「蟲惑魔」デッキの回し方や汎用性の高い「落とし穴」・「ホール」カードを調査しました!




リンクヴレインズパック2にて新規リンクモンスターの「セラの蟲惑魔」が登場し、「蟲惑魔」テーマは強化されました。

そこで今回は最近注目を集めている「蟲惑魔」デッキについて考察しましたので紹介していきます。

「蟲惑魔」の特徴、デッキの組み方と回し方

アトラの蟲惑魔

まず「蟲惑魔」というテーマについて簡単に紹介していきます。

「蟲惑魔」モンスターは地属性の植物族か昆虫族になっていて、食虫植物クモアリジゴクなどが名前のモデルになっていると思われます。

カードイラストは可愛らしい少女ですが、モデルになった生き物の生態が罠を張って獲物を狩るというものであるため、外見の良さは獲物を引き寄せる罠ということなのでしょう。

メインデッキの「蟲惑魔」モンスターは共通して「落とし穴」・「ホール」通常罠カードの効果を受けないという効果を持ちます。

フレシアの蟲惑魔

そしてエクストラデッキの「蟲惑魔」モンスターは罠カードの効果を受けません。

「蟲惑魔」モンスター全てが「落とし穴」「ホール」通常罠カードに関係する効果を持っています。カード名が指定されているとはいえ、罠カードのサーチや墓地からのセットし直しに手札からの発動をしたりと珍しい効果を持っています。

また守備力を持たないリンクモンスターを除いた「蟲惑魔」モンスターは攻守の合計が2800になるという隠れた共通点があります。

「蟲惑魔」の特徴が分かったところでデッキの組み方ですが、「蟲惑魔」モンスターは「落とし穴」等を使いやすくする効果を持つ代わりにステータスが低い点に注意が必要です。

「落とし穴」・「ホール」通常罠カードで相手の展開を妨害することはしやすいですが、「蟲惑魔」モンスターに火力は期待できないため、その点は「蟲惑魔」モンスター以外のエクストラデッキのモンスターに頼るのが良いかと思います。

ナチュルの神星樹

「蟲惑魔」が地属性であり、種族が昆虫族か植物族なので「ナチュル」とは相性が良いです。「ナチュル」も相手の妨害に長けたテーマであるためデッキコンセプトでも邪魔しません。

その他にも「蟲惑魔」はレベル4モンスターであることから汎用ランク4エクシーズモンスターを使用するという手もあります。

その場合は「フレシアの蟲惑魔」とどちらを出すか選ぶことになるので状況によって使い分けましょう。

鳥銃士カステル

次は「蟲惑魔」デッキの回し方ですが、前述した特徴があるため純デッキは構築しづらいです。

現状では上手く活用するためには複合デッキにしたほうが良いので、その内の1つである「ナチュル」「蟲惑魔」の複合デッキについて今回は書かせていただきます。

属性・種族が「ナチュル」と近い「蟲惑魔」では「ナチュルの神聖樹」が上手く活用できます。

「ナチュル」のチューナーを採用することでシンクロモンスターを出しやすくなる点にも注目したいです。

ナチュル・ビースト

デッキに複数枚積まなければいけないものの、「ナチュル・チェリー」を採用すれば魔法カードの発動を無効に出来る「ナチュル・ビースト」を出しやすくなります。

「蟲惑魔」の効果も組み合わせれば「落とし穴」等の罠カードを伏せつつ魔法カードを無効にできるため、「サイクロン」等の破壊効果などにも対応できます。

他にも植物族がいるという点を活かして「ローンファイア・ブロッサム」や、墓地の昆虫族か植物族を蘇生できる「ギガプラント」を採用するというのも手です。

「蟲惑魔」と相性の良い汎用性の高い「落とし穴」は?

「ホール」通常罠カードは種類が少ない上に用途や条件が限定されているため、ここではオススメの「落とし穴」カードについて紹介していきます。

奈落の落とし穴

「奈落の落とし穴」

召喚・反転召喚・特殊召喚された攻撃力1500以上のモンスターを破壊して除外するというシンプルさは汎用性が高いです。

結果的に除外するとはいえ、破壊耐性を持つモンスターには効かないので注意しましょう。

蟲惑の落とし穴

「蟲惑の落とし穴」

そのターン中に特殊召喚されたモンスターの効果が発動したときにその効果を無効にし破壊します。大抵の場合は発動条件が満たせるため、腐ることはほぼありません。

狡猾な落とし穴

「狡猾な落とし穴」

自分の墓地に罠カードが存在しない場合にのみ発動でき、フリーチェーンでカードを2枚破壊する効果を持ちます。

発動条件は厳しいもののフリーチェーンである点は強力なので、最初の手札に「トリオンの蟲惑魔」がいれば積極的にサーチしましょう。

まとめ

「蟲惑魔」「落とし穴」カードが増えたとはいえ、純デッキを作るには何よりも火力が足りていないので複合デッキの方が良いかと思います。

現状では「ナチュル」との組み合わせが現実的かと思いますが、「蟲惑魔」モンスターや「落とし穴」カードの採用枚数は重要となってきますので構築の際には気を付けましょう。

もしかしたら今後火力の高い「蟲惑魔」モンスターが出るかもしれませんので、カードイラスト含めて期待していきたいと思います。

また当サイトではリンクヴレインズパック2で登場した「蟲惑魔」リンクモンスターである「セラの蟲惑魔」についての考案と考察の記事もございますので、「蟲惑魔」デッキを考えている方はコチラもオススメです。

リンクヴレインズパック2に「蟲惑魔」のテーマである「セラの蟲惑魔」が収録されました。 効果はユニークではありますが、1つのテーマとして...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする