ラッシュデュエルはつまらない?現在までの感想と今後について考察!

20204月から新しいカードゲーム、遊戯王ラッシュデュエルが始まりました。

遊戯王OCGとはルールもカードも異なる別のカードゲームとなっているラッシュデュエルですが、実際に遊んでみた感想や今後について考えていきたいと思います。

ラッシュデュエルはつまらない?現在までの感想は?

まず知らない人に向けてラッシュデュエルと遊戯王OCGの違いを簡単に説明すると、

・フィールドはスピードデュエルと同じ(モンスターゾーンと魔法&罠ゾーンが3つずつ)

・ドローフェイズには手札が5枚になるようにドロー(手札は4枚スタートで先攻ドロー有り)

1ターンに何度でも通常召喚可能・遊戯王OCGでいうスタンバイフェイズとメインフェイズ2は無し

・ルール上モンスター効果は全て表側表示でいる限り1ターンに1度使用可能ということです。

20203月以前にラッシュデュエルの情報が公開された時点では、

「子供向けの遊戯王ってことか」

「遊戯王OCGへの入門編?」

「大量ドロー&連続召喚ってゲームバランスは大丈夫なのかこれ」

「アニメも対象年齢下げてるしつまらないのかも」

「遊戯王オワタww」

等の様々な憶測や想いが飛び交っていました。

これを書いている私も遊戯王の新たなカードゲームということで期待半分不安半分の気持ちでしたが、何はともあれ実際にやってみなくては始まらないので購入し友人とプレイしてみました。

率直な感想として、遊戯王OCGとは違った方向でかなり楽しめました。

昨今の遊戯王OCGでは複雑な効果や多種多様な召喚方法によって1ターン中に出来ることが非常に多く、ソリティア(一人でずっとコンボをしていることから)という言葉が定着してしまうほどです。

その分複雑なコンボの構築や相手への妨害などといった様々な戦略性が生まれているのですが、初心者からすれば何が何やらといった感じではありました。

それに対してラッシュデュエルを実際に遊ぶと特に感じることとして、遊戯王ではあるが遊戯王OCGとは全くの別物、ということです。

大量ドローと連続召喚により、プレイング次第では逆転に次ぐ逆転を何度も行うことが出来ます。

単純な攻守による高レベルモンスター同士のぶつかり合い魔法・罠カードやモンスター効果を使うことでの形勢逆転相手の戦略を予測した上での攻防といった遊び方からは昔からある遊戯王を感じます。

それに加えてラッシュデュエルは大量ドローと連続召喚によって場の硬直がほぼ無く、魔法・罠カードや効果モンスターの持つ効果がいずれもシンプルである故に既存のスピードデュエルよりもずっとスピーディーに盤面が変化していきます。

せっかく出したエースモンスターが次の相手ターンにはやられることが珍しくないどころか普通という点は賛否あると思いますが、それも含めて逆転すること自体のハードルの低さがポイントなのではないかと思います。

シンプルという点が目立つものの戦略性が無いというわけでは決してなく、相手の伏せカードを読んで対策をとったり、大量ドローをするために手札を消費するにしても手札のカードのどれをフィールドに出しどれを手札コストにするか、等の戦略を立てることはデュエルの勝敗にも大きく影響してきます。

あくまで私個人の感想ではありますが、現状のラッシュデュエルを鑑みるに遊戯王OCGの入門編になるということはほぼ無さそうです。

ラッシュデュエルのスピーディーさが好きな人にとっては遊戯王OCGのルールや効果の複雑さは面倒に感じるでしょうし、遊戯王OCGの複雑な戦略性が好きという人は効果がシンプルなラッシュデュエルはすぐに飽きてしまうかもしれません。

もちろんこれはこれで面白いというようにどちらも楽しめる人も少なからずいるかと思いますが、ラッシュデュエルから始めて遊戯王OCGもやってみようと思うかどうかは好みや向き不向きも大きいのかなと感じました。

スポンサーリンク

ラッシュデュエルの今後どうなるかを予想!期待はあり?

現状のラッシュデュエルはカードパワー的にもバランスがある程度は整っているかと思われます。

ダーク・リベレイション

性能の強さに関しては「ダーク・リベレイション」が挙げられやすいですが、魔法・罠カードの事前除去をして排除したり、「ダーク・リベレイション」の発動条件が既に満たされているのであれば警戒して場に出したモンスターの内1体を守備表示にしておいてから攻撃する等といった対策を取ることは可能です。

魔将ヤメルーラ

モンスター同士の戦闘に関しても、「魔将ヤメルーラ」等の一部を除き「セブンスロード・マジシャン」「連撃竜ドラギアス」を筆頭にしたほとんどの高レベルモンスターは自分のターンに強みを持つモンスターなので、その点も逆転しやすさに繋がっていると思われます。

これらの要素が今後どうなるかですが、個人的な願望としてはラッシュデュエル特有であるスピーディーさや逆転のしやすさは維持していってほしいです。

それがラッシュデュエルが重視すべき点、だと私は思っているので今後もその方針でカードプールを増やしていくのではないかと予想します。

ラッシュデュエルも遊戯王OCGと同じように最初はシンプルだったけど次第に……となる可能性があることについては否定しきれません。

ただラッシュデュエルの場合大量ドローと連続召喚が前提に存在するため一度インフレが始まったら手が付けられなくなりそうではあります。

今はドラゴン族デッキ魔法使い族デッキが主流ですが、今後カードプールが増えていくことで色々なテーマデッキの構築が可能になるはずなので期待は出来るかと思います。

ラッシュデュエルはつまらない?現在までの感想と今後について考察のまとめ!

ラッシュデュエルについては、現在の時点でも賛否両論はあるものの、遊戯王OCGとまた違った切り口として見れば、楽しいというのが結論になります。

シンプルながら、奥の深いゲーム性があるので、「久しぶりに遊戯王に復帰したいけど、今の遊戯王が全然分からない」という人は、あえてラッシュデュエルから復帰してみても面白いのではと考えるほどです。

2020年8月現在はコロナウイルスの影響も拡大しており、アニメの収録が出来ない新商品の発売が遅れるなど、逆風からのスタートになりましたが、今後のアニメの展開や商品展開によってはファンが増えることも十分に考えられます。

ラッシュデュエル自体は、遊我とルークのストラクチャーデッキが安く手に入れることが出来るので、やろうか迷っている方はとりあえず、体験版としてデッキを買ってみて遊んでみると良いでしょう。


遊戯王ラッシュデュエル デッキ改造パック 幻撃のミラージュインパクト!! BOX


遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン- BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする