「抹殺の指名者」の効果が判明!考案と考察!メタカードとしての性能と今後大会での使用率がヤバそう!?




2019年5月21日発売のVジャンプ 2019年 07 月号から効果が不明であった「抹殺の指名者」の効果が判明しました。

自分のデッキから除外するこのカード色々とやばそうな予感がします!

今回は「抹殺の指名者」について当サイトからも紹介させていただきます。

「抹殺の指名者」の効果の考案と考察!

速攻魔法


このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。


(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
宣言したカード1枚をデッキから除外する。
ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

速攻魔法であり、発動の際にカード名を宣言し、宣言したカードをデッキから除外することが出来ます。

ターン終了時までこの効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じくカードの効果は無効化されます。

速攻魔法と言う点で、相手ターンで使える為、おもな運用方法は相手の発動するカードが自分のデッキに投入されている際にはこのカードを発動する事になります。

スポンサーリンク

封印の黄金櫃

デッキから好きなカードを除外できる点は「封印の黄金櫃」と効果が似ていますが、除外したカード及び元々のカード名が同じくカードの効果が発動出来なくなるので、「不知火」など、除外されることで効果を使うことの出来るモンスターとは相性が悪いです。

オルフェゴール・プライム

大会環境であれば2019年5月現在の環境テーマである「オルフェゴール」「サラマングレイト」であれば、ミラーマッチで「抹殺の指名者」を使えば、相手の動きを牽制することが出来ます。

スポンサーリンク

「抹殺の指名者」と相性の良いカードは?

「神獣王バルバロス」

神獣王バルバロス

自分のデッキから「神獣王バルバロス」を除外する事で「神獣王バルバロス」の効果が無効になり、妥協召喚しても攻撃力3000を維持することが出来ます。

「増殖するG」「灰流うらら」

増殖するG

この2枚は特に使用率が大会に限らず、フリーでも使用率が高く、「抹殺の指名者」が腐りにくくなる利点があります。

しかし、「抹殺の指名者」でこの2枚を除外すると言う事は、当然自身もこの2枚のカードを引ける確率が低くなるので、使う際は状況を見る必要があります。

スポンサーリンク

「D・D・R」

D・D・R

使い方は非常にシンプルでこのカードで特殊召喚したいカードを「抹殺の指名者」で除外し、このカードで特殊召喚します。

至ってシンプルな戦術ですが、注意点としては除外ターン、そのモンスターは効果が使えなくなるので、このカードで特殊召喚したモンスターの効果を使いたい場合は、次のターンをまたぐなどの工夫が必要になります。

「速攻魔力増幅器」

速攻魔力増幅器

自分の墓地のこのカード以外の速攻魔法をデッキに戻す効果を持っており、「抹殺の指名者」を墓地からデッキに回収できる上に、相手依存になるものの、このカードが相手によって破壊された場合に「抹殺の指名者」をサーチすることが出来ます。

「抹殺の指名者」のコストにしたい汎用性の高い速攻魔法をデッキに戻すこともできるので相性が良いです。

例をあげるのであれば、「墓穴の指名者」が最も大会などでも使用率が高いのでは無いかと思います。

スポンサーリンク

「抹殺の指名者」に対してのTwitterの反応は?

効果が判明する前から話題沸騰だっただけに効果判明後はTwitterのトレンドになるなどそのヤバさ加減が伺えます「汗」

また面白いことに「刻印の調停者」が「抹殺の指名者」のメタカードになると言ったつぶやきも多く、今後「刻印の調停者」が注目を浴びそうな予感です!

「抹殺の指名者」やばい?まとめ!

やばいかどうかは別として、今後環境で使われることは間違えないかと思います。

単純に効果を無効化したいだけであれば、「神の宣告」などコストは払わなくてはいけないものの、スペルスピード3である上に確実性が高いです。

しかしミラーマッチでの使用や手札誘発に対応している数少ないメタカードとして今後サイドデッキに投入される可能性は非常に高いカードの為、大会プレイヤーであれば、売り切れる前に数枚は確保した方が良いかもしれないです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする