儀式モンスター「マジシャン・オブ・カオス」と効果を評価!相性の良いカードも紹介していきます!




20thアニバーサリーボックスのスペシャルパックに儀式モンスターの「マジシャン・オブ・カオス」が収録されることが判明しました。

カードイラストは「ブラック・マジシャン」「マジシャン・オブ・ブラックカオス」を足したような感じになっていてカッコイイこのカードですが、その効果を解説や相性の良いカードなどを考えていきたいと思います。

「マジシャン・オブ・カオス」の効果解説と評価

儀式・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
「カオス・フォーム」により降臨。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「ブラック・マジシャン」として扱う。
(2):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):儀式召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札から「マジシャン・オブ・カオス」以外の「カオス」儀式モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

まずはこのカードのステータスや効果解説をし、その後評価をしていきたいと思います。

「カオス・フォーム」により降臨するレベル7儀式モンスターで、攻守は「ブラック・マジシャン」と同じです。

効果は3つあり、1つ目はフィールド・墓地にいる自身を「ブラック・マジシャン」として扱う効果。

2つ目は1ターンに1度魔法・罠カードが発動したときにフィールドのカード1枚を対象に取って破壊する効果。

3つ目は儀式召喚した自身が戦闘・効果破壊時に手札から「マジシャン・オブ・カオス」以外の「カオス」儀式モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できるという効果です。

「カオス・フォーム」を使えば墓地の「ブラック・マジシャン」を素材にして儀式召喚が可能ですが、素材にした「ブラック・マジシャン」は除外されてしまいますので「永遠の魂」等で蘇生できなくなる点に気を付けましょう。

永遠の魂

まず1つ目の効果ですが、「ブラック・マジシャン」として扱うことで多種類あるサポートカードの恩恵を受けられるようになります。例を挙げると「黒・魔・導」「千本ナイフ」、また墓地でも「ブラック・マジシャン」として扱うので儀式召喚をしていれば「永遠の魂」での蘇生も可能です。

2つ目の効果では魔法・罠カードの発動時に除去効果を使えるので、このモンスターがいるだけで永続魔法に永続罠、フィールド魔法の発動を抑制出来ます。

またこの効果は自分の魔法・罠カードが発動したときにも使える反面、発動した魔法・罠カードを無効には出来ないので相手の除去効果を持つ魔法・罠カードには対抗できません。

3つ目の効果を発動できるという状況なら破壊するカードに自身を選ぶことも可能ですので覚えておきましょう。

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

3つ目の効果で出せる「カオス」儀式モンスターには「カオス・ソルジャー」関連や「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」等が挙げられます。召喚条件を無視して特殊召喚できるのは良いですが、手札にいる必要がある点は注意です。

効果やステータス、このカードを出すために必要なカード枚数などを試行錯誤してみた結果、私個人として評価をさせていただきます。

一言で言えばファンカード感が強い。という評価になります。

採用するデッキとしては「ブラック・マジシャン」「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」を主軸にした儀式デッキが候補に挙がりますが、そのどちらでも出しやすいとはとても言えず出したとしても割に合わない場合がほとんどかと思われます。

しかしその反面、「マジシャン・オブ・ブラックカオス」をモチーフにしたカードイラストや、「マジシャン・オブ・カオス」の効果で「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」に繋げられたりした時にはファンとして嬉しいです。

性能面だけに限れば、モンスター効果で展開することが難しくない最近では主軸に持ってくるのが難しく、3つ目の効果に期待するにも消費が激しいという点が主な短所かと思います。

相性の良いカードは?

「マジシャン・オブ・カオス」を運用するうえで採用したデッキを含めて相性が良いカードを紹介していきます。

儀式の準備

「儀式の準備」

「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」主軸デッキの場合で「マジシャン・オブ・カオス」を採用していれば、レベルが7なので、このカードを使ってサーチが可能です。

また墓地の儀式魔法をサルベージする効果もあるので儀式召喚がしやすくなります。

高等儀式術

「高等儀式術」

「ブラック・マジシャン」デッキに採用した場合、このカードならばデッキから「ブラック・マジシャン」を墓地に落としつつ儀式召喚が可能です。墓地に送った「ブラック・マジシャン」「永遠の魂」等で蘇生すれば盤面が揃います。

黒の魔導陣

「黒の魔導陣」

発動処理時の効果で「マジシャン・オブ・カオス」を手札に加えることは出来ませんが、「マジシャン・オブ・カオス」の儀式召喚時には相手フィールドのカード1枚を除外することも出来ます。

まとめ

性能は今一つといった感じでしたが、カードイラストは文句なしにカッコイイですのでファンとしては1枚は欲しくなってしまいます。

また「ブルーアイズ・ドラゴン」「カオス」儀式モンスターが2種類いるので、「ブラック・マジシャン」「カオス」儀式モンスターももしかしたらもう1種類出る可能性(「マジシャン・オブ・ブラックカオス」をカウントしない場合ですが)が無きにしも非ずなので期待して待ちます。。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    コメント失礼します
    黒の魔道陣の発動事効果の記述で「マジシャン・オブ・カオス」を手札に加えられるとのことですが、マジシャンオブカオスはフィールドまたは墓地のに存在する際にブラックマジシャンとして扱うので手札にはくわえられないかと、それから儀式の準備の記述ですがカオスMAXではなくマジシャンオブカオスの間違いではないかと

    • kata-0003 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます。
      黒の魔導陣ですが、加えられるのは「ブラックマジシャン」と名のついた魔法と罠なのでマジシャンオブカオスは手札には加えられませんでした。

      申し訳ございません。

      カオスMAXの方は、カオスMAXを主軸にしたデッキで「このカード」とはマジシャンオブカオスを採用したと仮定しマジシャンオブカオスのことを指しております。

      コチラについても、分かりやすく訂正させていただきます。