【光天のマハー・ヴァイロ】効果の考察と相性の良いカードは?リメイク版の気になる評価は?

20201031日に発売予定の基本パック、ブレイジング・ボルテックスにて「光天のマハー・ヴァイロ」が収録されることが判明しました。

今回は「マハー・ヴァイロ」のリメイクカードとなる「光天のマハー・ヴァイロ」について考察していきます。

あのカードがリメイク!【光天のマハー・ヴァイロ】の効果考察!

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻1550/守1400
(1):このカードは、このカードの装備カードの数によって以下の効果を得る。
●1枚以上:このカードの攻撃力は、このカードの装備カードの数×1000アップする。
●2枚以上:相手はバトルフェイズ中にモンスターの効果を発動できない。
●3枚以上:このカードを対象とする相手の効果が発動した時、
自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。
●4枚以上:相手はバトルフェイズ中にカードの効果を発動できない。
●5枚以上:このカードが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

「光天のマハー・ヴァイロ」は光属性・魔法使い族のレベル8モンスターで、元々の攻撃力は1550守備力は1400となっています。

属性・種族・攻守はリメイク元の「マハー・ヴァイロ」と全く同じであり、レベルと効果が大きな差となります。

効果は自身に装備された装備カードの枚数に応じた効果を得るという物になっています。

1枚以上では、装備カードの数×1000の自己強化になります。

マハー・ヴァイロ

リメイク元の「マハー・ヴァイロ」と比べると強化倍率が倍になっており、装備カードとは別に強化が行われるため装備したカード次第では1枚装備するだけで攻撃力3000の大台を超えることも十分可能です。

装備するカードの枚数が増えれば増えるほど攻撃力が強化される反面、相手の魔法・罠カード除去によって弱体化してしまう点には要注意です。

2枚以上では、バトルフェイズ中に相手のモンスター効果の発動を封じます。

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

「オネスト」「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」等の戦闘補助効果だけでなく、「キラー・トマト」等のリクルーターも封殺できるのは利点です。

3枚以上では、自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送ることで自身を対象とするカード効果を無効にできます。

対応できるのは対象を取る効果だけではありますが、相手の除去効果から身を守ったりといった使い方が出来ます。

ターン1指定が無く、自身に装備されていない装備カードもコストに出来る点は覚えておくと良いでしょう。

聖なるバリア -ミラーフォース-(15AY-JPA)

4枚以上では、バトルフェイズ中に相手のカードの効果発動を封じます。

こちらでは魔法・罠カードの発動も封じられるため、攻撃反応型の罠カードを筆頭に様々なカード効果の発動を防ぐことで安全に攻撃を通すことが出来ます。

5枚以上では、自身が相手に与える戦闘ダメージを倍にします。

装備カードを5枚装備しているということは攻撃力が5000上昇しているということであり、攻撃力増加や減少といった効果の装備カードを1枚も装備していなくても攻撃力は6550となっています。

相手をワンショットキルすることも十分可能な火力となり、4枚以上装備しているときの効果等によって攻撃を通しやすいのでフィニッシャーとして活躍出来ます。

以上の効果を踏まえつつ「光天のマハー・ヴァイロ」を使う際にネックとなるのが、

このカードが自己特殊召喚効果を持たない最上級モンスターであること

装備するための装備カードを確保しなければいけない

2つになります。

「光天のマハー・ヴァイロ」を活かすためには上記の両方を意識しながら運用する必要があり、必然的に消耗が激しくなりがちです。

後述する相性の良いカードを使えば消耗を抑えることは可能ではありますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【光天のマハー・ヴァイロ】と相性の良いカードを紹介!

「魔導召喚士 テンペル」

魔導召喚士 テンペル

「魔導書」魔法カードも併用する必要はありますが、「光天のマハー・ヴァイロ」のリクルートを狙えます。

このカード自体は攻守共に高くない下級モンスターであるためサーチやリクルートもしやすく有用です。

ただし、このカードの効果による特殊召喚はデッキからのみとなりますので、手札に来てしまった「光天のマハー・ヴァイロ」を特殊召喚することは出来ない点には要注意です。

「閃光の双剣-トライス」

閃光の双剣-トライス

装備モンスターは攻撃力が500下がる代わりに2回攻撃が可能となります。

「光天のマハー・ヴァイロ」の効果による攻撃力上昇は1枚につき1000ですので、打点向上として機能してくれます。

しかし「光天のマハー・ヴァイロ」にこのカード1枚を装備しただけでは攻撃力20502回攻撃できるモンスターでしかないので、最低でももう1枚は装備カードが欲しい所です。

「ネクロの魔導書」

ネクロの魔導書

「魔導召喚士 テンペル」と同じく他に「魔導書」魔法カードを併用する必要はありますが、墓地の「光天のマハー・ヴァイロ」を蘇生しつつこのカードを装備できます。

墓地肥やしカードや手札コスト等で事前に墓地に送っておいた「光天のマハー・ヴァイロ」を蘇生すれば、装備カード1枚を装備した「光天のマハー・ヴァイロ」を用意することが出来ます。

この状態の「光天のマハー・ヴァイロ」に先述した「閃光の双剣-トライス」を装備すれば攻撃力30502回攻撃可能に加えてバトルフェイズ中の相手のモンスター効果を封じるため火力面でも活躍してくれるでしょう。

【光天のマハー・ヴァイロ】の評価は?まとめ!

装備カードを装備すればするほど強くなり、装備カードとは別に自身の効果で強化される点は正に「マハー・ヴァイロ」のリメイクと言えるでしょう。

しかし最上級モンスターである「光天のマハー・ヴァイロ」を出すことと出来るだけ複数枚の装備カードを用意したいことから、活躍させるには工夫や専用のデッキ構築が求められます。

先述したように「魔導召喚士 テンペル」「ネクロの魔導書」との相性の良さから、「魔導書」デッキなら比較的使いやすいかもしれません。

リメイク元の「マハー・ヴァイロ」と比べた場合、効果が間違いなく強力になった反面使い勝手が悪くなってしまった、というのが総合的な評価になります。


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ BLAZING VORTEX BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1702

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする