「犬賞金」の考察と相性の良いカードの考案、性能を評価!イラストからすでに面白い!




2019713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに「犬賞金」というカードが収録されます。

イラストでは「横綱犬」懸賞金(ドッグフード)を渡している犬に対して手刀を切っています。

「土俵間際」のイラストの続きになっているようですが、「スモウ魂 YOKOZUNAに勝つとは驚きを通り越して面白いです。

今回はそんな「犬賞金」について考えていきます。

懸賞金を捩ってる!?「犬賞金」の考察と考案!

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のモンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時、
自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

カード名ターン1で発動できる速攻魔法カードです。

自分のモンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時に自分の墓地のカード1枚をサルベージする効果です。このターン自分はこの効果で手札に加えたカードおよびその同名カードの効果の発動が出来ないという制約があります。

まず発動条件ですが、自分のモンスターが攻撃で相手モンスターを破壊すればいいので相手のペンデュラムモンスターを戦闘破壊した際にも発動できます。

破壊さえすればその後は墓地へ送られなくても良いので、ペンデュラムモンスターの他にも「次元の裂け目」適用下でも問題なく使えるという点は覚えておくと良いでしょう。

次に効果ですが、自分の墓地のカード1枚をサルベージするという汎用サルベージ効果になります。

カードの種類の指定が無いためモンスターはもちろん魔法・罠カードのサルベージも可能です。

死者転生

指定有りのサルベージカードならいくつも存在し、モンスター限定であれば手札コストを要する代わりに速効性がある「死者転生」もあります。

それら他のサルベージカードに対して「犬賞金」は墓地のカードなら種類は問わないため、発動条件さえ満たせれば万能サルベージカードとして使えたり、墓地肥やしカードと組み合わせれば疑似的なサーチとしても機能します。

最後に制約ですが、サルベージしたカード及びその同名カードの効果は発動ターンの間発動できません。

効果の発動が出来ないという制約なので、モンスターの召喚や魔法・罠カードのセットに関しては特に問題ありません。

相手ターン中に効果を発動できる手札誘発効果を持つモンスターや速攻魔法・罠カード等をサルベージすれば次の相手ターンに使うことを狙えます。

とはいえ何をサルベージかは相手にも分かっているため、どちらかと言えば牽制としての役目が強いでしょう。

自己特殊召喚効果すでに自分の手札・フィールドに制圧力の高いカードが揃っているのであれば、サーチやサルベージが難しいカードや規制によって制限カードになっているカード等をサルベージして次の自分のターンに発動を狙うというのも一つの手です。

スポンサーリンク

「犬賞金」と相性の良いカードは?

「永遠の淑女 ベアトリーチェ」

永遠の淑女 ベアトリーチェ

レベル6モンスター2体で出せるランク6エクシーズモンスターであり、フリーチェーンでエクシーズ素材を1つ取り除くことでデッキからカード1枚を墓地へ送る効果、自身が相手によって破壊された場合にエクストラデッキから「彼岸」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる効果を持ちます。

ランクが6なためエクシーズ召喚ができるデッキはある程度絞られますが、万能墓地肥やしモンスターとして有名です。

このカード自体の攻撃力が2500あるため相手モンスターの戦闘破壊を狙うこともでき、そこで「犬賞金」を使えば墓地に送っておいたカードをサルベージすることが可能です。

万能墓地肥やしカードと万能サルベージカードを組み合わせることによって疑似的に万能サーチが出来るという運用であり、デッキから好きなカード1枚を手札に加える点は非常に強力です。

「バージェストマ・マーレラ」

バージェストマ・マーレラ

デッキから罠カード1枚を墓地に送る効果、「バージェストマ」共通のモンスターとして自己蘇生する効果を持つ通常罠カードです。

このカード自体が罠カードであるため発動するためにターンはかかりますが、このカードによって墓地へ送った罠カードを「犬賞金」でサルベージしてセット→次のターン以降にセットした罠カードを発動して「バージェストマ・マーレラ」がモンスターとして自己蘇生の流れが出来るため相性が良いです。

サルベージ後セットする罠カードには「強制脱出装置」のように発動タイミングを選ばないカード等を選べば相手に事前に除去される心配が少なくなります。

「メタバース」

メタバース

フィールド魔法カード1枚をデッキから手札に加えるもしくは自分フィールドに発動する通常罠カードです。

2197月からのリミットレギュレーションによって制限カードになり、「トラップトリック」の恩恵も受けられなくなったりしたカードでもあります。

「おろかな副葬」や前述した「バージェストマ・マーレラ」「メタバース」を墓地に送っておき、「犬賞金」を使ってサルベージをすることでセットできます。

「メタバース」が罠カードであること、「犬賞金」にはサルベージしたカードはそのターン発動できないという制約がある点が噛み合っています。

「犬賞金」の評価は?

発動条件と効果からも察せられるように、墓地に再利用したいカードが行きやすいビートダウン型のデッキでは無理なく採用を検討できる効果をしています。

ビートダウン型ならそう難しくない発動条件・汎用的な効果・効果が強くなりすぎない程度の制約の3つを総合的に考えると良い感じにバランスの整った汎用性の高いサルベージカード、という評価になります。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする