デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-の影響で高騰したカードまとめ!相場や買取価格を徹底調査!




デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5が発売し、その収録カードの内容によって高騰したカードがあります。

今回はそんなカードの価格や高騰の理由も含めて紹介していきます。

今回の高騰の傾向は?

収録されるテーマに関連する既存カードの高騰自体はパックの発売前からあり、中でもレアリティが高い物などの価格は高くなっていました。

今回強化されるテーマのデッキを作りたいと思っていた人は特にそうですが、実際にパックが発売して注目を集めたのは再録カードのラインナップです。

新規カード自体は発売前には全種類が判明していたこともあり、当然と言えば当然でもあります。

発売後から価格の高騰が始まったのは各テーマの関連カードで再録されなかった既存カードです。

中にはデッキを作る上では複数枚積みをしたいカードもあり、市場ではそういったカードが高騰傾向にあります。

そこで今回は再録がされなかったことで価格が高騰しているカードを紹介していきます。

スポンサーリンク

再録ならずに高騰したカードの現在の価格相場と買い取り金額は?

EHERO ダーク・ガイア」

E-HERO ダーク・ガイア

ウルトラレア 買取価格:200400 相場価格:500680

スーパーレア 買取価格:100200 相場価格:300480

レア 買取価格:2050 相場価格:100180

今回再録されなかったEHERO融合モンスターの内の1体で、悪魔族モンスター+岩石族モンスターで融合召喚できます。

自身の元々の攻撃力を融合素材としたモンスターの元々の攻撃力の合計の数値にするという効果、自身の攻撃宣言時に相手モンスター全てを攻撃表示にする効果があります。

EHEROデッキで使うには岩石族モンスターを採用する必要がありますが、採用しやすい所で言えば「融合呪印生物」があり、攻撃力を極力増やしたいのであれば「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」という選択肢も有ります。

「覇王城」によってエクストラデッキから直接EHERO マリシャス・デビル」を墓地へ送ることが容易になったこともあり、「ダーク・コーリング」を併せることで攻撃力4000越えのEHERO ダーク・ガイア」を積極的に狙えます。

「地縛神 Ccapac Apu

地縛神 Ccapac Apu

アルティメットレア 買取価格:200300 相場価格:400500

ウルトラレア 買取価格:100150 相場価格:200300

レア 買取価格:4080 相場価格:100~200円

今回再録されなかった「地縛神」モンスターの内の1体で、「地縛神」共通効果に加えて自身が戦闘で破壊した相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを与える効果を持ちます。

収録されたテーマが「地縛神」でありながらも、正確にはゴドウィンの使用カードの強化だったため再録されなかったのは仕方なくもあります。

固有効果以外に他の「地縛神」モンスターと大きく違う点として、種族が悪魔族ということがあります。

そのため「悪魔の憑代」でリリースなしで召喚出来たり「悪魔の嘆き」で墓地に送っておいて蘇生を狙うことも出来るためサポートカードが多いのが利点です。

「捕食植物キメラフレシア」

捕食植物キメラフレシア

スーパーレア 買取価格:600800 相場価格:11001300

今回再録されなかった「捕食植物」融合モンスターで、「捕食植物」モンスター+闇属性モンスターで融合召喚できます。

3つの効果を持っていて、3種類ともエースとして申し分ないほど強力かつ優秀な効果を持っています。

手札融合も出来るため「捕食植物」デッキでは最も融合召喚しやすいモンスターであり、手札次第ではこのカードに頼る場面もそこまで少なくありません。

「捕食植物」デッキを作る際には最低でも2枚は採用しておきたいほどのキーカードであるため、今回再録がされなかったことにより更なる価格の高騰があります。

まとめ!

今回紹介したカードは高騰もしていることもあり、どれも中々に高いので購入を考えている人はよく検討したほうが良いでしょう。

強化されたテーマでデッキを作るなら採用したいカードたちではありますが、無いなら無いで違う戦術を考えて他のカードを採用するというのも一つの楽しみ方だと思います。

これまでのレジェンドデュエリスト編と比較すると、元々レアリティが高かったカード等の再録もあったりと今回の再録カードのラインナップは個人的にはかなり良い物だと感じました。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編5- BOX