ノーマルレアの「強制切断」を徹底考察!「強制転移」との違いや相性の良いカードを考案します!

ブースターパック、ダーク・ネオストームに収録されたノーマルレアの魔法カードは「強制切断」でした。

「強制転移」を意識したカードであるのは名前と効果から察せられますが、具体的な違いやその性能について紹介します。

「強制切断」についての考察と考案

強制切断

カード名ターン1で発動できる通常魔法カードです。

自分フィールドのリンクモンスター以外のモンスター1体と相手フィールドのリンクモンスター1体を対象にして発動し、そのモンスター2体のコントロールを入れ替えるという効果です。

相手のリンクモンスター限定ではありますが、好きなモンスターを選べるという点が「強制転移」よりも優れていることです。

しかしこちらは対象に取る効果である以上、耐性効果やサクリファイスエスケープで防がれてしまうことも考えられることが「強制転移」よりも劣っているところです。

ヴァレルソード・ドラゴン

相手フィールドにリンクモンスターが存在しなければ使えず、耐性効果で防がれるかもしれないという欠点はあるものの、発動したプレイヤーがモンスターを選べるため場合によっては強力なモンスターのコントロールを奪取できつつも相手のリンク先などのアドバンテージもターン制限なく奪えるという使えればなかなか優秀な効果です。

最近はリンクモンスターを全く採用していないデッキの方が少ないので腐ることは少ないかもしれませんが、リンクモンスターを多用しないデッキもあることを考えると難しいです。

ルールにもありますが、エクストラモンスターゾーンに存在するモンスターのコントロールを奪取した場合はメインモンスターゾーンに移動することなります。

それを踏まえて相手のリンク先の確保を妨害するという用途にも使えますが、仮にエクストラモンスターゾーンのリンクモンスターのコントロールを奪取した場合、リンク先によっては自分のメインモンスターゾーンでは活躍できないというケースも考えられるので注意が必要です。

「強制切断」と相性の良いカードは?

霊魂鳥-伝鳩

スピリットモンスター

召喚したターンのエンドフェイズに持ち主の手札に戻るモンスターです。

自分が出したスピリットモンスターを「強制切断」で相手のリンクモンスターと入れ替えることでエンドフェイズには自分の手札に戻ってくるためデメリットが少なく済みます。

スポンサーリンク

汎用性の高いスピリットモンスターには召喚時に墓地のレベル1モンスターを蘇生できる「金華猫」等がいます。

キラー・トマト

戦闘破壊・墓地で発動する効果を持つモンスター

基本的にコントロールが入れ替わったモンスターでも墓地で発動する効果は元の持ち主の墓地で発動するということを活かします。

仮にデッキからの特殊召喚効果を持つ「キラー・トマト」と相手のリンクモンスターを入れ替え、相手フィールドに移った「キラー・トマト」を戦闘破壊すると効果によりデッキから特殊召喚できるので連続攻撃へ繋がります。

よりダメージを増やすためにも相手のリンクモンスターは強ければ強い程良いので相手がどんなリンクモンスターを使うかなどを知った後で運用を考えた方が効率的です。

マシュマロン

低攻撃力の戦闘破壊されないモンスター

「マシュマロン」等の戦闘耐性効果を持つモンスターを攻撃表示で召喚し「強制切断」を使うことで相手のリンクモンスターを奪取しつつサンドバックを相手フィールドに用意できます。

当然コントロール入れ替え後は自分が送り付けたモンスターに総攻撃を仕掛けて一気に相手のライフを削りとれます。

「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」での攻撃や「アクションマジック-フルターン」を使うことで戦闘ダメージを倍に出来るためデュエルを決めうるほどの大ダメージを狙うことが出来ます。

「強制切断」と「強制転移」どっちが使いやすそう?

強制転移

どちらにも長所と短所があるので自分と相手のデッキによっても大きく変わりますが、それらを踏まえた上で考えても「強制転移」の方が有用に発動できる場面が多いかと思います。

かといって「強制切断」が使いにくいというわけではなく、リンクモンスターを効果対象から守る「トロイメア・ゴブリン」禁止カードになったので条件は整っているのに発動できないという場面はかなり減ったでしょう。

そういったメリットを踏まえても、同パックに収録された効果対象にならない汎用リンク4モンスター「双穹のアストラム」サクリファイスエスケープによる不発を考慮すると差が生まれてしまいます。

これは個人的な意見ですが、「強制切断」サイドデッキへ投入し相手が使うリンクモンスターがどんなものかを確認した後に対策手段としてメインデッキへの採用を考えるのが良いかと思います。