「エンディミオン」カードをサーチしつつ魔力カウンターを溜めろ!「魔力統轄」を考察して相性の良いカードを考案!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

201939日に発売予定のストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-に新規カードとして「魔力統轄」が収録します。リメイク前のストラクチャーデッキに収録されていた「魔力掌握」を意識した効果とカードイラストをしていますが、その性能について詳しく考察していきます。

「エンディミオン」カードをサーチ!?「魔力統轄」の考案と考察

通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。

その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードに、 自分のフィールド・墓地の「魔力統轄」「魔力掌握」の数まで可能な限り魔力カウンターを置く事ができる。

カード名ターン1で発動できる通常魔法カードです。

デッキから「エンディミオン」カード1枚をサーチし、その後自分フィールドの魔力カウンターを置けるカード1枚に自分のフィールド・墓地の「魔力統轄」「魔力掌握」の数まで可能な限り魔力カウンターを置けるという効果です。

まずデッキから「エンディミオン」カードをサーチする効果ですが、同時収録されるカードも含めればサーチ先候補として有力なのは「エンディミオン」ペンデュラムモンスターまたはフィールド魔法の「魔法都市エンディミオン」、永続魔法の「魔法都市の実験施設」等が挙げられます。

魔力カウンターを乗せられる効果もありますので、魔力カウンターを置けるカードを自分フィールドに用意した後で発動したほうが良いでしょう。

次に魔力カウンターを置ける効果ですが、自分フィールドの「魔力統轄」も参照するため発動したこのカードも数にカウントされます。

それに加えてこのカード自体が魔法カードなので「魔法都市エンディミオン」等魔法カードの発動が条件のカードがあれば魔力カウンターが2つ置かれます。

サーチした「エンディミオン」魔法カードの発動、もしくはペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンにセットすることにより更に魔力カウンターを溜められます。

墓地にこのカードと同名カードか「魔力掌握」があれば更に魔力カウンターを乗せられますが、どちらもカード名ターン1でしか発動できない点には注意が必要です。

気を付けなければならないことはありますが、サーチしつつも魔力カウンターを置けるというアドバンテージは優秀なので上手く使いこなせればデッキ運用の要としても使用できます。

スポンサーリンク

「魔力統轄」と相性の良いカードをピックアップ!

「エンディミオン」ペンデュラムモンスター

スポンサーリンク

「創聖魔導王 エンディミオン」以外はペンデュラム効果で自身に置かれている魔力カウンターを3つ取り除くことでモンスターを展開できる効果を持っています。

特に「サーヴァント・オブ・エンディミオン」はデッキからの展開が出来ますので、「サーヴァント・オブ・エンディミオン」をセットした後に「魔力統轄」を発動することで素早く展開に繋げられます。

また自分フィールドにある程度魔力カウンターがあるならば「魔力統轄」でサーチした「創聖魔導王 エンディミオン」を自身の効果で特殊召喚して除去を狙えます。

王立魔法図書館

「王立魔法図書館」

魔法カードが発動する度に自身に魔力カウンターを1つ置く効果、このカードに置かれていた魔力カウンターを3つ取り除くことで1枚ドローする効果を持っている下級モンスターです。

墓地に「魔力統轄」「魔力掌握」がなくても「魔力統轄」とサーチした「エンディミオン」カードを使うことで魔力カウンター3つは溜められるので、1枚ドローに繋げられます。

またドロー効果はターン1制限がないため、魔力カウンターさえ溜められればドローソースとして活用が出来ます。

1ターンに1度ではありますが「魔法都市エンディミオン」から代わりに魔力カウンターを取り除くことも出来ますので使いやすいです。

攻撃力が0なので効果使用後はリンク素材などにすると良いでしょう

アーカナイト・マジシャン

「アーカナイト・マジシャン」

自身に置かれた魔力カウンターの数だけ自己強化する効果、ターン1制限なしで自分フィールドの魔力カウンターを1つ取り除くことで相手フィールドのカード1枚を破壊する効果があるレベル7シンクロモンスターです。

「魔法都市エンディミオン」等の魔法カードの発動時に魔力カウンターを置ける永続魔法・罠カードが存在する場合に「アーカナイト・マジシャン」を出し、「魔力統轄」を使うことで攻撃力の向上や除去枚数の増加を狙えます。

上手く使えれば攻撃力3400でありつつも相手フィールドのカードを複数枚除去できるのでフィニッシャーとしても十分機能します。

「魔力統轄」で魔力カウンターデッキは大幅強化か!?

サーチをしながら魔力カウンターを置けるという点は「魔力掌握」と同じですが、「魔力統轄」はサーチしたカードを使って更なる展開に繋げられるという確かなメリットが存在します。

ただ魔力カウンターを複数個置きたいのであれば、「魔導加速」の方が速攻魔法であることも含めて優秀です。

ですので「魔力統轄」を採用するのであればサーチできる「エンディミオン」カードの組み合わせ等にも注目すべきかと思われます。

逆に言えば「エンディミオン」カードさえ採用しているのであればサーチ兼魔力カウンター稼ぎとして使えるため、サーチしたい「エンディミオン」カードがあるならとりあえず採用しても損はないでしょう。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR ロード・オブ・マジシャン