ノーマルレアの「孤高除獣」と相性の良いカードやデッキは?除外効果でデッキを回せ!

今回は1013日発売のブースターパック、サベージ・ストライクに収録されたノーマルレアカード、「孤高除獣」の運用の仕方や相性の良いカードなどを紹介していきます。ノーマルレアとしては珍しく市場でそれなりのお値段がついていることもあり、今注目が集まっているこのカードを解説していきます。

「孤高除獣」についての解説

まずは「孤高除獣」の特徴を解説しようと思います。

 

孤高除獣

レベル4の闇属性獣族モンスターであり、準アタッカーとして使える1700の攻撃力を持ちます。

何よりも特筆すべきなのはその効果です。

自身の召喚時に手札のモンスターを一体選び、そのモンスターと同じ種族のモンスターをデッキから選ぶと、選んだモンスター2枚を除外するというものです。

2つ目の効果は戦闘または相手の効果で破壊された場合に除外されているモンスター1体を手札に戻す効果です。

1つ目の効果を活躍させるためには、種族が同じモンスターでなおかつ除外されることでメリットがあることが必須条件になります。裏を返せば必須条件さえ満たせば手札とデッキからモンスターを1体ずつ除外できるため大きなアドバンテージを得られます。よって除外されることで効果が発動する一部のテーマとの相性が良く、その点が主に注目されています。

2つ目の効果を自分の意志で発動するためには自爆攻撃くらいしかないとはいえ、除外されているモンスターを手札に戻す効果は使いどころが十分にある効果です。手札に戻すモンスターの制限はないため、他の効果で除外したモンスターを手札に戻すことも可能になります。

これら2つの効果を持ちつつ、ステータスもそれなりにあるためフィールドに残ってしまっても大きな問題にならないことが優秀な点と言えます。この背景には、デッキから好きなカードを除外できる「封印の黄金櫃」が制限カードになったことが少なからず影響しており、デッキから抜いた「封印の黄金櫃」の代わりに「孤高除獣」を採用する人も少なくと思われます。

「孤高除獣」と相性の良いカードは?

効果を解説したときに触れましたが、除外されることで効果を発動するモンスターなどと相性が良い「孤高除獣」ですが、ここではその具体例を紹介しましょう。

ちなみにここで紹介するのは単体で「孤高除獣」と相性の良いカードであり、相性の良いシリーズカードやデッキは次の項目で紹介します。

 

サイバー・ウロボロス

スポンサーリンク

「サイバー・ウロボロス」:どこから除外されても手札のカード1枚を墓地に送って1枚ドローするといういわゆる手札交換効果があります。同じ機械族には除外された次のターンに特殊召喚される「異次元の偵察機」や、「サイバー・ドラゴン」に耐性を付与する効果を持つ「サイバー・ドラゴン・ドライ」などがいます。

 

ドットスケーパー

「ドット・スケーパー」:デュエル中に一度のみですが、除外された自身を特殊召喚できます。このカードと同じサイバース族では「バランサー・ロード」も除外された時に発動する効果を持っていて、手札のレベル4以下のモンスターを特殊召喚できます。この2枚を除外出来た場合はフィールドにモンスター3体を並べられることも可能です。

 

ネクロフェイス

「ネクロフェイス」:除外された時にお互いのデッキの上からカードを5枚除外する強制効果があります。同じアンデット族では、詳しくは後述しますが除外する効果とかなり相性の良い「不知火」テーマがあるので採用するのも一興かと思います。

「孤高除獣」と相性のデッキは?

ここでは「孤高除獣」の効果で展開を潤滑にさせられるデッキを紹介していきます。

最近環境入りしているデッキもあるので参考になれば幸いです。

 

超雷龍-サンダー・ドラゴン

「サンダー・ドラゴン」デッキ

「孤高除獣」の除外効果を使うことで、手札とデッキから除外した2体の「サンダー・ドラゴン」モンスターの効果をどちらも発動できます。

計2枚の除外はコンボを潤滑に進めるためには嬉しい効果であり、採用する人は多いかと思われます。

 

メタファイズ・ラグナロク

「メタファイズ」デッキ

「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚された時に発動する強力な効果と高い攻守が魅力であり、除外された時に発動する効果を持つシリーズとしても有名です。

除外がトリガーになってデッキが回るため、2枚のモンスターを除外できる「孤高除獣」は嬉しいかと思います。

戦神-不知火

「不知火」デッキ

メインデッキではチューナー以外の「不知火」モンスターが除外された時に発動する効果を持っており、除外された時に破壊効果が発動する「不知火の宮司」や自身以外の「不知火」モンスターを特殊召喚できる「不知火の陰者」も相性抜群です。

まとめ

種族という縛りはあるものの、手札とデッキから1枚ずつモンスターを除外できるという効果は強力なことには変わりません。

高値がつく一因にはノーマルレアという希少性もあり、パックを1箱買っても当たらない場合があるという入手難度ですので、複数枚採用するかはデッキと相談して決めましょう。