「ロイヤルデモンズ」デッキレシピと回し方を紹介!ロアの悪魔族テーマ!【ラッシュデュエル】

「ロイヤルデモンズ」とは、アニメ遊戯王SEVENSにて霧島ロアが使用する悪魔族テーマです。

今回はそんな「ロイヤルデモンズ」デッキレシピとその回し方を紹介していきます。

「ロイヤルデモンズ」デッキレシピの紹介!

モンスターカード

「ロイヤルデモンズ・グルーピー」×3

「ロイヤルデモンズ・フェイザー」×3

「ロイヤルデモンズ・シャウト」×2

「ロイヤルデモンズ・デスヴォイス」×1

「ロイヤルデモンズ・ノーウェイブ」×3

「ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル」×2

「ロイヤルデモンズ・デスドゥーム」×3

「ティタンの末裔」×3

「デーモンの呼び笛」×2

「宮殿のガーゴイル」×3

魔法カード

「ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ」×2

「ロイヤルデモンズ・コマンド」×2

「悪星の導き」×3

「魔人の熱風」×2

「手札抹殺」×1(レジェンドカード)

罠カード

「激唱デモンズロック」×2

「キングス・ディグニティ」×3

「ロイヤルデモンズ」デッキの回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては、下級モンスターや専用サポートカードで準備を整えていくことで強力な効果と高いステータスを誇る最上級モンスターに繋いで戦っていくというものです。

手札抹殺

今回紹介したデッキレシピではレジェンドカードとして手札交換&墓地肥やしで蘇生等をしやすく出来る「手札抹殺」を採用していますが、レベル6にして最上級モンスター級の攻撃力を持つ悪魔族モンスター「デーモンの召喚」を採用した構築にするのも有りです。

デッキの回し方ですが、まずは「ロイヤルデモンズ」最上級モンスターを活かすための準備を整えていきます。

「ロイヤルデモンズ」最上級モンスターは高レベルモンスターをリリースしてアドバンス召喚した場合に真価を発揮するため、出来るだけ少ない消費で高レベルモンスターを展開していくことを意識することになります。

ロイヤルデモンズ・フェイザー

効果で自身のレベルを上げられる「宮殿のガーゴイル」や条件を満たすことで墓地の高レベルモンスターを蘇生できる「デーモンの呼び笛」「ロイヤルデモンズ・フェイザー」を活用していくと消費を抑えていけます。

悪魔族の下級モンスターはいずれもステータスがあまり高くないため、攻勢に出る際には上級モンスターで戦闘を行っていき、下級モンスターはリリースや壁等として利用していくと良いでしょう。

ロイヤルデモンズ・ノーウェイブ

また光属性・悪魔族の通常モンスターを墓地に溜めておくことで、優秀な効果を持つ「悪星の導き」「キングス・ディグニティ」を使っていけるため積極的に墓地肥やしを行うと良いでしょう。特に「悪星の導き」「ロイヤルデモンズ・ノーウェイブ」を蘇生出来るため、リリース要員や壁として活用していけます。

高レベルモンスターを自分フィールドに揃えたら、それらをリリースして「ロイヤルデモンズ」最上級モンスターをアドバンス召喚することでその強力な効果で一気に形勢を変えていけます。

ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル

「ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル」はレベル5以上のモンスターをリリースすることで、相手フィールドのレベルが一番低いレベル8以下のモンスターを破壊しその攻撃力分自己強化できます。

相手フィールドにいるのがエースや切り札級のモンスター1体のみであったなら、大幅に上昇した攻撃力で直接攻撃して大ダメージを与えていけます。

「ロイヤルデモンズ・デスドゥーム」はレベル7以上のモンスターをリリースすることで、相手フィールドのモンスターを全て破壊し効果ダメージを与えられます。

蘇生が難しくない「ロイヤルデモンズ・ノーウェイブ」などを使って条件を満たし、除去効果ではマキシマムモードのマキシマムモンスターですら破壊出来るため効果ダメージとこのカードの直接攻撃で相手のライフを大幅に削れます。

このデッキでは「ロイヤルデモンズ」最上級モンスターの真価を発揮させることは非常に重要ではありますが、墓地の肥えていない最序盤や手札次第ではそれが難しい状況もあります。

そういった場合でも「ロイヤルデモンズ」最上級モンスターはエースとして充分戦っていけるだけのステータスを持っているため、効果の使用を無しでアドバンス召喚して戦っていくという戦法が出来ることも視野に入れておきましょう。

まとめ!

「ロイヤルデモンズ」デッキについて紹介させていただきましたが、デッキ構築や運用の参考になれれば幸いです。

「ロイヤルデモンズ」最上級モンスターは真価を発揮させるのが難しくはありますが、効果を使えた時の強さと活躍ぶりは非常に派手ですので、想定した動きが決まると楽しいデッキでもあります。

「ロイヤルデモンズ」デッキに興味が無かったという人も、これを機にデッキ構築を考えてみるのも有りだと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする