「機械じかけのマジックミラー」の効果考察!相性の良いカードや「オベリスクの巨神兵」との組み合わせの評価は?

2021921日~20211031日までに各種コナミ公式ショップなどで予約を受け付けている完全受注生産品、遊戯王OCGデュエルモンスターズ 25thアニバーサリーアルティメット海馬セットにて登場する新規カードの内の1「機械じかけのマジックミラー」の詳細が判明しました。

そこで今回は「機械じかけのマジックミラー」についての考察や相性の良いカードについてなどを紹介していきます。

「機械じかけのマジックミラー」の効果考察!

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に、相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
(2):墓地のこのカードを除外し、手札及び自分フィールドにセットされたカードの中から、
「死者蘇生」1枚を墓地へ送って発動できる。
自分の墓地から「オベリスクの巨神兵」1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
この効果を相手ターンに発動した場合、
このターンこの効果で特殊召喚したモンスターが自分フィールドに存在する限り、
攻撃可能な相手モンスターはそのモンスターを攻撃しなければならない。

「機械じかけのマジックミラー」2つの効果を持つ通常罠カードです。

1つ目の効果は、相手モンスターの攻撃宣言時に相手の墓地の魔法カード1枚を自分フィールドにセットするというものです。

ハーピィの羽根帚

「ハーピィの羽根帚」「墓穴の指名者」等の汎用性のある魔法カードが相手の墓地にあるなら自分も活用出来ますし、相手のデッキ次第ではテーマ魔法カードを自分フィールドにセットすることで再利用を防ぐことも可能です。

相手の墓地に「死者蘇生」があったなら2の効果のコストに使うことも出来ます。

暗黒の魔再生

この効果は「暗黒の魔再生」1の効果と全く同じであり、2の効果でサポートするモンスターが異なるというのが大きな違いになっています。

オベリスクの巨神兵

2つ目の効果は、墓地の自身を除外し手札及び自分フィールドにセットされたカードの中から「死者蘇生」を墓地へ送ることで発動でき、「オベリスクの巨神兵」1体を守備表示で蘇生し相手ターン中にこの効果を使った場合相手に攻撃を強制するというものです。

「死者蘇生」をコストとして必要とするため、自分のデッキに採用するのはもちろん1の効果で相手の墓地から自分フィールドにセットした「死者蘇生」を使うことになります。

「オベリスクの巨神兵」を蘇生しますが、自分のターンに蘇生したいのであれば「死者蘇生」をこのカードのコストに使わずそのまま発動すれば良いため、相手ターン中に「オベリスクの巨神兵」を蘇生したい場合にこの効果を使うというのが主な運用法になるでしょう。

「オベリスクの巨神兵」は守備表示で蘇生されますが、元々の守備力は4000あるため攻撃を強制することで相手に反射ダメージを与えることが狙えます。

元々対象耐性を持つ「オベリスクの巨神兵」ですが、相手に対象を取らない除去を使われたり攻撃力4000を超えるモンスターで攻撃されると突破されてしまいます。

この効果自体はフリーチェーンで発動出来る点を利用し、相手のバトルフェイズ中に発動すれば不意を突いて「オベリスクの巨神兵」に攻撃を強制して反射ダメージを与えられる確率が上がります。

蘇生した「オベリスクの巨神兵」は自身の効果でエンドフェイズに墓地へ送られてしまうため、維持するのは難しいでしょう。

「機械じかけのマジックミラー」と相性の良いカードを紹介!

「千年の啓示」


遊戯王 第11期 DP24-JP006 千年の啓示【スーパーレア】

手札の幻神獣族モンスターをコストにすることで「死者蘇生」をサーチ・サルベージ出来る永続魔法カードです。

このカードのコストに「オベリスクの巨神兵」を使えば、「機械じかけのマジックミラー」2の効果の発動条件が揃います。

ただサーチ・サルベージした「死者蘇生」を自分のターンに発動しないこと等から、「機械じかけのマジックミラー」の存在が警戒されてしまう可能性もあります。

D2シールド」


遊戯王 STBL-JP063-N 《D2シールド》 Normal

自分フィールドの表側守備表示モンスターの守備力を倍にする通常罠カードです。

「機械じかけのマジックミラー」の効果で蘇生した「オベリスクの巨神兵」に攻撃を強制し、このカードで「オベリスクの巨神兵」の守備力を8000にすることでより大きな反射ダメージを与えられます。

「クロスカウンター」


遊戯王カード 【 クロスカウンター 】 EE3-JP169-R 《エキスパートエディションVol.3》

相手への反射ダメージを倍にし、攻撃モンスターを破壊する通常罠カードです。

こちらも同じく「機械じかけのマジックミラー」で蘇生した「オベリスクの巨神兵」を使った反射ダメージ増加に使えます。

こちらは攻撃モンスターの破壊も出来るため、反射ダメージを与えつつも除去が狙えます。

「スキルドレイン」


【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 20AP-JP025 Skill Drain スキルドレイン (ノーマル・パラレル)

フィールドのモンスターの効果を無効化する永続罠カードです。

このカードの発動下であれば、特殊召喚した「オベリスクの巨神兵」はエンドフェイズに自壊せずに済みます。

「機械じかけのマジックミラー」「オベリスクの巨神兵」を壁として使い、自壊を免れた「オベリスクの巨神兵」で次の自分のターン攻撃することが狙えます。

「ナイトメア・デーモンズ」

ナイトメア・デーモンズ

自分フィールドのモンスター1体をコストにすることで、相手フィールドに攻撃表示のトークン3体を生成する効果の通常罠カードです。

トークンの攻撃力は2000ですので、「機械じかけのマジックミラー」で蘇生した「オベリスクの巨神兵」3体で攻撃させることで計6000ダメージを相手に与えられます。

デュエル中盤以降であればこの反射ダメージで相手のライフを0に出来ることもあり得るでしょう。

「機械じかけのマジックミラー」と「オベリスクの巨神兵」の組み合わせの評価は?まとめ!

「機械じかけのマジックミラー」「オベリスクの巨神兵」専用の「暗黒の魔再生」とも言える性能をしていますが、元々の攻守が高い「オベリスクの巨神兵」は壁としても十分運用が可能だと評価できます。

とはいえ「オベリスクの巨神兵」を相手ターン中に蘇生して壁に使いたいのであれば「絶対なる幻神獣」も似た動きが出来るため、どちらの方が自分のデッキと相性が良いのかは慎重に検討すると良いでしょう。

完全受注生産品、遊戯王OCGデュエルモンスターズ 25thアニバーサリーアルティメット海馬セットにて登場する他の新規カードの効果考察はコチラ↓

2021年9月21日~2021年10月31日までに各種コナミ公式ショップなどで予約を受け付けている完全受注生産品、遊戯王OCGデュエ...
2021年9月21日~2021年10月31日までに各種コナミ公式ショップなどで予約を受け付けている完全受注生産品、遊戯王OC...