「リリーサードラグーン」の展開と対策方法は?今後の禁止規制対象になるか考察!!

現在、「リリーサードラグーン」と呼ばれるデッキが大会環境で注目を集めています。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を主軸とした「ドラグーン」デッキ「儀式魔人リリーサー」のギミックを採用したデッキの通称が「リリーサードラグーン」です。

そこで今回は「リリーサードラグーン」についてほとんど知らないという人、あるいはその強さを身をもって知った人に向けて紹介していきます。

2020年2月現在のやばいテーマ「リリーサードラグーン」の展開方法を軽くおさらい!!

まず「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」についてですが、

・高ステータス

・耐性・除去&バーン

・制圧&自己強化

これらの効果を持った非常に優秀なモンスターです。

そして「儀式魔人リリーサー」は墓地の自身を儀式素材として除外することが可能であり、自身を儀式素材にした儀式モンスターが存在する限り相手はモンスターを特殊召喚できなくなるという効果を持っています。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」「儀式魔人リリーサー」を素材にして出した儀式モンスターを並べることで、相手の行動を封じながらも制圧力を発揮して切り返させずにデュエルに勝利するというのが「リリーサードラグーン」デッキの主なコンセプトになります。

普通に考えれば消費が多くなりそうな最終盤面ですが、実はそうでもないというのを展開方法として紹介します。

「リリーサードラグーン」デッキの展開方法を紹介!!

手札に「クリッター」がある場合に可能な「リリーサードラグーン」デッキにおけるテンプレコンボを紹介します。

「クリッター」を通常召喚→

「クリッター」を素材に「転生炎獣アルミラージ」をリンク召喚→

「クリッター」の効果で「神樹のパラディオン」をサーチ→「神樹のパラディオン」「転生炎獣アルミラージ」のリンク先に特殊召喚(「クリッター」でサーチしていますが、「神樹のパラディオン」の自己特殊召喚は発動を伴わないため制約をすり抜けます)

「転生炎獣アルミラージ」「神樹のパラディオン」「水晶機巧-ハリファイバー」をリンク召喚してその効果で「幻獣機オライオン」をリクルート→

「水晶機巧-ハリファイバー」を素材に「リンクロス」をリンク召喚してその効果によりレベル1トークン2体を生成→

「幻獣機オライオン」とトークン1体で「武力の軍曹」をシンクロ召喚→

「幻獣機オライオン」の効果でレベル3トークン1体生成→

シンクロチューナーである「武力の軍曹」2体目のレベル1トークンで「虹光の宣告者」をシンクロ召喚→

「虹光の宣告者」(「武力の軍曹」を素材にしたことによってチューナーとして扱っています)とレベル3トークンで「シューティング・ライザー・ドラゴン」をシンクロ召喚しその効果で「儀式魔人リリーサー」をデッキから墓地へ送り自身のレベルを4に変更→

「虹光の宣告者」の効果で「クラウソラスの影霊衣」をサーチ→

「クラウソラスの影霊衣」の効果で手札の自身をコストに「影霊衣の反魂術」をサーチ→「影霊衣の反魂術」を発動して墓地の「儀式魔人リリーサー」を素材にして墓地の「クラウソラスの影霊衣」を儀式召喚→

「リンクロス」「シューティング・ライザー・ドラゴン」「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」をリンク召喚→

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の効果で2000ライフを払いデッキの「真紅眼融合」を墓地へ送りその効果を適用することでデッキの「ブラック・マジシャン」「真紅眼の黒竜」を墓地へ送って「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を融合召喚ができます。

これで結果的に「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」+「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」+「儀式魔人リリーサー」を素材にした「影霊衣のクラウソラス」3体が並べられます。

相手のモンスター3体をリリースした通常召喚ができる「ラーの翼神竜-球体形」で突破するという対策法も一時は考えられましたが、その対策として「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の効果を発動してそれを「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」で無効にして破壊することで能動的に自分フィールドのモンスターを2体に調整できます。

「クリッター」1枚からスタート出来るため、「クリッター」3枚積みし「クリッター」をリクルートできる「魔界発現世行きデスガイド」(準制限カード)2枚積みは必須になります。

コンボに必要なパーツがデッキ・エクストラデッキに揃っていて「水晶機巧-ハリファイバー」をリンク召喚することさえできれば「クリッター」を使わずともコンボに合流することが可能なため、「サイキック・リフレクター」「バスター・ビースト」「バスター・モード」セットを採用するデッキも珍しくありません。

この盤面さえ揃えられれば勝利が目前になるため、コンボを通しやすくするために「墓穴の指名者」「抹殺の指名者」をフル投入したり、相手が先攻1ターン目の場合に制圧盤面を構築させないように「無限泡影」等の手札誘発カードも採用しているデッキが多いです。

スポンサーリンク

リリーサードラグーン」の対策方法は?

「冥王結界波」

モンスター効果にチェーンを組ませずに相手モンスター全ての効果をターン終了時まで無効化できます。

対象を取らずにモンスター効果の無効化をしているため「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」の耐性や制圧効果を気にしなくて済むようになりますが、「儀式魔人リリーサー」の特殊召喚封じはフィールドで発動しているモンスター効果では無いため無効化できません。

まず「影霊衣のクラウソラス」を突破して特殊召喚封じを解除したり、耐性効果を失った「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を効果で除去するといった「冥王結界波」ともう1つ別の手段が必要になります。

極端に言えば「冥王結界波」「サンダー・ボルト」(「ブラック・ホール」でも可)2枚があれば盤面のリセットが可能ではあります。

逆にこの2枚があれば大抵のモンスター盤面をリセット出来るのですが手札に揃う可能性は低いのであくまで理論上は可能ということになります。

「浮幽さくら」

手札誘発で自分のエクストラデッキのモンスター1体を選び、相手のエクストラデッキから同名モンスターを全て除外します。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」と一緒に採用する必要はありますが、相手がコンボを始めたら「浮幽さくら」を使って相手のエクストラデッキにある「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を除外出来ます。

コンボ序盤で使ってしまうと展開力を利用して汎用リンクモンスター等を出してくる可能性があるので、タイミングを見極めて使うと良いでしょう。

懸念点として、相手がフル投入するであろう「墓穴の指名者」で無効にされてしまうことが挙げられます。

相手の手札に「墓穴の指名者」が無いことを祈るか、もしくは他の手札誘発カードをコンボ妨害のために先に使うことで囮にするといった運用が考えられます。

「原始生命態ニビル」

「リリーサードラグーン」では「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」だけでなく「儀式魔人リリーサー」を素材にした「影霊衣のクラウソラス」も一緒に並べる必要があるため、大量展開をせざるを得ません。

そこで「原始生命態ニビル」を使うことで、相手のコンボの途中(「儀式魔人リリーサー」を素材にした「影霊衣のクラウソラス」が出る前)に相手フィールドのモンスターを全てリリースしコンボ崩壊を図れます。

「リリーサードラグーン」に対しては有効な一手と言えますが、同じ「ドラグーン」デッキでも少ない召喚・特殊召喚回数で「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を出す「ドラグーンビート」デッキには使いにくい点には要注意です。

「リリーサードラグーン」関連は今後規制されるのかを考察!

ここからは私個人の考察ですが、正直次のリミットレギュレーションで何かしらの規制がされるかと思います。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」は出しやすさの割に性能が高すぎるというのは発売前から言われていましたが、ここまで大会環境に影響を与えてしまっている以上KONAMI側も対応せざるを得なくなるのではないでしょうか。

発売した時期から察するに「真紅眼融合」禁止カード化なのか「儀式魔人リリーサー」禁止カード化なのかは分かりませんが、コンボパーツのいずれかが禁止カードに規制される可能性はかなり高いかと思われます。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」に関してはコチラでも別途解説を行っております!

今後どうなるのか気になる方は是非1度みていただけると嬉しいです!

昨今の大会環境で「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」デッキが一躍話題となっています。 そこで今回は「超魔導竜騎士-...



遊戯王 LGB1-JP001 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ (日本語版 ウルトラレア) LEGENDARY GOLD BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ケイ より:

    アルミラージ、通常召喚されたって制約ついてるからデスガイドからのクリッターリクルートって失敗のように見えるのですが、その場合はどう動くのでしょうか?

    • kata-0003 より:

      コメントありがとうございます。

      返信が遅くなり、大変申し訳ございません。

      コンボについてなのですが、クリッターの効果を発動できさえすればコンボに繋がるということなので、デスガイドでクリッターをリクルートした際はマスカレーナ等の適当な汎用リンク2モンスター(リンク先が1つでも下を向いていることが必須)をリンク召喚すれば紹介したコンボに合流させられます。