2019年4月のリミットレギュレーションによる環境の変化や、新リミットレギュレーション以降に活躍しそうなテーマデッキを予想!




201941日から適用されるリミットレギュレーションが発表され、それぞれ影響があるテーマやデッキおりました。

今回は新たなリミットレギュレーションが環境に与える影響等について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回のリミットレギュレーションについておさらい!環境の変化は?

「驚きのあまり仰け反る営業マン」[モデル:段田隼人]

まずは今回のリミットレギュレーションで規制強化されたカードを挙げていきます。

・制限→禁止「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」

・準制限→制限SRベイゴマックス」

無制限→制限「終末の騎士」

次に規制緩和されたカードを挙げます。

・禁止→制限「サンダー・ボルト」

・制限→準制限「真竜拳士ダイナマイトK

・制限→準制限「餅カエル」

・制限→準制限「ヒーローアライブ」

制限→準制限「リミッター解除」

・準制限→無制限Em ダメージ・ジャグラー」

・準制限→無制限「源竜星-ボウテンコウ」

・準制限→無制限「妖精伝姫-シラユキ」

・準制限→無制限「ユニオン格納庫」

・準制限→無制限「神の警告」

今回の規制強化で影響を受けるデッキとしては、「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」の禁止カード化によってドラゴン族を主軸としたデッキ各種の展開力が低下します。

守護竜アガーペイン

環境における具体例としては「青眼の白龍」デッキが最も影響を受けるでしょう。元より「青眼の白龍」専用サポートカードも存在していましたが、「守護竜」と組み合わせたりする場合でも必ずと言っていいほど採用されていた「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」禁止カードになったので弱体化は免れないでしょう。

SRベイゴマックス

SRベイゴマックス」の制限カード化によってこれまで召喚権を使わずにランク3エクシーズモンスターへ繋げていたコンボの成功確率が下がるので採用の有無が検討され直されます。

転生炎獣フォクサー

環境でこういった使い方をするデッキとなると「転生炎獣」デッキや「彼岸」デッキが該当します。

SRベイゴマックス」が制限カードになった以上、セットで採用しているSRタケトンボーグ」の方が先に手札に来てしまう可能性が上がってしまいます。

これを機にこのセットの採用を止めるデッキもありそうです。

「終末の騎士」の制限カード化では闇属性を主軸として墓地アドバンテージを稼ぎたいデッキにおいて墓地肥やし用のパーツが減ることになります。

環境で影響を受けるデッキは「オルフェゴール」になります。とはいえ3枚積みしていたデッキも言うほど多くは無く、「ダーク・グレファー」という墓地肥やし要因が他にもいること等を含めるとそこまでの弱体化にはならなさそうです。

「終末の騎士」の制限化についてはコチラの記事でも解説しております!

2019年4月1日から適用されるリミットレギュレーションで「終末の騎士」が制限カードになることが発表されました。 20...

スポンサーリンク

今回のリミットレギュレーションで活躍するテーマをピックアップ!

餅カエル

「餅カエル」主軸の「ガエル」デッキ

制圧力の高い「餅カエル」を使うことで相手の行動を制限し、盤面が揃えば相手に何もさせずに完封することも可能なロック&パーミッション型デッキです。

「ガエル」モンスターや相性の良いカードを駆使することでエクシーズ召喚をしやすくし、「餅カエル」を複数体並べたりすることで相手のロックをしていたのですが制限カードになってからは鳴りを潜めました。

今回「餅カエル」が準制限になってフィールドに2体並べることが可能になったので、再びスムーズにデッキを動かすことが出来るようになりました。

スポンサーリンク

V・HERO ヴァイオン

HERO」デッキ

戦士族統一のHEROモンスターを駆使して融合召喚などを使って戦うビートダウン型のデッキです。

「剛鬼」デッキに出張採用されていたことが「ヒーローアライブ」が制限カードになった主な理由であり、HEROデッキはとばっちりを受けていました。

今回「ヒーローアライブ」が準制限に緩和されたことにより初動の展開をしやすくなり、EHERO エアーマン」をデッキから特殊召喚してVHERO ヴァイオン」をサーチして通常召喚することで墓地肥やし効果を利用したアド稼ぎという一連のコンボがしやすくなります。

「ヒーローアライブ」はライフコストこそ重いものの、ライフを半分払うというのはデュエル終盤でも使えるという大きな利点があるため切り返しなどにも有用です。

スポンサーリンク

今回のリミットレギュレーションは個人的に満足?不満?

破壊竜ガンドラ

今回のリミットレギュレーションでは新たに禁止カードが増えましたが、規制緩和されたカードもこれまでと比べると多く感じました。

ガンドラXワンキル対策である「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外の規制強化は環境を意識してのことだったのかと思われますが、正直なところを言えばそこまで大きな変化はなさそうに感じます。

「サンダー・ボルト」の制限緩和も重要なことなので、今後の環境への採用率なども動くかもしれません。

それらを総合的に考えますと、私個人としては今回のリミットレギュレーションは満足できるものでした。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする