遊戯王 カオス・インパクト収録リスト紹介!7月13日収録分追記!全リスト判明!




7月13日に発売の「カオス・インパクト」に収録されるカードをコチラでは紹介と考察を行なっていきます!

カード自体はリスト番号順ではなく判明カード順となっております!

カードリストは公式から発表があり次第の追記していきます!

目当てのカードやデッキを組みたい方は是非参考にしていただけたらと思います!

目次

7月13日に発売の「カオス・インパクト」の収録カード一覧!「判明カード順」

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード

リンク・効果モンスター リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000 【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】 効果モンスター3体以上

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。

(2):このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。

(3):相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、 このカードはもう1度続けて攻撃できる。

5月15日に判明した遊戯王OCG初のリンク5モンスターであり、強化条件を全てクリアするのは中々に難易度は高いですが、エクストラデッキから直接墓地に送る手段を準備すれば、儀式モンスター以外の種類のカードを墓地に溜めることが出来ます。

効果をフルに使うとなると普通に組んだだけでは効果を活かすことが難しいですが、専用で組めばシンプルイズベストな脳筋パワーを楽しめるかと思います!

ロマンがありますね!

具体的な考察はコチラで行っておりますので専用デッキなどを考えているのであれば、参考になればと思います!

7月13日に発売のカオス・インパクトから「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の収録が決定しました! OCGで...

輝光竜セイファート

効果モンスター 星4/光属性/ドラゴン族/攻1800/守 0 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 ドラゴン族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。

墓地へ送ったモンスターの元々のレベルの合計と同じレベルを持つ ドラゴン族モンスター1体をデッキから手札に加える。

(2):墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル8モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

5月15日に判明したモンスターで遊戯王ゼアルのミザエルを意識したモンスターカードで、手札と自分フィールでドラゴン族を任意の数墓地に送り、墓地に送った元々のレベルの合計分のレベルを持つドラゴン族をデッキからサーチできます。

ドラゴン族テーマであればその運用方法は幅広く、活かせるモンスターだと思います!

2つ目の効果も優秀で、ドラゴン族であれば「竜の霊廟」など墓地に送る手段が豊富であり、強力なドラゴン族である「カオスエンペラードラゴン」などをサーチすることも可能です!

スポンサーリンク

銀河衛竜

リンク・効果モンスター リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻2000 【リンクマーカー:左下/右下】 ドラゴン族モンスター2体 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分・相手のバトルフェイズに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、 自分フィールドの元々の種族・属性がドラゴン族・光属性の「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。 バトルフェイズ終了時まで、相手が受ける戦闘ダメージは半分になり、 対象のモンスターの攻撃力は、そのモンスターの持つ「No.」の数値×100になる。

(2):相手エンドフェイズに発動できる。 デッキからカード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

5月15日に判明したカードで、見た目は「No.107 銀河眼の時空竜」を思わせるような見た目をしており、「タキオン・ドラゴン」をリンクモンスターにさせた様な見た目をしております。

効果自体も「No.107 銀河眼の時空竜」と相性が良く、1つ目の効果を使えば「No.107 銀河眼の時空竜」の攻撃力が10000を超え、2つ目の効果を使えばRUM-七皇の剣」を仕込みそのまま「No.107 銀河眼の時空竜」を次のターンのドローで対象に取り、「CNo.107 超銀河眼の時空龍」にランクアップさせるといったコンボが可能で、コチラのカードもミザエルを意識したカードとなっております。

またコチラの記事ではより詳しく、「銀河衛竜」について考案と考察を行っております!

2019年7月13日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに収録されるカードの情報が数枚公開されました。 今回はそ...

熾天蝶

リンク・効果モンスター リンク3/風属性/昆虫族/攻2100 【リンクマーカー:上/左下/右下】 カード名が異なるモンスター2体以上 このカード名の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。 このカードのリンク素材とした昆虫族モンスターの数だけこのカードにカウンターを置く。

(2):このカードの攻撃力は、このカードのカウンターの数×200アップする。

(3):このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。 自分の墓地からレベル4以下の昆虫族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

5月19日判明したカードでコレクションパック−革命の決闘者編でシンジの使う「B・F」(ビーフォース)が登場したことを意識したのでは無いかと言うくらいタイミングがドンピシャなリンク3昆虫族モンスターです。

召喚条件は緩いものの1つ目の効果の関係で採用するデッキは必然的に昆虫族テーマとなります。

リンク召喚ターンに3つ目の蘇生効果は使うことが出来ないものの、素材を全て昆虫族にすれば2700となるので、アタッカーとして使いつつ、生き残れば3つ目の効果を使っていくと言う運用方法になるかと思います。

またコチラの記事では「熾天蝶」についてより詳しく考察しております!

2019年7月13日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに「熾天蝶」(セラフィム・パピオン)が収録されることが判明しました。 ...

天威龍-アシュナ

効果モンスター 星7/光属性/幻竜族/攻1600/守2600 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、 手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。

デッキから「天威龍-アシュナ」以外の「天威」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は幻竜族モンスターしか特殊召喚できない。

5月20日に判明した新たな「天威」モンスターで1つ目の効果は「天威」モンスター共通効果になります。

2つ目の効果は手札・墓地で発動する「天威」モンスター共通効果で固有効果はデッキから好きな「天威」モンスターを特殊召喚できると言ったものです。

この効果を使えば即座にリンク2の「天威の龍仙女」「天威」レベル1チューナーモンスターである「天威龍-アーダラ」を特殊召喚すれば後に紹介する「天威」シンクロモンスターである「天威の龍鬼神」をシンクロ召喚できます。

注意点はデメリットとして2つ目の効果を使うとターン終了時まで自分は幻竜族モンスターしか特殊召喚出来なくなるので、動きの幅は狭くなる点は注意です。

しかしそれでも「天威」モンスターとしては十分な性能を持っております!

コチラでは「天威龍−アシュナ」についてより詳しく考察しております!

2019年7月13日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに「天威」テーマの強化として「天威龍-アシュナ」が収録されることが判明しました...

天威の龍鬼神

シンクロ・効果モンスター 星8/闇属性/幻竜族/攻3000/守 0 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。 そのモンスターを除外する。

(2):このカードの攻撃で効果モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。

このカードの攻撃力は破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。 このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけモンスターに攻撃できる。

5月20日に判明した新たな「天威」シンクロモンスターで召喚条件はチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上です。

効果は2つあり、1つ目は相手がモンスターの効果を発動した時に発動でき、そのモンスターを除外することが出来ます。

効果自体は無効に出来ないものの、効果モンスターの効果の発動を牽制することができ、攻撃力も3000と高く、戦闘では簡単にこのカードが破壊されることはありません。

2つ目の効果である攻撃力アップ効果も永続的に続くので、戦闘で効果モンスターを破壊すればするほど、攻撃力が上がります。

ただし2つ目の攻撃力上昇は1ターンに1度だけなので強化したい場合は一旦ターンを跨がなければなりません。

汎用シンクロ8モンスターと言っても良いぐらいの性能を持っており、優秀です!

師匠闇に堕ちすぎじゃないですか!「汗」

スポンサーリンク

礫岩の霊長-コングレード

通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚可能な岩石族モンスターで、相手の手札・デッキからモンスターが送られた場合にこのカードを裏側守備表示で特殊召喚できます。

手札・デッキからモンスターが落ちる機会は比較的に多いので、手札でこのカードが腐ることはほとんどありません。

またリバース時にフィールドのカードを2枚破壊でき、このカードの攻撃力も3000あるので、攻撃が通しやすくなる点も利点です。

「E-HERO」が強化され、「E–HERO ダークガイア」の素材としても優秀なので、岩石族枠としての投入も良さそうです!

御影志士

岩石族ランク4エクシーズモンスターであり、デッキから岩石族をサーチするか、手札から岩石族を裏側守備表示で特殊召喚できます。

先ほど判明した「礫岩の霊長-コングレード」と相性が良く、今後ももしかしたら、岩石族強化カードが来そうな感じがしますね!

転生炎獣 パイロ・フェニックス

アニメでソウルバーナーが使った新たな「転生炎獣」リンク4モンスターで効果が3つあり、

1つ目はこのカードが同名カードを素材としている場合に相手のモンスターを全て破壊する効果。

2つ目相手の墓地のリンクモンスターを特殊召喚出来る効果。

3つ目相手フィールドにリンクモンスターが特殊召喚した場合、そのモンスター1体を対象として発動でき、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える効果です。

1つ目の効果は転生リンク召喚効果であり、2つ目は相手のリンクモンスターを特殊召喚でき、強力です。

3つ目は相手がリンクテーマであれば、妨害として役に立つので、説教的に出したいモンスターです。

海晶乙女マンダリン

効果モンスター

星1/水属性/サイバース族/攻 100/守 100

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札・墓地に存在し、

自分フィールドに「マリンセス」モンスターが2体以上存在する場合、

自分フィールドの水属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

手札・墓地に存在する時に自分フィールドに「マリンセス」モンスターが2体存在すれば、水属性リンクモンスターのリンク先にこのカードを特殊召喚出来ます。

このカードのステータスが恵まれていると言う点でサーチや墓地に送りやすいので複数枚デッキに入れても良いでしょう。

また「ジェネクス・ウンディーネ」との運用も面白そうです。

海晶乙女クラウンテイル

効果モンスター

星5/水属性/サイバース族/攻 600/守2400

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):モンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に、

手札からこのカード以外の「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。

このカードを手札から特殊召喚し、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは半分になる。

(2):相手モンスターが攻撃するダメージステップ開始時に、

墓地のこのカードを除外して発動できる。

このターン自分は、自分の墓地の「マリンセス」リンクモンスターの

リンクマーカーの合計×1000以下のダメージを受けない。

残りのカードはデッキに戻す。

1つ目の効果と2つ目の効果共に防御よりの効果ですが、1ターンキル系のデッキであればこのカードの効果は役に立つ盤面が多いので1枚はデッキに入れておきたいモンスターです。

海晶乙女ブルータン

効果モンスター

星4/水属性/サイバース族/攻1500/守1200

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「海晶乙女ブルータン」以外の「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送る。

(2):このカードが水属性リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。

自分のデッキの上からカードを3枚めくる。

その中から「マリンセス」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。

残りのカードはデッキに戻す。

1つ目の効果は同名以外の「マリンセス」を墓地に送れる効果で、デッキの核になるモンスターです。

2つ目の効果も3枚めくり「マリンセス」カードを手札に加えることが出来るので、デッキの安定性を考えると3枚はデッキに入れたいカードです。

海晶乙女クリスタルハート

リンク・効果モンスター

リンク2/水属性/サイバース族/攻   0

【リンクマーカー:左下/右下】

水属性モンスター2体

(1):このカードがEXモンスターゾーンに存在する限り、

このカードは相手モンスターの効果を受けない。

(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップの間、

その相手モンスターは自身以外のカードの効果を受けない。

(3):このカードまたはこのカードのリンク先の

自分の「マリンセス」リンクモンスターが攻撃対象に選択された時、

手札から「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。

その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、

その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

アニメでも活躍したリンクモンスターであり、リンクマーカーの向きと1つ目と2つ目の効果が上手く、噛み合っております。

3つ目の効果は「マリンセス」を捨てることでダメージを0に出来るので、アニメ同様に非常に比較的場持ちが良いリンクモンスターです。

しかし魔法・罠カードには無力な点でやや課題が残ります。

海晶乙女ワンダーハート

リンク・効果モンスター

リンク4/水属性/サイバース族/攻2400

【リンクマーカー:左/右/左下/右下】

水属性モンスター2体以上

(1):このカードがモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度発動できる。

このカードに装備された自分の「マリンセス」モンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。

このカードはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

この効果で特殊召喚したモンスターを、エンドフェイズに装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

(2):このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。

自分の墓地からリンク3以下の「マリンセス」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

リンク4「マリンセス」モンスターで1つ目の効果は、装備された「マリンセス」モンスターを特殊召喚する効果と特殊召喚したモンスターをエンドフェイズに装備する効果。

2つ目はこのカードが相手に破壊された時に墓地のリンク3以下の「マリンセス」を特殊召喚出来ます。

リンク4という点で競合がすでに存在しますが「マリンセス」モンスターという点で差別化を図ると良いでしょう。

海晶乙女シーエンジェル

リンク・効果モンスター

リンク1/水属性/サイバース族/攻1000

【リンクマーカー:左】

レベル4以下の「マリンセス」モンスター

自分は「海晶乙女シーエンジェル」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「マリンセス」魔法カード1枚を手札に加える。

リンク1「マリンセス」モンスターであり、非常に出しやすい上にデッキから「マリンセス」魔法カードをサーチ出来たりと非常に優秀です。

このカードのリンク召喚後は別のリンクモンスターに繋いで行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

海晶乙女の闘海

フィールド魔法

(1):自分フィールドの「マリンセス」モンスターの攻撃力は200アップし、

さらに装備している「マリンセス」カードの数×600アップする。

(2):「海晶乙女クリスタルハート」を素材としてリンク召喚した

EXモンスターゾーンの自分のモンスターは相手の効果を受けない。

(3):自分がEXモンスターゾーンに「マリンセス」リンクモンスターをリンク召喚した時に発動できる。

自分の墓地から「マリンセス」リンクモンスターを3体まで選び、

そのリンク召喚したモンスターに装備カード扱いとして装備する(同名カードは1枚まで)。

1つ目は「マリンセス」の攻撃力を上げる効果。

2つ目は「海晶乙女クリスタルハート」を素材としたエクストラゾーンのモンスターは相手の効果を受けなくなる耐性効果。

3つ目は「マリンセス」リンクモンスターのリンク召喚成功時に「マリンセス」モンスターを装備出来る効果を持ちます。

攻撃力アップや耐性付与はシンプルですが嬉しい効果である上に3つ目の効果は「マリンセス」デッキに重要になってくる効果なので、このカードの存在は重要になるかと思います。

「海晶乙女シーエンジェル」で簡単にサーチ出来る点は嬉しい所です。

海晶乙女雪花

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドの「マリンセス」リンクモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、

そのモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターよりリンクマーカーの数が少ない「マリンセス」リンクモンスター1体を

リンク召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターは自分フィールドに存在する限り、相手の効果を受けない。

「マリンセス」リンクモンスターが破壊された時に破壊された「マリンセス」モンスターよりリンクマーカーの少ないモンスターをリンク召喚扱いでエクストラデッキから特殊召喚出来ます。

この効果で特殊召喚したモンスターは相手の効果を受けなくなる耐性効果もあり、優秀な上に持久戦に持って来いの罠カードです。

海晶乙女瀑布

通常罠

自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、

このカードの発動は手札からもできる。

(1):自分フィールドの「マリンセス」リンクモンスターを

任意の数だけ次の自分スタンバイフェイズまで除外し、

フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、

このカードを発動するために除外したリンクモンスターのリンクマーカーの合計×300アップする。

リンク3以上の「マリンセス」が入れば、手札からも発動出来る罠カードで、攻撃力アップする効果は除外した「マリンセス」モンスターのリンクマーカーが多ければ大幅な攻撃力アップが狙えます。

場合によっては1ターンキルも視野に入れることが出来るでしょう。

破戒童士 アルハ

効果モンスター

星3/炎属性/悪魔族/攻1500/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊し、このカードを手札から特殊召喚する。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

(2):フィールドのこのカードが戦闘または

「破械童子アルハ」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。

手札・デッキから「破械童子アルハ」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

今回登場する新規悪魔族リンクテーマです。

1つ目の効果は自分カードを破壊することで特殊召喚出来ます。

2つ目は戦闘・効果で同名以外の効果で効果が発動します。

手札・デッキから「破械」モンスターを特殊召喚できる効果です。

自分のカードを自発的に破壊できるものの、デメリットの制約から、他のテーマと混合するのは難しい縛りがある為、構築は純構築になりそうです。

破戒童士 ラキア

効果モンスター 星3/水属性/悪魔族/攻1500/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):フィールドのこのカードが戦闘または 「破械童子ラキア」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。

手札・デッキから「破械童子ラキア」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は破戒童士 アルハ」と似ており、2つ目の効果は破戒童士 アルハ」と共通効果になります。

今回のテーマは破戒」の名に相応しい、破壊を駆使して戦うテーマと言うことが分かります。

破戒神の禍玉

効果モンスター 星8/闇属性/悪魔族/攻 0/守3000 このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「破械」カードの数×300アップする。

(2):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。

(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神の禍霊」以外の自分の墓地の「破械」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

最上級モンスターであり、1つ目の効果は墓地の破戒」カードの数×300攻撃力がアップします。

2つ目の効果はリンク召喚版「超融合」的な効果を持っており、このカードを出張させるのも面白そうな効果を持っております。

3つ目は「破戒」メインモンスター共通効果となっております。

このカードを使うことで後に解説する「破戒」リンクモンスターの召喚を狙っていく形になって行きます

破戒神ラギア

リンク・効果モンスター リンク2/闇属性/悪魔族/攻1800 【リンクマーカー:上/下】 「破械神」モンスターを含むモンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手メインフェイズに、相手フィールドの特殊召喚された 表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神ラギア」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

破戒」リンクモンスターの1枚で1つ目の効果は「破戒神の禍玉」同様にリンク版「超融合」効果。

2つ目はこのカードが破壊された時に同名以外の墓地の悪魔族をサルベージすることが出来ます。

「破械神」を含む2体なので6月15日現状自身の「破戒神の禍玉」「破戒神アルバ」「破戒雙王神ライゴウ」を含む形になります。

破戒神アルバ

リンク・効果モンスター リンク3/闇属性/悪魔族/攻2400 【リンクマーカー:上/左下/右下】

「破械神」モンスターを含むモンスター2体以上 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として 「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 「破械神アルバ」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える

破戒」リンク3モンスターであり、1つ目と2つ目の効果は破戒神ラギア」とほぼ一緒になります。

破戒神ラギア」の1の効果を使いこのカードにアクセスする形になります。

破戒王神ライゴウ

リンク・効果モンスター リンク4/闇属性/悪魔族/攻3000 【リンクマーカー:上/左下/下/右下】 リンクモンスターを含むモンスター2体以上

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「破械雙王神ライゴウ」以外のカードの効果でフィールドのカードが破壊された場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

(2):このカード以外のモンスターが戦闘で破壊された時、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

(3):自分・相手のエンドフェイズにフィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

破戒」リンク4モンスターで破戒」デッキのエースモンスターとなります。

1つ目の効果は破戒」と相性が良い他、「ヴァレット」などとも相性が良いです。

2つ目は自分のこのカード以外のモンスターが戦闘で破壊された時に フィールドのカード1枚を対象として発動でき、そのカードを破壊出来ます。

この効果は自爆特攻でも効果を適用できるので、場合によっては狙ってみても良いかと思います。

3つ目の効果はエンドフェイズ毎に発動できる効果で、任意効果なので、使い勝手が良い点も見逃せません。

破械神の慟哭

永続魔法 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分が「破械」リンクモンスターのリンク召喚に成功した場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

(2):セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は「破械」リンクモンスターのリンク召喚成功時にフィールドのカードを破壊できるので、相手モンスターを素材にリンク召喚できれば合計で2枚のカードを除去することが出来ます。

2つ目の効果は「破械」魔法・罠カード共通効果で「破械」の効果以外であれば、「マジカルシルクハット」で破壊することで、自発的に効果を起動できたりと優秀です。

破械唱導

通常罠 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの「破械」モンスター1体とフィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカード2枚を破壊する。

(2):セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

「破械」罠カードで主な運用方法としてはサクリファイスエスケープなどが優秀でしょう。

2つ目は共通効果であり、「破械」カードなどと組み合わせていくと良いでしょう。

破械雙極

通常罠 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の手札・墓地から「破械」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

(2):セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

「破械」モンスターを特殊召喚できる罠カードで罠ゆえに発動は遅いもののレベルの制限はないので、上級「破械」モンスターを蘇生することが出来ます。

複数枚積んでも良いカードです。

雙王の械

通常魔法 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):デッキから「破械」カード1枚を手札に加える。

(2):セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

デッキから「破戒」カードをサーチする事が出来ます。

サーチする「破戒」カードに制限はないので、対応力が高いサーチカードであり、3枚デッキに入れたいカードです。

チョバムアーマー・ドラゴン

効果モンスター

星1/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守 0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。

このカードを手札から攻撃表示で特殊召喚する。

このターン、この効果で特殊召喚したこのカードは戦闘では破壊されず、

このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは半分になる。

(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合、

このカード以外の自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを手札に加える。

相手は自身の墓地のモンスター1体を選んで手札に加える事ができる。

効果が2つあり、1つ目が相手の攻撃に対して発動出来る効果。

2つ目がリンク素材として墓地に送られた場合にこのカード以外の墓地の闇属性を手札に加え、相手も自身の墓地からモンスターを手札に加える効果を持ちます。

1つ目の効果は相手の直接攻撃でこのカードを特殊召喚でき、その戦闘ではこのカードは破壊されず、ダメージが半分になる効果で、基本的に防御寄りの効果となっております。

直接攻撃を防ぎつつフィールドに展開したいのであれば「バトルフェーダー」の方が、防御力には優れております。

このカードを使うのであれば、2つ目の効果を使う為と差別化を図ると良いでしょう。

ただしこの効果を使うと相手にもアドバンテージを与えるので、使い所には注意が必要です。

ご隠居の大釜

発動時処理としてこのカードの上にカウンターを1つの乗せる効果、スタンバイフェイズ毎にカウンターを1つ乗せ2つの効果の内1つを適用する効果です。

適用できる効果はカウンターの数×500回復する効果

カウンターの数×300を相手に与える効果です。

ターン毎に効果が大きくなりますが、効果を大きくするにはこのカードを守りきらなければなりません。

バーン効果は微弱ではあるものの、「波動キャノン」の要領で、デッキが組めるかも知れません。

心太砲式

通常罠

(1):自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、

フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

自分・相手の攻撃宣言時にフィールドのモンスター1体をデッキバウンスする効果を持ちます。

攻撃宣言時限定の効果ですが、デッキにバウンス出来る効果は、「次元幽閉」などと差別化することが出来ます。

フリーチェーンで効果を使うのであれば、「強制転移」などに軍配が上がりますが、バウンスという点ではこちらの方が勝るので、デッキにや環境によって使い分けると良いでしょう。

呪眼の女王 ゴルゴーネ

「呪眼」リンク2のモンスターで効果が3つあり、1つ目は墓地の「呪眼」のカードの種類×100攻撃力がアップする効果。

2つ目はこのカードが「セレンの呪眼」を装備している時に相手フィールドの効果モンスターの効果を無効に出来る効果で相手ターンでも使える効果。

3つ目の効果は2つ目の効果を使った次のスタンバイフェイズ時にマーカー先の相手モンスターを破壊する効果を持っております。

メタビート軸でも活躍できる上に、リンク2と非常に出しやすいモンスターです。

このカードを主体のメタビ軸も面白そうです。

ポップアップ・飛行隊

チューナー・効果モンスター

星2/風属性/獣族/攻 300/守 600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手メインフェイズに、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

このカードを手札から特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材としてS召喚する。

相手ターンにシンクロ召喚を行えるチューナーモンスターです。

モンスター版「緊急同調」とも言えるカードです。

「ブラックローズ・ドラゴン」などをシンクロ召喚すれば、相手ターンにフィールドを一掃出来たりと、専用でデッキを組んでみても面白い1体です。

剣闘獣サジタリィ

星3 風属性 鳥獣族 攻/1400 守/1000

(1):このカードが「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合、手札から「剣闘獣」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。デッキから「剣闘獣サジタリィ」以外の「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

「剣闘獣」の効果で特殊召喚に成功した時に2枚ドローし、その後手札を1枚捨てる固有効果を持ちます。

特殊召喚しやすいドローソースとして非常に優秀な「剣闘獣」モンスターでございます。

剣闘獣アトリクス

効果モンスター 星4/地属性/獣戦士族/攻 800/守2000

(1):このカードが「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合、 デッキ・EXデッキから「剣闘獣アトリクス」以外の「剣闘獣」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 エンドフェイズまで、このカードは墓地へ送ったモンスターと同じレベルになり、同名カードとして扱う。

(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。 デッキから「剣闘獣アトリクス」以外の「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

「剣闘獣」の効果で特殊召喚に成功した時にエクストラデッキかデッキから同名以外の「剣闘獣」モンスターを墓地に送り、エンドフェイズ時まで、墓地に送ったカードと同じ名前になり、レベルも同じになります。

「剣闘獣」「E・HERO プリズマー」であり、「HERO」ギミックを採用しなくても、融合が行いやすくなりました。

獣戦士族なので、「炎舞ー天キ」でサーチできる点も評価点です。

剣闘獣ウェルパシアス

効果モンスター 星7/水属性/海竜族/攻2300/守 0 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の「剣闘獣」モンスターがモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

(2):「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドのモンスターの攻撃力は500アップする。

(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。 デッキから「剣闘獣ウェスパシアス」以外の「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は「剣闘獣」モンスターが戦闘を行うダメージステップ時にこのカードを特殊召喚できる効果。

2つ目が「剣闘獣」モンスターの効果でこのカードが特殊召喚された場合に自分フィールドのモンスターの攻撃力が500アップする効果。

3つ目は「剣闘獣」共通効果になります。

特殊召喚しやすいかつ、2つ目の効果は「剣闘獣」と相性が良いです。

複数枚積んでしまっても良いモンスターでしょう。

剣闘獣ドミティアノス

融合・効果モンスター 星10/闇属性/海竜族/攻3500/守1200 「剣闘獣ウェスパシアス」+「剣闘獣」モンスター×2 自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

(1):1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手モンスターの攻撃対象は自分が選択する。

(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のEXデッキに戻して発動できる。 デッキから「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

「剣闘獣ウェスパシアス」+「剣闘獣」モンスター×2で融合召喚できる「剣闘獣」モンスターで、1つ目の効果は相手のモンスター効果を無効でき、2つ目の効果は相手モンスターの攻撃対象は自分が選択する効果です。

3つ目の効果は「剣闘獣」融合モンスター共通となります。

素材指定はあるものの、「剣闘獣アトリクス」で代用できるので、召喚難易度自体はそこまで高くはありません。

フィールドに融合召喚出来れば、デュエルを優位に持っていける効果なので、積極的に融合召喚を狙っていきたいです。

スレイブ・パンサー

「剣闘獣」2体でリンク召喚でき、リンクマーカーの向きは左下・下です。

1つ目の効果はこのカードのリンク召喚に成功した時に「剣闘獣」カードをサーチできる効果。

2つ目の効果は自分フィールドの「剣闘獣」モンスター1体を対象として発動できる効果で。その「剣闘獣」モンスターを持ち主のデッキに戻し、そのモンスターとは元々のカード名が異なる「剣闘獣」モンスター1体を、「剣闘獣」効果による特殊召喚扱いとしてデッキから特殊召喚できる効果です。

サーチと「剣闘獣」の効果を発動する条件を省略出来る効果で、戦闘を行えない時でも、このカードのおかげで、デッキを回転させることができます。

出しやすさもあり、非常に優秀なリンクモンスターです。

再起する剣闘獣

通常魔法:

(1) 同じ種族のモンスターが自分フィールドに存在しない「剣闘獣」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは戦闘では破壊されない。

「剣闘獣」モンスターを手軽に特殊召喚できる魔法カードで、リンク召喚を狙いたい時などに重宝します。

団結する剣闘獣

速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、自分は「剣闘獣」モンスターでしか攻撃宣言できない。

(1):自分・相手のバトルフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールド・墓地から、 「剣闘獣」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、 その融合モンスター1体をEXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。

速攻魔法でデメリットはあるものの純構築であれば、デメリットはほとんど気にならない上に相手ターンで、発動すればデメリットは打ち消せます。

「剣闘獣」専用の融合カードで、速攻魔法なので、追撃を行う時などに役に立ちます。

剣闘排斥波

剣闘排斥波
永続魔法
このカード名のの効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの「剣闘獣」モンスターは、バトルフェイズ以外では相手の効果の対象にならない。

(2):自分のデッキから「剣闘獣」が特殊召喚された場合に発動できる。同じ種族のモンスターが自分フィールドに存在しない「剣闘獣」モンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚する。

永続魔法で1つ目の効果はバトルフェイズ以外では相手の効果の対象にならない耐性効果。

2つ目の効果はデッキから「剣闘獣」を特殊召喚できる効果です。

耐性効果は、戦闘以外の破壊手段を使われてしまうと、こちら側が不利になってしまう弱点を上手く補った効果になっております。

2つ目の効果もデッキから「剣闘獣」を展開できるので、シンプルに優秀な効果です。

デッキに複数枚は入れたい魔法カードです。

猛進する剣闘獣

猛進する剣闘獣
通常罠
(1):自分フィールドの「剣闘獣」モンスターの種類の数まで、フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

「剣闘獣」モンスターの種類の数まで、フィールドの表側表示のカードを破壊できるので、上手く行けば、相手のフィールドをガラ空きにすることも可能です。

剣闘海戦

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、自分フィールドに「剣闘獣」モンスターが存在する限り、攻撃可能な相手モンスターは攻撃しなければならない。

(2):1ターンに1度、自分の手札・墓地から「剣闘獣」1体をデッキに戻し、自分フィールドの「剣闘獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで元々の守備力分アップする。

(3):魔法&罠ゾーンのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。このターン、自分の「剣闘獣」モンスターは戦闘では破壊されない。

1つ目の効果は攻撃を強制する効果。

2つ目の効果は「剣闘獣」の攻撃力を上昇させる効果。

3つ目の効果はこのカードが破壊されたターン「剣闘獣」モンスターは戦闘では破壊されなくなります。

1つ目の効果は攻撃を強制させることで、「剣闘獣」モンスターの固有効果を発動しやすくなります。

2つ目の効果も消費こそはあるものの、戦闘補助できるので、「剣闘獣」の固有効果を発動しやすくなります。

「闇の精霊 ルーナ」

特殊召喚・効果モンスター 星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1200

このカードは通常召喚できない。

自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。

(1):自分スタンバイフェイズに発動する。 相手に500ダメージを与える。

闇属性を除外することで、特殊召喚出来るモンスターです。

1つ目の効果はバーンダメージなので、複数体並べてロックや素材など使い道があるモンスターです!

異次元の哨戒機

このカードが除外された時のエンドフェイズ時に発動できる効果を持っており、手札・フィールド・墓地からモンスターを除外することで、このカードを特殊召喚することができます。

「異次元の偵察機」と相性が良いのはもちろん、除外テーマとの相性は抜群であります。

エレキカンシャ

「エレキ」専用の魔法カードで、自分フィールドの雷族モンスターの種類分「エレキ」をデッキからサーチでき、墓地のこのカードを除外する事で、手札から可能な限り、「エレキ」モンスターをサーチできます。

墓地に落ちたターンで2つ目の効果は使えないものの、ターンを跨げば、サーチした「エレキ」を一気に大量召喚し、リンク素材にするなど、コンボを繋げることも可能です。

アロマージ・ローリエ

新規「アロマ」モンスターであり、1つ目の効果がライフが多い時に手札から特殊召喚できる効果。

2つ目が自分のライフが回復した時に植物族モンスターを1体チューナー扱いにすることができる効果。

3つ目は墓地にこのカードが送られた時に500回復する効果です。

特殊召喚条件が「アロマ」であれば、緩い上に、シンクロモンスターをチューナー扱いにすれば、デルタアクセルシンクロが狙えるのでは無いかと、考え中です「笑」

アロマージ-マジョラム

効果モンスター 星5/闇属性/植物族/攻2000/守1600 このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の植物族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、自分は500LP回復する。

(2):自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分の植物族モンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

(3):自分のLPが回復した場合、自分フィールドの 「アロマ」モンスターの数まで相手の墓地のカードを対象として発動できる。 そのカードを除外する。

レベル5闇属性の「アロマ」モンスターで、1つ目の効果は手札から特殊召喚できる効果。

2つ目の効果は自分の植物族モンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる効果。

3つ目はライフが回復した場合、自分フィールドの 「アロマ」モンスターの数まで相手の墓地のカードを対象として発動でき、そのカードを除外する効果を持ちます。

簡単に特殊召喚ができ、相手よりライフが多ければ、植物族の戦闘ダメージを0に出来るので、より、ライフを維持しやすいです。

3つ目の効果も相手の墓地のカードを除外できるので、制圧力も高いモンスターです。

アロマセラフィ-スイート・マジョラム

シンクロ・効果モンスター 星6/光属性/植物族/攻2200/守2000 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「潤いの風」「渇きの風」「恵みの風」のいずれか1枚を手札に加える。

(2):自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドの植物族モンスターは相手の効果の対象にならない。

(3):自分のLPが回復した場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動する。 そのカードを破壊する。

「アロマ」シンクロモンスターであり、1つ目の効果がシンクロ召喚に成功した時、「潤いの風」「渇きの風」「恵みの風」のいずれか1枚をサーチできる効果。

2つ目は自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドの植物族モンスターは相手の効果の対象にならない耐性効果。

3つ目はライフが回復した場合に相手フィールドのカード1枚を対象として発動し、そのカードを破壊する効果を持ちます。

シンクロ召喚に成功すれば、1枚アドバンテージを確保でき、植物族に耐性を与えられる上にレベル6なので、シンクロ召喚しやすく、優秀です。

アロマガーデニング

永続魔法 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分が「アロマ」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分は1000LP回復する。

(2):自分のLPが相手より少ない場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 デッキから「アロマ」モンスター1体を特殊召喚する。

永続魔法で、1つ目の効果1000ライフ回復できる効果。

2つ目は自分のライフが相手より少ない場合にデッキから「アロマ」モンスター1体を特殊召喚できる効果を持ちます。

1つ目は常に1000ライフ回復出来るので、デッキから「アロマ」モンスター1体を特殊召喚する。の効果の発動のトリガーになれます。

2つ目は1つ目の効果を相性は悪いものの、デッキから直接「アロマ」モンスターを特殊召喚できる効果は優秀です。

恵みの風

永続罠 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。

●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 自分は500LP回復する。

●自分の墓地の植物族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをデッキに戻す。 その後、自分は500LP回復する。

●1000LPを払って発動できる。 自分の墓地から「アロマ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

永続罠カードで3つの効果の中から1つを選択し効果を発動します。

ライフを回復出来る効果が2つと、1000ライフ払うことで、墓地から「アロマ」モンスターを特殊召喚できる効果を持ちます。

「アロマセラフィ-スイート・マジョラム」でサーチ出来る永続罠カードであり、最後の効果はライフを払うものの、墓地から「アロマ」を特殊召喚できる効果は、展開力にも役に立つ上に、得意の持久戦でも役に立つ効果です。

機巧嘴-八咫御先

効果モンスター 星5/光属性/機械族/攻2050/守2050

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードは自分フィールドの通常召喚された モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンの自分メインフェイズに発動できる。 モンスター1体を召喚する。 自分はこの効果で召喚したターン、そのモンスターと元々の種族が同じモンスターしか特殊召喚できない。

(3):このカードの(1)の方法で特殊召喚したこのカードがリリースされた場合に発動する。 自分は2050LP回復する。

効果は3つあり、1つ目は通常召喚されたモンスターをリリースした時に特殊召喚できる効果。

2つ目はこのカードが召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズ時にモンスターを特殊召喚出来る効果。

3つ目は1つ目の効果で特殊召喚したこのカードがリリースされた時に、自分は2050ライフ回復します。

1つ目は召喚時に効果を使い終わったモンスターをリリースし、このカードを特殊な召喚すれば、無駄がありません。

2つ目はデメリットはあるものの、種族を統一したテーマであれば、デメリットを半減することが出来ます。

3つ目は、リリースであれば、リリースであれば効果を発動出来るので、召喚だけでなく、コストのリリースでも効果が発動出来ます。

全体的にトリッキーな効果を持っているモンスターです。

プロトコル・ガードナー

リンク・効果モンスター

リンク3/闇属性/サイバース族/ATK1000

【リンクマーカー:左/右】

サイバース族モンスター2体

①:相手はこのカードのリンク先のモンスターを攻撃対象にできない。

②:このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。その際、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

リンク先のモンスターを攻撃から守る効果があり、このカード自身も1ターンに1度だけ戦闘で破壊されず、自身のダメージを0にできます。

マーカーの向きの都合、メインモンスターゾーンに出すことになります。

また同名カードをリンク先に並べれば、お互いにお互いを守ることが出来ます。

星雲龍ネビュラ

効果モンスター 星8/光属性/ドラゴン族/攻2000/守 0 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードと手札のドラゴン族・レベル8モンスター1体を相手に見せて発動できる。 その2体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は光・闇属性のドラゴン族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の光・闇属性の ドラゴン族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

効果が2つあり、1つ目が手札のこのカードとドラゴン族レベル8モンスターを見せることで、その2体を特殊召喚出来る効果。

2つ目が、墓地のこのカードを除外することで、墓地の光属性か闇属性のドラゴン族・レベル4モンスター1体をを手札に加える効果です。

1つ目の効果は即座にレベル8モンスターを並べることができるので、「No.107 銀河眼の時空竜」などのドラゴン族を即座にエクシーズ召喚出来ます。

2つ目の効果は、自身を除外することで、光属性か闇属性のドラゴン族・レベル4モンスター1体をを手札に加える効果です。

墓地に落ちた「暗黒竜 コラプサーペント」「輝白竜 ワイバースター」を回収し、再利用するなどといった動きが可能です。

エヴォルド・メガキレラ

「エヴォル」の新規カードで、1つ目の効果は自分フィールドの爬虫類族をリリースし、手札を1枚捨てる事で、デッキからレベル6以下の恐竜族・炎属性モンスターをデッキから特殊召喚できる効果。

2つ目は墓地のこのカードを除外する事で、自分フィールドのエクシーズ素材のないドラゴン族エクシーズモンスターを1体選んで、自分の手札・墓地から爬虫類・恐竜族モンスター2体までを選び、そのエクシーズモンスターの下に入れることができます。

レベル1という点で、サポートも受けやすく、1つ目と2つ目の効果ともに、「エヴォル」には欠かせない効果を持っていますので、デッキに3枚投入できる強さです。

個人的には嬉しい強化の1枚!

のどかな埋葬

デッキから直接モンスターを1体墓地に送れる、罠カードです。

「おろかな埋葬」と違う点は、罠カードであるが故に、発動が遅い点と墓地に送ったカードとそのカードと同名のカードの効果をそのターン中には使えない点で、即効性に欠けます。

ラグはあるものの、ピンポイントでモンスターを墓地に送りたいテーマであれば、採用は検討できます。

創星改帰

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):手札・デッキから「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。

手札・デッキから「星遺物」モンスター1体を特殊召喚することが出来ます。

罠カードなので、発動にラグはあるものの「星遺物」を採用しているテーマであれば複数枚積んで見ても良いでしょう。

特殊召喚したカードはリンク素材にしてしまえば、デメリットを回避出来ます。

星遺物が導く先

永続魔法

(1):「星遺物の導く先」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

(2):フィールドのレベル5以上の表側表示モンスターが墓地へ送られる度に、

1体につき1つこのカードにカウンターを置く(最大7つまで)。

(3):カウンターが7つ置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。

EXデッキからサイバース族リンクモンスター1体を特殊召喚する。

カウンターが7つ乗ったこのカードを墓地に送ることで、エクストラデッキから、

サイバース族リンクモンスター1体を特殊召喚することが出来ます。

発動条件は厳しいものの、高レベルを主体にしたデッキであれば、効果を発揮することができるかと思います。

スポンサーリンク

星遺物-『星鍵』

効果モンスター

星1/闇属性/機械族/攻   0/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札から「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。

このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、

自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。

(2):このカードが相手リンクモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。

そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻す。

アドバンス召喚の補助ができる「星遺物」モンスターで初の下級モンスターです。

2つ目の効果は相手のリンクモンスターをエクストラデッキに戻せるので、相手がリンクモンスター主体のテーマであれば、効果を発揮することが出来るでしょう。

転生炎獣の超転生

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスター1体のみを素材として同名の「サラマングレイト」リンクモンスター1体を
リンク召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

自分の「サラマングレイト」リンクモンスターを転生リンク召喚させることができる速攻魔法です。

速攻魔法なので、サクリファイスエスケープに使ったり、追撃に使いつつ、転生リンク召喚時の効果を使うなど、複数枚デッキに入れても強力なカードです。

犬賞金

自分のモンスターの攻撃で、相手モンスターを破壊した時に墓地のカードを手札に加えることが出来ます。

サルベージするカードはモンスターだけに限らないので、サルベージ先は豊富ですが、デメリットとして、手札に加えたカードとその同名カードはこのターン発動することが出来ません。

手札誘発である「灰流うらら」や制限カードである「サンダーボルト」などを回収できる点では強力なので、使い方次第で、様々な運用が出来ます。

I:Pマスカレーナ

リンクモンスター以外のモンスター2体でリンク召喚出来る、リンクモンスターで、相手メインフェイズ時にこのカード含む、自分モンスターとリンク召喚でき、このカードを素材にしたモンスターは相手の効果で、破壊されない耐性が付きます。

相手ターン中にリンク召喚できるモンスターであり、破壊耐性を付けられる上に、マーカーの向きが優秀です。

1つ目の効果にこだわらなくても2つ目の効果で、破壊耐性をつけるだけでも十分に強力です。

転生炎獣の炎虞

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:手札から「サラマングレイト」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターを含む自分フィールドのモンスターを素材として「サラマングレイト」リンクモンスター1体をリンク召喚する。このターン、この方法でリンク召喚したモンスターは攻撃できず、効果を発動できない。

②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをEXデッキに戻す。

手札から「サラマングレイト」を特殊召喚し、リンク素材にする事が出来ます。

転生リンク召喚が行えるものの、デメリットでこのターン効果が発動出来ないので、このカードはどちらかと言うとサクリファイスエスケープや、追撃で使った方が良さそうです。

また2つ目の効果は使いやすいサルベージ効果になっております!

7月12日判明分

ダイナレスラー・マーシャルアンペロ

効果モンスター

星1/地属性/恐竜族/攻600/守0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の他の「ダイナレスラー」モンスターがその攻撃力以上の攻撃力を持つ相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分へ戦闘ダメージは半分になる。

(2):相手モンスターの攻撃宣言時に墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ダイナレスラー・マーシャルアンペロ」以外の「ダイナレスラー」モンスター1体を手札に加える。

1つ目の効果は、自分の「ダイナレスラー」が相手モンスターとの戦闘時に、手札、墓地からこのカードを捨てることで、戦闘から守り、ダメージを半分にする効果。

2つ目は、相手攻撃宣言時に墓地のこのカードを除外することで、デッキから同名以外の「ダイナレスラー」をサーチする事が出来ます。

1つ目は「ダイナレスラー」の戦闘補助であり、1つ目の効果で捨てたこのカードを2つ目の効果に繋げることが出来ます。

2つ目の効果は相手の攻撃宣言時と発動タイミングに制限はあるものの、「ダイナレスラー」をサーチ出来る点は優秀です。

ダイナレスラー・バーリオニクス

効果モンスター

星3/地属性/恐竜族/攻1600/守0

(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

(2):自分フィールドにリンク3以上の「ダイナレスラー」モンスターが存在する限り、自分フィールドの表側表示モンスターはリンク3以下の相手モンスターが発動した効果を受けない。

1つ目の効果は「サイドラ」条件で使える特殊召喚効果。

2つ目はリンク3以上の「ダイナレスラー」が存在する限り、自分フィールドのモンスターは、リンク3以下の相手モンスターから効果を受けなくなります。

2つ目の効果は耐性としては、限定的な部分が多い為だけ、特殊召喚要因としての使い道が主になります。

スポンサーリンク

螺旋竜バルジ

効果モンスター

星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドに光・闇属性のドラゴン族モンスター2体以上存在する場合に発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

(2):自分メインフェイズに発動できる。自分フィールドの全てのモンスターのレベルはターン終了時まで8になる。

1つ目の効果は光・闇属性のドラゴン族モンスター2体以上存在する場合に発動できる効果で、このカードを守備表示で特殊召喚することが出来ます。

2つ目は自分フィールドの全てのモンスターのレベルを8にすることが出来ます。

1つ目の効果は墓地から特殊召喚が出来るので、「終末の騎士」「トレードイン」であらかじめ墓地に落としておくことで、準備を整えることが出来ます。

2つ目はレベル8に変換することが出来る効果であり、デメリットが無いので「タキオン」以外にも汎用性の高いランク8モンスターのエクシーズ召喚を狙うことが出来ます。

タキオン・ギャラクシースパイラル

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。自分フィールドに「ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。

①:自分フィールドのドラゴン族の「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで戦闘では破壊されず、自身以外のカードの効果を受けない

「No107 銀河眼の時空竜」の攻撃名がカード化しました!

自分フィールドに「ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン」モンスターが存在する時に、手札からも発動出来る罠カードで、自分フィールドのドラゴン族「ギャラクシー」モンスター1体を戦闘とカードの効果から守ることが出来ます。

効果を受けなくなる点は、非常に優秀です。

無限起動ブルータルドーザー

効果モンスター

星5/地属性/機械族/攻1900/守2100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「無限起動ブルータルドーザー」以外の「無限起動」モンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族・地属性モンスターしか特殊召喚できない。

新規「無限起動」モンスターで、1つ目の効果はレベル5「無限起動」モンスター共通効果。

2つ目はデッキから「無限起動」モンスターを効果を無効にして特殊召喚出来る効果です。

このカード1枚でランク5エクシーズを行うことが出来ます。

デメリットの都合上「無限起動」モンスターなどに限られては来るものの、「無限起動」デッキであれば、複数枚入れたいモンスターです。

サプレス・コライダー

通常モンスター

星8/闇属性/サイバース族/攻2800/守2600

ネットワーク世界の巨悪と戦う熟練の闘士。その鉄槌に圧縮されたデータは、誰にも復元できない。

サイバース族の上級通常モンスターです。

特に特化した性能や使い道はないものの、今後もしかしたら、需要があるかも知れません。

ゴルゴネイオの呪眼

装備魔法

「呪眼」モンスターにのみ装備可能。このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードは魔法&罠ゾーンに存在する限り、カード名を「セレンの呪眼」として扱う。

(2):自分のLPが相手より少ない場合、装備モンスターの攻撃力はLPの差の数値分アップする。

(3):墓地のこのカードを除外し、手札から「呪眼」カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ゴルゴネイオの呪眼」以外の「呪眼」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

「セレンの呪眼」として扱える新規装備魔法カードです。

2つ目の効果は自分のライフが少ない時にその差分、装備モンスターの攻撃力を上げることが出来ます。

3つ目は墓地のこのカードを除外する事でこのカードと同名以外の「呪眼」魔法・罠をデッキからサーチ出来ます。

2つ目の効果は「呪眼」では、条件を満たしやすく、3つ目の効果は、「セレンの呪眼」に繋いで行けるなど、「セレンの呪眼」が無いと始まらない「呪眼」デッキには嬉しい、新規装備魔法カードです。

超整地破砕

永続罠

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「超接地展開」または「超信地旋回」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

1つ目の効果は機械族・地属性が破壊された時にフィールドのカードを破壊出来る効果。

2つ目はこのカードを除外する事で、デッキか墓地から「超接地展開」または「超信地旋回」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセット出来る効果です。

「おろかな副葬」で直接墓地に送り、2つ目の効果を発動するのも良いでしょう。

燎星のプロメテオロン

効果モンスター

星8/炎属性/機械族/2800/2000

(1):このカードの攻撃でメインモンスターゾーンの相手モンスターを破壊した時、手札1枚を捨てて発動できる。

このカードは続けて攻撃できる。

次のターンの終了時まで、そのモンスターが存在していたゾーンは使用できない。

戦闘でメインモンスターゾーンのモンスターを破壊した時に手札を1枚捨てると立て続けに攻撃できる効果を持ちます。

手札さえあれば、相手モンスターを全滅させることが出来る上に、次の相手の召喚を制限させることが出来ます。

ブライニグル

効果モンスター

星7/水属性/海竜族/攻1000/守2600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、対象のモンスターの攻撃力分アップする。

(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

1つ目の効果は、召喚・特殊召喚した場合に墓地の水属性を対象にそのモンスターの攻撃力分強化出来る効果。

2つ目はこのカードが墓地に送られた場合に、自分フィールドの水属性モンスター1体を対象にに1000攻撃力を上げることが出来ます。

便利なのは主に2の効果で、直接墓地に送っても効果が発動出来る上に、「水精鱗」であればランク7シンクロの素材にも使えますり

魔筒覗ベイオネーター

効果モンスター

星1/闇属性/アンデット族/攻500/守0

(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は相手フィールドのモンスターの数×1000ダウンする。

相手フィールドにトークンを増やすことで、相手モンスターの攻撃力を大幅に減らすことが出来ます。

後は攻撃力の高いモンスターを別途で準備する形になります。

レベル1モンスターであり、アンデット族なので、サポートカードが、多い利点があります。

ミミックリル

効果モンスター

星3/闇属性/悪魔族/攻0/守0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの一番上のカードをめくり、それがモンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚し、このカードを持ち主のデッキの一番下に戻す。違った場合、または特殊召喚できない場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主のデッキの一番下に戻る。

デッキ操作などを使うことで、確実に特殊召喚効果を決めることが出来ます。

神のカードをフィールドに出したりすると面白いかと思います。

霊子もつれ

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをエンドフェイズまで除外する。

一時的に除外することが出来ますが、除去したいのであれば、除去魔法を使った方が良いでしょう。

除外という点で差別化を図ると良いかと思います。

オールド・マインド

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手の手札をランダムに1枚確認する。その後、以下の効果から1つを選んで適用する。

・確認したカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の自分の手札のカード1枚と確認した相手のカードを捨てる。その後、フィールドのこのカードを相手の手札に加え、自分はデッキから1枚ドローする。

・自分は1000LPを失う。

相手の手札をランダムに1枚確認し、2つの内効果を1つ適用します。

トリッキーなカードではあるものの、使い方によっては面白い魔法カードです。

独法師

効果モンスター

星1/地属性/天使族/攻100/守100

自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。

(1):このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分フィールドにこのカード以外のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合に発動する。このカードを破壊する。

自分のフィールドにはこのモンスターしか、存在出来ない効果を持っております。

このカードを特殊召喚し、「リンクリボー」に繋げていくのが良いでしょう。

ドカンポリン

永続罠

使用していないモンスターゾーンを1か所指定してこのカードを発動できる。

(1):指定したゾーンに効果モンスターが特殊召喚された場合に発動する。そのゾーンに存在するモンスターとこのカードの2枚を持ち主の手札に戻す。

このカードで、指定した場所に「トーチ・ゴーレム」を特殊召喚する事で、再度「トーチ・ゴーレム」を特殊召喚することが出来ます。

その他にも、様々なコンボに使える1枚です。

ソウル・レヴィ

永続罠

(1):「ソウル・レヴィ」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

自分フィールドに1枚しか存在出来なので、大量にデッキ破壊というのは出来ませんが、デッキ破壊デッキであれば、このカードを立てて置くだけで、相手の特殊召喚を牽制できます。

スポンサーリンク

カオス・インパクト収録カードについてのまとめ!

以上が現状判明しているカオス・インパクト収録カードについてです。

今後も公式から新たに情報が公開されて行くかと思います!

情報が公開され次第収録カードを追記していきたいと思います!


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX


【アジア版】遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX [並行輸入品]

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする