ライトニング・オーバードライブの影響で高騰するカードを一覧で予想!

2021116日に発売を控えている基本パック、ライトニング・オーバードライブでは新規テーマの登場や様々な既存テーマの強化等が行われます。

そこで今回はライトニング・オーバードライブの収録カードが原因で相場価格が高騰しそうなカードを予想していきたいと思います。

あくまで予想ですので、確実に高騰するわけではない点はあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク

ライトニング・オーバードライブの影響で高騰しそうなカードを予想!

「ガッチリ@イグニスター」


遊戯王 MG06-JP002 ガッチリ@イグニスター (日本語版 ウルトラレア) マスターガイド MASTER GUIDE 6

自己特殊召喚効果とサイバース族への効果破壊耐性付与、墓地へ送られた場合に自分フィールドのモンスター1体に効果耐性を付与する効果を持っています。

自己特殊召喚効果は自分フィールドのサイバース族モンスターの効果を無効にする必要がありますが、召喚・特殊召喚成功時の誘発効果や起動効果等を既に使用済みのモンスターを選べば無駄がありません。

元々の守備力が3000と高い上に自身の効果により1ターンに1度効果では破壊されないため場持ちという点でも優秀です。

3の効果はこのカードを素材に強力なリンクモンスターを出すことでそのリンクモンスターに効果耐性を付与し場持ちを飛躍的に向上させられます。

サイバース族デッキなら汎用的に採用できる使い勝手の良さ、場持ち向上に大きく貢献出来る効果等から高い性能を持ったカードとなっています。

「@イグニスター」テーマが強化されることが原因で価格上昇が予想されており、既に高騰が始まっている場所もあるようです。

加えてこのカードはマスターガイド6の付属カードだったため、その希少性も価格高騰の一因となるでしょう。

「ウィンドペガサス@イグニスター」


遊戯王OCG 第10期 11弾 IGAS-JP042 ウィンドペガサス@イグニスター【シークレットレア】

魔法・罠カードを破壊する起動効果、カードの破壊をトリガーにしたバウンス効果を持っています。

魔法・罠カードの除去は自身のみでも1枚の破壊が狙えますし、バウンス効果は墓地からでも発動出来るためエクストラデッキから直接墓地へ送った場合でも発動させていけます。

汎用レベル7シンクロモンスターでもあるため汎用性があり、展開力の高い「@イグニスター」デッキでなら相手の魔法・罠カードを一掃することも狙えるため優秀です。

こちらも「@イグニスター」テーマの強化により高騰が予想されるカードであり、20thシークレットレアもあるのでそちらはより高騰しやすいかもしれません。

「ブラック・ローズ・ドラゴン」


遊戯王 / ブラック・ローズ・ドラゴン(20thシークレット) / 20CP-JPS05 / 20thシークレットレア SPECIAL PACK

シンクロ召喚成功時にフィールドのカード全てを一掃する効果、墓地の植物族モンスターを除外することで相手の守備モンスターの表示形式を変更し攻撃力を0にする効果があります。

一掃効果では自身も破壊されてしまいますが、「ブルーローズ・ドラゴン」「クロスローズ・ドラゴン」等のサポートカードを使うことで一掃後にこのカードを蘇生できるため直接攻撃を狙うことが出来ます。

「ローズ・ドラゴン」関連が強化されることから価格の上昇が考えられます。ただし、このカードはノーマルでも登場しているため特に価格が上がりやすいのは20thシークレットレアなどの高レアリティの物でしょう。

「ガーデン・ローズ・メイデン」


遊戯王カード ガーデン・ローズ・メイデン(ウルトラレア) レジェンドデュエリスト編4(DP21) | シンクロ・効果モンスター 闇属性 植物族 ウルトラ レア

特殊召喚成功時に「ブラック・ガーデン」をサーチ・サルベージ出来る効果、墓地の自身を除外することで「ローズ・ドラゴン」かドラゴン族シンクロモンスターを蘇生できる効果を持っています。

このカード自身の攻撃力が1600であるため、「ブラック・ガーデン」とは互いに蘇生・サルベージが出来る関係にあります。また、墓地で発動する効果を目的に「ステイセイラ・ロマリン」等でエクストラデッキから直接墓地へ送るというのも一つの手です。

イラストアドの高さもあって登場当初から注目を集めていましたが、今回の「ローズ・ドラゴン」関連強化によって更なる価格高騰があるでしょう。

こちらも既に価格高騰が始まっているショップやサイトもあるので、購入を考えている人は今の内に買うべきか検討するといいかと思います。

「結晶の大賢者サンドリヨン」


遊戯王 DBGI-JP003 結晶の大賢者サンドリヨン (日本語版 スーパーレア) ジェネシス・インパクターズ

召喚・特殊召喚成功時に「マギストス」魔法・罠カードをサーチするか除外されている下級魔法使い族を墓地に戻せる効果、墓地の自身を除外することで自分フィールドの「マギストス」モンスターに墓地の下級「マギストス」モンスターを装備できる効果を持っています。

状況に応じた「マギストス」魔法・罠カードをサーチ出来ることから「マギストス」デッキにとってのキーカードでもあります。

またこのカードと融合魔法である「聖なる法典」を「シャドール」デッキに出張採用することも可能です。

「マギストス」が強化されることが高騰しそうな理由でもありますが、新規カードの「結晶の魔女サンドリヨン」のイラストの繫がり(恐らく同一人物)も高騰の一因になりそうです。

Evil★Twin リィラ」


遊戯王 DBGI-JP016 EvilTwin リィラ (日本語版 スーパーレア) ジェネシス・インパクターズ

「キスキル」モンスターが存在するときに自身の特殊召喚に成功した場合の除去効果、自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在しない場合に「キスキル」モンスターを蘇生出来る効果を持っています。

Evil★Twin キスキル」の効果でこのカードを蘇生すれば実質的にフリーチェーンで除去効果を使えることから、相手ターン中の妨害として機能させることも出来ます。

Live☆Twin キスキル・フロスト」の登場により「キスキル」モンスターが増えるため、このカードの蘇生候補も増えることとなりました。

「ライブツイン」や「イビルツイン」が今後さらに増えていくかどうかは分かりませんが、ファンやコレクターからの需要は着実と高まることが予想されます。

「トラップトリック」


遊戯王 SR10-JP037 トラップトリック (日本語版 ノーマル) STRUCTURE DECK R - マシンナーズ・コマンド -

デッキから通常罠カード1枚を除外してその同名カードを自分フィールドにセットできる効果があります。

ライトニング・オーバードライブで登場する「アメイズメント」だけでなく、強化される既存テーマである「蟲惑魔」や「バージェストマ」とも相性が良いカードでもあります。

今回の登場や強化がきっかけで需要が高まることが予想されるため、上記のテーマに興味を持っている人は現在の相場価格をチェックしておくのもいいかと思います。

ライトニング・オーバードライブの影響で高騰するカードを一覧で予想!まとめ!

ライトニング・オーバードライブの影響で高騰するカードを一覧で予想してきましたが、あくまでも予想の範囲なので、参考程度にしていただければと思います。

ライトニング・オーバードライブは前回同様に、新規テーマと既存テーマの強化が熱いパックです。

今回紹介した高騰予想カード以外にも、今後高騰するカードはまだまだ出てくることが予想されますので、組みたいデッキがある方は早めに集めておいた方が良いでしょう。

ライトニング・オーバードライブの発売まで残り数日ですが、今後の高騰状況にも注目ですね!!

関連記事はコチラ↓

2021年1月16日には基本パック、ライトニング・オーバードライブが発売を控えています。 そこで今回は、ライトニング・...


アジア版 遊戯王 LIGHTNING OVERDRIVE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) 1BOX 30パック入り

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする