「時の魔導士」の効果考察と相性の良いデッキ・カードを紹介!破壊確定は強力!!

2020521日に発売予定のVジャンプ7月号の応募者全員サービスで「時の魔導士」が収録されたスペシャルパックを手に入れることが出来ます。

そこで今回は効果詳細も判明した「時の魔導士」について紹介したいと思います。

「時の魔導士」の効果考察!

融合・効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻2000/守1900
「時の魔術師」+効果モンスター
(1):1ターンに1度、このカードが融合召喚されている場合に発動できる。
コイントスを1回行い、裏表を当てる。
当たった場合、フィールドのモンスターを全て破壊し、
相手は表側表示で破壊されたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。
ハズレの場合、フィールドのモンスターを全て破壊し、
自分は表側表示で破壊されたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。

時の魔術師

レベル5の光属性・魔法使い族融合モンスターで、攻撃力は2000、守備力は1900です。

融合素材は「時の魔術師」+効果モンスターになっています。

レベルが5であるため「簡易融合」での特殊召喚が可能であり、効果だけでなく属性やレベルを利用したいとき等にも候補として挙げられます。

融合素材は「ミレニアム・アイズ・サクリファイス」と似ており、このカードの場合は低ステータス故ににサーチも難しくない「時の魔術師」がいれば残りの融合素材は効果モンスターであれば何でも良いと緩いです。

とはいえ正規の召喚方法では消費がかさみやすいので後述する相性の良いカード等と併せたほうが良いでしょう。

肝心の効果ですが、1ターンに1度融合召喚されている場合に発動でき、コイントスを1回行い裏表を当てます。

当たった場合はフィールドのモンスターを全て破壊し表側表示で破壊されたモンスターの攻撃力の合計の半分ダメージを相手に与え、ハズレの場合はフィールドのモンスターを全て破壊し表側表示で破壊されたモンスターの攻撃力の合計の半分ダメージを自分が受けるという物です。

つまるところフィールドのモンスターを全て破壊し、コイントスの成否によってどちらかのプレイヤーがダメージを受けるということになります。

コイントスが当たっても外れてもモンスターの全体破壊が出来る点はリメイク前である「時の魔術師」よりも強化されたとも言えます。

加えて破壊したモンスターの攻撃力の合計の半分のダメージを自分か相手に与えるという点は「時の魔術師」よりダメージが大きくなりやすいため、どちらに転んでも決定打になり安くなりました。

破壊されるのは自身も含まれるため与えるダメージは最低でも1000であり、相手フィールドに切り札級のモンスターやエース級のモンスターが複数体いるなら3000以上のダメージにもなり得るでしょう。

フィールドのモンスターを全て破壊したいだけなら「ブラック・ホール」があります。

簡易融合

しかしこちらはサーチも可能な「簡易融合」11000のライフコスト有り)から出せますし、「簡易融合」を使う際の特殊召喚先の候補を増やして対応力を上げるという意味でも一定の利用価値があります。

スポンサーリンク

「時の魔導士」と相性の良いデッキ・カードを紹介!!

エクストラデッキの枠が空いているデッキ

簡易融合

テーマやカテゴリ次第ではデッキ構築の際にエクストラデッキの枠が余る物がそれなりにあります。

使えそうな汎用エクシーズや汎用リンクモンスターを採用するのが無難な所ですが、「簡易融合」とその特殊召喚候補をセットで採用するというのも一つの手です。

「簡易融合」から出せる融合モンスターは様々で、相手モンスター1体を破壊を介さずに除去できる「サウザンド・アイズ・サクリファイス」「月の書」効果を内蔵した「召喚獣ライディーン」等が特に有用です。

「時の魔導士」はその「簡易融合」で出したい候補としても有力で、ダメージ与えられるかは運次第になるものの効果を使えれば確定でモンスターの全破壊が出来るため相手の有利盤面のリセットや切り返しとして使って行けるでしょう。

「パラサイト・フュージョナー」

パラサイト・フュージョナー

カード名を指定する融合素材の代用として使える効果と特殊召喚成功時に自身を含む自分フィールドのモンスターを使って融合召喚できる効果を持った下級モンスターです。

カード名を指定しながらももう片方の素材が緩い「時の魔導士」とは相性が良く、消費を抑えて融合召喚するのに貢献してくれます。

そのためにも「パラサイト・フュージョナー」を特殊召喚できる効果モンスターと併せるのが推奨され、手札からなら「ゴブリンドバーグ」「切り込み隊長」が代表的です。

また「金華猫」なら事前に墓地へ送っておいた「パラサイト・フュージョナー」を蘇生することで実質手札消費1枚から「時の魔導士」の融合召喚を狙えます。

加えて言うなら「金華猫」「パラサイト・フュージョナー」の組み合わせでは「時の魔導士」以外にも融合召喚が狙え、相手モンスターの効果発動をトリガーに相手モンスターを装備できる「ミレニアム・アイズ・サクリファイス」や全体強化によって実質攻撃力3000「デーモンの顕現」といった物が候補になります。

スポンサーリンク

「時の魔導士」の評価は?まとめ!

全体破壊効果を確定で使える点は強力ではあるものの、ダメージの量はフィールド次第ですし相手にダメージを与えられるかは運次第と二重に安定しないのが欠点ではあります。

「時の魔術師」のリメイクカードだからこそとも言えるハイリスクハイリターンなカード、というのが総合的な評価になります。

ちなみに「百年竜」を融合素材にすることで「時の魔導士」自身の効果破壊から守って直接攻撃を狙うことも出来ますが、消費枚数という点では「簡易融合」による使い切りの一掃効果としての運用の方が現実的かもしれません。

「百年竜」の考察についてはコチラ!

2020年5月21日に発売予定のVジャンプ7月号に付属される「百年竜」の詳細が判明しました。 アニメ遊戯王DMでは「時の魔術師...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする