リンク・ヴレインズ・デュエリスト・セットのセット内容と収録カードが判明!「ドットスケーパー」「転生炎獣の聖域」再録決定!スーレアで収録!?




2019年8月31日に発売になる、リンク・ヴレインズ・デュエリスト・セットのセット内容と収録カードが一部判明しました!

今回のセットは遊戯王ヴレインズをイメージし、劇中で活躍した主力キャラクターのテーマやカードが再録されます!

今回はそのセット内容と、収録されるカードを紹介していきたいと思います。

収録カードは、判明し次第随時、更新して行きます。

リンク・ヴレインズ・デュエリスト・セットのセット内容

今回のセット内容は以下の通りとなります。

[セット内容]豪華4大アイテム収録!
■LINK VRAINS スペシャルパック × 1パック(10枚入り)
■デッキ強化パック × 1パック(5枚入り)※全10券種
■特製デュエリストカードプロテクター(70枚入り) × 1個(全3種)
■特製フィールドセンターカード × 1枚(全6種)

出典:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

今回のセットは、10枚入ってるスペシャルパックが同梱されており、そのうちの1枚はシークレットレアで封入されております。

デッキ強化パックは1パック5枚入りで、全10種となっております。

また今回も特製デュエリストプロテクターと特製デュエルフィールドが1個つきます。

この2つは数種類ある中から1種のみの封入になるので、複数種類が欲しい方は、数個買う必要があります。

しかし、値段はセット関係の中では比較的安い2160円「Amazon価格」なので、カードも数枚集めたい方は、2個〜3個購入するのも、手かと思います。

スポンサーリンク

リンク・ヴレインズ・デュエリスト・セット、新規収録カード

コード・エクスポーター

効果モンスター
星5/風属性/サイバース族/攻 500/守2300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを
「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
フィールドのこのカードを素材とした場合には手札に加えず効果を無効にして特殊召喚できる。
1つ目の効果は「コード・トーカー」モンスターのリンク素材を手札から行える効果です。
「サイバネットコーデック」でサーチできるので、連続リンク召喚が行いやすいです。
2つ目の効果は、リンク素材になった場合に墓地のレベル4以下のサイバーず族を手札に加えられるので、同じく手札でリンク召喚できる「マイクロ・コーダ」をサルベージする事で、リンク召喚が行いやすくなります。
また、フィールドで素材にすれば、効果を無効化して、このカードを特殊召喚できるので、このカードとリンク召喚したモンスターで次のリンク召喚につなげることが出来ます。

転生炎獣ブレイズ・ドラゴン

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/サイバース族/攻2300/守1200
レベル4モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く。
(2):このカードにX素材が無い場合、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
「サラマングレイト」Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
(3):このカードが「転生炎獣ブレイズ・ドラゴン」を素材としてX召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。
ランク4「サラマングレイト」エクシーズモンスターで、1つ目の効果が、破壊耐性
2つ目の効果が、このカードのエクシーズ素材が無い場合に「サラマングレイト」エクシーズモンスター1体をこのカードの上に重ねてエクシーズ召喚できる効果。
3つ目は転生リンク召喚ならぬ、転生エクシーズ召喚効果を持っており、相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する効果です。
「サラマングレイト」はレベル4モンスターも多いので、エクシーズ召喚がしやすく、2つ目の効果は3つ目の効果に繋いで行けます。

ベイオネット・パニッシャー

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のフィールド・墓地の「ヴァレル」モンスターの種類によって、以下の効果を適用する。
自分フィールドに攻撃力3000以上のモンスターが存在する場合、
このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。
●融合:相手フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
●S:相手のEXデッキから裏側表示のカードをランダムに3枚除外する。
●X:相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで除外する。
●リンク:相手の墓地からカードを3枚まで選んで除外する。
墓地の「ヴァレル」モンスターの種類によって発動できる効果が違う、速攻魔法カードで、3000以上のモンスターが自分フィールドにいれば、このカードの効果は無効化されません。
速攻魔法なので、相手ターンに使えば、相手の動きを牽制できます。
しかし墓地に「ヴァレル」の種類が集まるのを待っていると、発動するべき機会を逃す、可能性があるので出来れば、発動できる段階で、勿体ぶらずに使って行くべきカードです。

海晶乙女パスカルス

効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1200/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「海晶乙女パスカルス」以外の「マリンセス」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「マリンセス」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
1つ目の効果は手札から、同名以外の「マリンセス」モンスターを特殊召喚できる効果。
2つ目の効果は墓地のこのカードを除外することで、墓地の「マリンセス」魔法・罠カードをサルベージできる効果です。
手札から、「マリンセス」を特殊召喚できる効果は、リンク召喚と相性が良く、2つ目の効果は墓地に落ちた「マリンセス」魔法・罠をサルベージ出来るので、サルベージしにくい、魔法・罠カードを再利用することが出来ます。
デッキに数枚は入れて置くことで、よりデッキを回しやすくなるモンスターです。

ダイナレスラー・イグアノドラッカ

効果モンスター
星6/地属性/恐竜族/攻2000/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外の恐竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドの恐竜族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターとは元々のカード名が異なる
自分の墓地の「ダイナレスラー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
手札から特殊召喚しやすい、恐竜族モンスターとしての運用も可能で、レベル6なので、「エヴォル」に出張させるのもありです。
2つ目の効果は、自分フィールドの恐竜族をリリースすることで、墓地から「ダイナレスラー」を特殊召喚することが出来ます。

オルターガイスト・フェイルオーバー

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札から「オルターガイスト」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「オルターガイスト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
1つ目は手札から「オルターガイスト」を特殊召喚できる効果。
2つ目は墓地のこのカードを除外して、「オルターガイスト」をサルベージ出来る効果です。
デッキに複数枚入るカードでは無いものの、1枚デッキにいれて置くことで、持久力が増すので、1枚デッキに入れておいて損は無いでしょう。

ティンダングル・ジレンス


リンク・ヴレインズ・デュエリスト・セットに「ティンダングル」の新規も決定しました。

1つ目の効果は緩い条件での特殊召喚効果で、2つ目はリバースモンスターならなんでもサーチすることが出来るので出張でも役に立つでしょう。

リバースデッキであれば、出張性が高いモンスターです。

剛鬼フィニッシュ・ホールド

剛鬼リンクモンスター1体を選択し、そのリンクマーカーの数×1000攻撃力がアップし、そのターン貫通効果を得ます。

リンク4モンスターを選択すれば、その攻撃力は4000アップし場合によっては、そのターン中に決着をつけることも可能です。

またデメリットは気になるのであれば、純「剛鬼」デッキでデッキを組んでしまっても、面白いかと思います。

トリックスター・フェス

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は「トリックスター」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

(1):自分フィールドに「トリックスタートークン」(天使族・光・☆1・攻守0)2体を特殊召喚する。

(2):EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

「トリックスター」モンスターしか召喚、特殊召喚できない縛りはあるものの、1枚で2体のトークンを生成出来るので、「トリックスター」リンクモンスターを特殊召喚したい場合、役に立ちます。

また、2つ目の効果はエクストラデッキから特殊召喚された「トリックスター」モンスターを守ることが出来るので、場持ちが良くなる点も魅力です

スポンサーリンク

強化パックの収録(再録カード)

コード・トーカー

コード・トーカー

すでに再録の実績があるので、正直そこまでは驚かないというのが、正直なな印象です、、、

スポンサーリンク

ヴァレルソード・ドラゴン

ヴァレルソード・ドラゴン

「ヴァレルロード・ドラゴン」の再録が来て、「ヴァレルソード・ドラゴン」の再録は素直に嬉しいですね!

汎用リンク4としても優秀なモンスターであり、ストラクチャーデッキ−リボルバーでも再録されなかったので、価格が高いままでした。

10種類のうちの1枚の確率なので、確率的には低いですが、それでも再録は嬉しいです!

ドットスケーパー

ドットスケーパー

転生炎獣の聖域

転生炎獣の聖域

まとめ

リンク・ヴレインズ・デュエリスト・セットのセットの内容と収録カードの紹介でした。

個人的にはカードの方はシングル購入でも、良いかとは思いますが、組んでいるテーマが複数あるのであれば、1個は確保しておいて、足りない分をシングル購入と言うのが、現時点での評価になります!

やはりアニメファンである自分は是非1つは確保しておきたいセット内容でした!


遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS DUELIST SET

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 松風 より:

    ん?
    手札に加えるか墓地に送るとしか書いてないのでは…?

  2. 松風 より:

    言葉足らずでした
    ティンダングル・ジレルスの②の効果説明が間違っています。