炎属性と風属性が必要な水属性モンスター!?「擾乱騒蛇ラウドクラウド」を考察して相性の良いカードや使い道を考案します!

ブースターパック、ダーク・ネオストームで「擾乱騒蛇ラウドクラウド」というモンスターが収録されました。

個人的にカードイラストがカッコイイモンスターだと思いますが、その性能と使い道を考えていきます。

「擾乱騒蛇ラウドクラウド」の考察と考案

擾乱騒蛇ラウドクラウド

特殊召喚・効果モンスター
星5/水属性/爬虫類族/攻   0/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から炎属性と風属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から炎属性モンスター1体を除外し、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
このカードの攻撃力は破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):自分の墓地から風属性モンスター1体を除外し、
相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

水属性・爬虫類族のレベル5モンスターで、攻撃力は0にして守備力は2000です。

効果外テキストで通常召喚出来ず、自分の墓地の炎属性と風属性のモンスター1体ずつをゲームから除外した場合に手札から特殊召喚出来るという召喚条件を持っています。

1ターンに1度それぞれ1度しか使用できない効果が2つあり、1つ目は自分の墓地の炎属性モンスター1体を除外することで相手フィールドのモンスター1体を破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力分このカードの攻撃力を上げる効果。

2つ目は自分の墓地の風属性モンスター1体を除外することで相手の魔法・罠カード1枚を破壊する効果です。

キングレムリン

爬虫類族ななので汎用ランク4「キングレムリン」でサーチすることは可能です。

また元々の攻撃力が0なため攻撃力参照の「クリッター」等でもサーチ可能範囲に入ります。

召喚条件を満たすには墓地に炎属性と風属性モンスターが必要なのに対して自分は水属性という属性が全く統一されていない組み合わせになっています。

この召喚条件があることで採用できるデッキはある程度限られてきます。

1の効果は墓地の炎属性モンスターを除外することで、モンスターを対象に取る破壊効果に加えて破壊したモンスターによっては攻撃力アップが期待できます。

召喚条件に加えて更に炎属性を除外する必要はありますが、場合によっては状況を有利にできる効果でもあります。

自身の元々の攻撃力が0なので、他に攻撃力アップ効果がなければ破壊したモンスターの元々の攻撃力と同じになります。

破壊したいモンスターによっては守備表示で特殊召喚したほうが良いでしょう。攻撃力アップは1ターン限りではないですが、耐性効果もないのでよっぽど元々の攻撃力が高いモンスターを破壊していない限りは使いきりになりそうです。

2の効果は墓地の風属性モンスターを除外することで魔法・罠カード1枚の破壊効果です。

相手が使う展開の要である永続魔法・罠カードやフィールド魔法を破壊するという使い方が出来ますが、この効果のみを期待するにはややメリットが少ないです。

幸い12の効果は1ターンにそれぞれ使えるため、出来れば特殊召喚したら効果を2つとも使って相手フィールドの除去を積極的に狙っていくと良いでしょう。

エーリアン・テレパス

スポンサーリンク

爬虫類族であること、炎属性と風属性のモンスターが必要なことを含めると「エーリアン」テーマで使うことは可能ですが、「エーリアン」モンスターのみでは属性が該当するモンスターが少なすぎるため、複合デッキでなければあまり現実的とも言えません。

「擾乱騒蛇ラウドクラウド」と相性の良いカードは?

エレメントセイバー・マカニ

「エレメントセイバー」下級モンスター

墓地で任意の属性に出来るという共通効果を持っているため「擾乱騒蛇ラウドクラウド」の召喚条件を満たしながら効果コストも用意できます。

墓地に4体の「エレメントセイバー」下級モンスターを溜めることが出来れば、「擾乱騒蛇ラウドクラウド」を特殊召喚後に即座に2つの効果を使って計2枚の除去を狙えます。

またレベル4モンスターもいるため「キングレムリン」をエクシーズ召喚して「擾乱騒蛇ラウドクラウド」のサーチを行うことも可能です。

とはいえ、「エレメントセイバー」テーマは「霊神」と組み合わせることが多く、墓地の「エレメントセイバー」モンスターを除外することは極力避けたいことでもありますので、あくまで墓地に十分以上に「エレメントセイバー」が存在する時か奥の手の除去効果として使うのが主かと思います。

炎王獣 ガネーシャ

「ネフティス」+「炎王」

相性の良いカードというよりは相性の良いテーマの組み合わせになります。

効果破壊を活かす「ネフティス」「炎王」2つのテーマは複合デッキが作りやすく、かつ強力でもあります。

それと同時に「ネフティス」テーマは風属性「炎王」テーマは炎属性なので「擾乱騒蛇ラウドクラウド」をピン挿ししても手札事故を起こす可能性が比較的低いと言えます。

当サイトではネフティスのデッキレシピの紹介も行っておりますので、気になる方はコチラの記事も是非よろしくお願いします。

ネフティスが新規テーマ化!!儀式、リンクで新たな力を得たネフティスデッキの紹介!

戦神-不知火

「不知火」

除外された時に効果を発動するシンクロ軸の炎属性・アンデット族テーマです。

「擾乱騒蛇ラウドクラウド」1の効果を主に使いたいため、「不知火」なら召喚条件にしても効果コストにしても効果を活かせます。

風属性モンスターを別途用意する必要がありますので、汎用性が高いSR等と一緒に出張させることになりそうです。

当サイトでは「不知火」デッキレシピの紹介も行っております。

よろしければコチラもよろしくお願いします。

新規不知火デッキレシピ2018の紹介とデッキの回し方を解説!

アンデット族強化記念!不知火デッキ2018!不知火ヴェンデットデッキの紹介!魔妖との関係性があるテーマか?

「擾乱騒蛇ラウドクラウド」は癖の強いカードだけど使い道はある?

炎属性風属性混合が必要という、使いこなすには試行錯誤が必要なモンスターになっています。

確かに癖は強いですが、前述した相性の良いカードの所で紹介したように使い道が無いわけではありません。

活かすのは難しいですが、2つの除去効果は普通に優秀ですので今までありそうでなかった風属性と炎属性の混合テーマなんかが出たら採用候補筆頭になるかもしれません。