 

スポンサーリンク
 

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」(UR

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、
装備カード扱いとしてこのカードに装備し、
そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。
(3):相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。

 

自分の墓地のリンクモンスターを装備し、攻撃力を上昇しつつ制圧効果も使えるのが特徴です。

 

 

予めリンクモンスターを墓地に用意しておく必要はありますが、素材指定が緩いながらも3000を超える打点を発揮できる上にカードの種類を問わずに使える制圧力が優秀です。

 

 

後述もしますが素材指定の緩いリンクモンスターは複数いますので、それらを使った後でこのカードを出せば切り返しや盤面の強化に貢献してくれるでしょう。

 

 

また展開力の高いデッキであれば、連続リンク召喚からこのカードのシンクロ召喚に繋げて高リンクモンスターを装備することも視野に入ります。

 

 

No.41 泥睡魔獣バグースカ」(SR

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/悪魔族/攻2100/守2000
レベル4モンスター×2
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎にこのカードのX素材を1つ取り除く。
取り除けない場合、このカードを破壊する。
(1):このカードはモンスターゾーンに攻撃表示で存在する限り、
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、
フィールドの表側表示モンスターは守備表示になり、守備表示モンスターが発動した効果は無効化される。

 

汎用ランク4エクシーズモンスターであり、攻撃表示の時は耐性を得て守備表示の時は妨害効果を使えます。

 

 

守備表示の時の影響力は非常に大きく、フィールドに出したモンスターの効果で展開をする多くのデッキやリンクモンスター以外のモンスターを主軸としたデッキに刺さるため、相手の行動を強力に制限できます。

 

 

モンスターに対しての制圧力は高いものの魔法・罠カードに対しては抵抗できない点や、守備表示にならないリンクモンスターには戦闘破壊されかねない点には注意が必要です。

 

 

多くのデッキに刺さるだけでなく、用が済んだら攻撃表示にしてロックを解除したり貫通効果を持つ「旋壊のヴェスぺネイト」を重ねて出すなどして有利に立ち回れるのも利点です。

 

スポンサーリンク
 

「天霆號アーゼウス」(UR)(20222月現在では制限カード)

エクシーズ・効果モンスター(制限カード)
ランク12/光属性/機械族/攻3000/守3000
レベル12モンスター×2
「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、
自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキ・EXデッキからカードを1枚選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。

 

エクシーズモンスターが戦闘を行ったターンにエクシーズモンスターに重ねて出すことができ、フリーチェーンで自身以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る効果は非常に強力です。

 

 

エクシーズモンスターを使うのであれば大抵のデッキで採用出来るだけでなく、除去性能の高い一掃効果は相手が構築した厄介な盤面をリセットできるので優秀です。

 

 

一掃効果にターン1制限は無いため、素材を4つ以上持てれば1ターンに複数回一掃効果を使うことで相手の展開を妨害していけます。

 

 

エクストラデッキを圧迫することや対応するランクは限られるものの、「ダウナード・マジシャン」「迅雷の騎士ガイアドラグーン」を経由させることで結果的にこのカードの素材を1つ分増やせるという運用法は覚えておくと良いでしょう。

 

 

「水晶機巧-ハリファイバー」(UR)(20222月現在では制限カード)

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナーを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

 

 

 

チューナーを含むモンスター2体以上でリンク召喚でき、レベル3以下のチューナーをリクルートする効果と相手ターン中にシンクロチューナーを特殊召喚する効果を持ちます。

 

 

チューナーを採用しているデッキでならリンク召喚が可能であり、このカードを起点にすることで上記の「ヴァレルロード・S・ドラゴン」やリンク4モンスター等に繋ぐことも出来るため優秀です。

 

 

2つ目の効果を使えば上記の「シューティング・ライザー・ドラゴン」を出すこともでき、あちらの墓地肥やしとシンクロ効果によって相手ターン中により強力な盤面を作ることも可能です。

 

スポンサーリンク
 

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」(UR)(20222月現在では制限カード)

 

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/闇属性/植物族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
(2):2000LPを払い、
「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

 

 

効果モンスター2体でリンク召喚でき、フィールドのモンスター1体の属性を闇属性にする効果と「融合」「フュージョン」魔法の効果をコピーすることが出来ます。

 

 

ライフコストとその後の制約はあるものの融合デッキであれば様々なデッキに採用が可能であり、シンプルにこのカードの効果で相手モンスターを闇属性にして「超融合」をコピーすることで自身と合わせて「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚するということも可能です。

 

 

デッキ融合が出来るカードの効果をコピーすればより大きなアドバンテージを稼ぐことも出来るでしょう。

 

 

「トロイメア・ユニコーン」(UR

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2200
【リンクマーカー:左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、
フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、
その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。

 

カード名が異なるモンスター2体以上でリンク召喚でき、手札1枚をコストにしてフィールドのカード1枚をデッキバウンスする効果を持ちます。

 

 

対象は取るもののカードの種類は問わず除去手段がデッキバウンスであり、汎用素材で出せることも含めて使い勝手が良いのが利点です。

 

 

コストにした手札やリンク素材としたモンスターを活かすことが出来れば、除去をしつつも更なるアドバンテージを稼ぐことも可能でしょう。

 

「アクセスコード・トーカー」(UR

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上
このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。
(2):自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

 

効果モンスター2体以上でリンク召喚でき、チェーンを組ませずに使える自己強化効果と除去効果を持ちます。

 

 

リンク3モンスターを素材にすれば攻撃力は5300となりますし、属性が被っていなければ1ターン中に複数回使用できる除去効果はシンプルに強力です。

 

 

耐性などは持たないため相手ターン中には場持ちが良いとは言いづらいですが、複数回の除去で盤面を切り崩したい時やそのターン中にデュエルを決めに行きたい特のフィニッシャー役としても活躍してくれる強力なカードです。

 

 

リンク召喚を主軸にした展開力の高いデッキだけでなく、上記の「水晶機巧-ハリファイバー」「トロイメア・ユニコーン」を採用した様々なデッキに無理なく組み込める点でも汎用性はかなり高いです。

 

スポンサーリンク
 

まとめ!!

 

【遊戯王マスターデュエル】で汎用性の高い、エクストラデッキのモンスターを紹介してきましたが、今回紹介したモンスターは、どのデッキでも活躍が見込めるモンスターばかりです。

 

今回紹介したモンスターはどれもレアリティが高いモンスターばかりですが、コンボを回したり、デッキの火力を上げてくれるモンスター達なので、エクストラデッキを使うテーマを組むのであれば、持っておいて損のないモンスター達かと思います。

 

今回紹介したカード以外にも、デッキの回転力を上げてくれたり、火力を上げてくれるカードはまだまだ沢山ありますので、テーマデッキを組む際は、エクストラデッキに採用するカードを気にしてみるといいでしょう。

 

今回紹介したカードは、汎用性が高いが故に、相手も使ってくる機会が多いので、それらに対抗出来るカードを意識して、採用してみることをおすすめします。

 

デッキを組む際は、是非今回の内容を参考にしていただければ幸いです。

 

【遊戯王マスターデュエル】で汎用性の高いカードに関しての別途関連記事はコチラ↓

【遊戯王マスターデュエル】安い・低レア(N・R以下)の汎用カード7選を紹介!

【遊戯王マスターデュエル】序盤で生成しておくべき汎用カード10選を紹介!

https://kata0003.net/masterdhueru-yasui-hanyou-18217

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください