高騰する前に入手したほうが良いかも!?ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-を強化できるおすすめのカードを紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

201939日に発売したストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-の全貌が分かりました。

ストラクチャーデッキRとはいえデッキコンセプトや種族などのデッキを強化する余地は十分にありますので、今回はそんな強化するためのおすすめのカードを紹介します。

ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-の収録内容について軽くおさらい!

収録カードをカテゴリで分けると、「エンディミオン」関連カード・「魔導獣」モンスター・「魔導書」関連カードとなり、その他魔力カウンターと相性の良いカードまたは種族サポートカードも収録されています。

妖精伝姫-カグヤ

「妖精伝姫-カグヤ」「強欲で貪欲な壺」等の再録カードも優秀です。

リメイク前のストラクチャーデッキ-ロード・オブ・マジシャン-と同じく魔力カウンターと魔法使い族がデッキコンセプトなので、デッキを強化する際にはその点を意識すると良いでしょう。

スポンサーリンク

今後も高騰するかもしれない、ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-強化できるおすすめのカードを紹介!!

魔導獣 キングジャッカル

「魔導獣 キングジャッカル」「魔導獣 マスターケルベロス」

「魔導獣」テーマのエースとも言える「魔導獣」モンスターです。

「エンディミオン」ペンデュラムモンスターは魔力カウンターさえあれば自分からペンデュラムゾーンから離れられますので、「魔導獣」ペンデュラムモンスターのペンデュラム効果を邪魔しないことも出来ます。

強力な効果とエース級の火力を持つ「魔導獣 マスターケルベロス」「サーヴァント・オブ・エンディミオン」の効果を使ってもデッキから特殊召喚出来ますし相性が良いです。

「魔導獣 キングジャッカル」も相手モンスターの効果を無効にできる使い勝手のいい効果を持っているので戦術に組み込めます

他の「魔導獣」ペンデュラムモンスターも複数枚採用したり「ペンデュラム・スイッチ」等を採用することでペンデュラムモンスターを主軸にしたデッキとして強化することも出来ますが、その場合はペンデュラムモンスターとそこまで相性が良くない「救魔の標」を採用しなかったり等の取捨選択が必要になります。

アストログラフ・マジシャン

スポンサーリンク

「クロノグラフ・マジシャン」「アストログラフ・マジシャン」

魔法使い族ペンデュラムモンスターであり、ペンデュラムスケールとしてもモンスターとしても使いやすいカードです。

魔法使い族であるというシナジーもありますし、他にも「魔術師」ペンデュラムモンスターと併用することでペンデュラム召喚が容易になります。

またペンデュラム召喚と相性の良い「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」をエクストラデッキに採用することでアドバンテージを稼いだりエースの「創聖魔導王 エンディミオン」のペンデュラム召喚も狙えます。

魔導召喚士 テンペル

「ルドラの魔導書」「セフェルの魔導書」「ゲーテの魔導書」「魔導召喚士 テンペル」

「魔導書」関連のカードで、デッキの「魔導書」カードの回転力を上げられます。

元々デッキに入っている「魔導書」カードに加えてこれらを採用することで「魔導書」魔法カードの回転率が上がるため、必然的に魔力カウンターを溜めることにも繋がります。

魔力カウンターを使うことよりも魔法カードを複数回使うことにスポットを当てたデッキ強化と言えるでしょう。

また「魔導召喚士 テンペル」なら比較的簡単に高レベル魔法使い族モンスターを特殊召喚できるため、高レベル「魔導」モンスターの採用も見込めます。

「魔導書」カードの採用枚数が増えるため、「魔導原典 クロウリー」等の採用をするとなお良いです。

スポンサーリンク

王立魔法図書館

「魔導加速」「王立魔法図書館」

カテゴリに関係なく、これら魔力カウンターを複数個置くまたは魔力カウンターを取り除くことでアドバンテージに繋げるカードもデッキ強化に役立ちます。

魔力カウンターを溜めることと使うことに焦点を当て、少ない消費で魔力カウンターを溜めて積極的にアドバンテージを稼いでいく構成になるかと思います。

種族サポートなども駆使して展開力を上げることで、「エンディミオン」ペンデュラムモンスターだけでなく「ヴァレルロード・ドラゴン」等の汎用リンクモンスターで打点を補うことも可能です。

スポンサーリンク

まとめ!

デッキコンセプトがはっきりしていますが、前述したようにどこに焦点を当てるかでデッキの構成は大きく変わります。

どういった強化の方が強いかは未知数ですが、デッキの強化はプレイヤーの好みによって人それぞれなので自分が一番気に入るデッキの強化をすると良いでしょう。

紹介はしませんでしたが、現在最新の魔法使い族テーマである「ウィッチクラフト」と組み合わせても面白いと思います。