ラッシュデュエルのルールが公開!!ルールの評価と展開の考察!!

4月スタート予定の遊戯王の新アニメ、遊戯王SEVENSの放送と同時期に始まる全く新しいデュエル、ラッシュデュエルのルールに関する情報が公開されました。

今回は公開されたルールをおさらいして考察していきたいと思います。

ラッシュデュエルのルール公開!ルールについて率直な感想は?

まずは今回公開されたラッシュデュエルの基本となる情報を挙げつつ、それに対しての感想を書かせていただきます。

デッキの枚数は40枚~60

すでに判明していた情報にもあった大量ドローのことがあるのでデッキ枚数はOCGと変わらずで良いかと思います。

スポンサーリンク

初期手札は4

OCGよりも1枚少なくなっています。

詳しくは後述しますが、ラッシュデュエルでは先攻ドローあるため基本的にお互いのプレイヤーはドロー後は手札5枚でプレイングを行うことになるようです。

初期ライフは8000

連続召喚のことがあるため、ライフ8000スタートは正しいと思います。

ルールの都合上モンスター複数体での総攻撃も十分あり得るため、ある程度相手の攻撃に耐えられるライフである8000は妥当かと思います。

デュエルフィールドはモンスターゾーンと魔法&罠ゾーンが3つずつ(エクストラモンスターゾーンは無し)

デュエルフィールドだけで言えば、遊戯王デュエルリンクスの方に実装されているものと全く同じと言えます。

エクストラデッキも存在するので、ラッシュデュエルで将来的に融合やシンクロ等を出す予定もあるのでしょうか。

ドローフェイズでは手札が5枚になるようにドロー

事前に情報が明かされていたラッシュデュエルの目玉となる特徴の一つです。

これによってどれだけ手札を使っても次の自分のターンには手札5枚で始められるため、消費を恐れずにどんどんカードを使っていけます。

とはいえ、モンスターゾーンと魔法&罠ゾーンは3つずつなのでフィールドに置けるカードの数に限りがある点は良いバランスと言えます。

先攻1ターン目もドロー

これによって先攻1ターン目も手札5枚から始められます。

スタートの手札枚数が同じになるため、先攻は準備が出来て後攻は攻撃が出来るとなりフェアな攻防が行われやすいかと思います。

手札が5枚以上の場合でも必ず1枚ドローする

毎ターン手札が5枚になるようにドローしていることもあり、ドローソースカードを使わない限りあり得る状況としては自分のターンに手札を1枚も使わずに次の自分のターンを迎えた時です。

フィールドの状況や戦況次第ではあり得ると思うので覚えておいた方が良いでしょう。

手札の上限枚数は無し

上記のルール等で手札が6枚以上になることも想定されており、大量ドローが一つの売りとなっている以上必要で尚且つプレイヤーには有難いルールとなっています。

手札からモンスターを何回でも通常召喚できる(呼び方は連続召喚?)

事前に公開されたラッシュデュエルの大きな特徴の一つです。

手札からモンスターを好きなだけ召喚できるため、モンスターを複数体並べて総攻撃をしたり下級モンスターを並べて上級モンスターを出すために繋げることが容易です。

多い手札を存分に活かしながらも手札に温存しておきたいカードを選択したりすることでそこに戦略も生まれるので良いと思います。

スタンバイフェイズとメインフェイズ2は無し

OCGでもスタンバイフェイズに発動できるカードが無い限りスタンバイフェイズに出来ることは無かったので、これに関してはルールの分かりやすさを向上させるという意味でも撤去は英断かと思います。

メインフェイズ2が無いのはデュエルリンクスと同じなので、バトルフェイズに入る前にしっかり準備をしておくと良いでしょう。

ラッシュデュエルのモンスター効果は全て1ターンに1


モンスター効果の方には記載されていませんが、ルールによってモンスター効果はフィールドに表側表示で存在する限り1ターンに1度ずつ効果を発動できるという決まりになっています。

モンスター効果の多用や処理の分かりにくさを取り除いた結果だと思われますし、大きな改善点だと思います。

カード効果の発動条件と効果が明記されている


OCGで分かりにくさの代表として挙げられることも多いコストと効果の違いですが、ラッシュデュエル用のカードでははっきりと記載することで単純明快になっています。

非常に有難い変更であり、ラッシュデュエルのルールではありませんが改善点として紹介させていただきました。

ラッシュデュエルではどんな展開が予想される?

現状ラッシュデュエルで使用できるカードの何枚かの情報が判明しており、それらを踏まえた上で予想していきます。

開始初期ということもあってなのか、通常モンスターは多めになりそうではあります。

また現状判明しているモンスター効果や魔法カードは条件として手札コストなどを要求しています。

大量ドローがあるため発動すること自体に苦は無くとも、どのカードをコストにするかという点は戦略にも繋がる大事な要素だと思います。

ただ連続召喚でモンスターをたくさん出して攻撃すればいいというわけではなく、モンスター効果や魔法カードを使っていくことで形勢逆転も出来るでしょう。

それでも手札次第ではモンスターを好きなだけ召喚できる点は見栄えもしますし、大量ドローによってカードの入れ替わりも多くなることもあって激しい攻防によりお互いにライフを着実と削り合うような展開になるのではないかと予想できます。

大量ドローと連続召喚でモンスターをセットし続ければデュエルを長引かせられてしまうのではないかという危惧もありましたが、現在判明しているモンスターには表示形式変更効果であったり連続攻撃効果を持っているものもあるため対策としては充分かと思います。

ラッシュデュエルのルールについての感想!

どのようなルールになるのか期待半分不安半分で続報を待っていましたが、私の感じた通り子供や遊戯王未経験者が入りやすくなるように“分かりやすさ”を重要視したデュエルになるようです。

前述もしたように大量ドローしたカードをどのように使っていくか考える必要もあり、しっかりカードゲームとしての戦略的駆け引きが行われつつ分かりやすさもあるデュエルになりそうなのは良かったです。

この新しいデュエルであるラッシュデュエルをアニメ遊戯王SEVENSでどのようにPRしていくかが新規参入のために重要になると思うので、アニメへのプレッシャーも大きくなるでしょう。

今回の新アニメ新デュエルをきっかけに遊戯王ユーザーが増えてくれたら私個人としても嬉しい限りです。

コチラの記事も読まれております!

4月放送スタート予定の遊戯王の新アニメ情報が公開されました。 ラッシュデュエルという新たなデュエルの内容も明かされたので、私個...
2020年4月から新たな遊戯王シリーズ「遊戯王セブンス」が放送開始になります。 今回の遊戯王の主人公は初の小学生と言う事で主人...
遊戯王の新シリーズが2020年に放送が決定しました! 今回の遊戯王は7作目ということでメインのキャラクター画像と声優さんが公開...
2020年4月に遊戯王シリーズ7作目である「遊戯王セブンス」が放送開始されます。 今回の遊戯王は今までの世界観とは異な...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする