Vジャンプ2019年3月号から「HSR(ハイスピードロイド)カイドレイク」の考案と考察を!採用出来そうなデッキは?




Vジャンプ2019年3月号の付録で「HSR(ハイスピードロイド)カイドレイク」の登場が決定したものの効果が不明でしたが今回効果が判明致しました!

非常に強力で派手な効果を持っている「HSR(ハイスピードロイド)カイドレイク」の紹介とエクストラデッキに入りそうなデッキを紹介して行きたいと思います!

HSR(ハイスピードロイド)カイドレイクの効果について

シンクロ・効果モンスター
レベル8/風属性/機械族/ATK3000/DEF2800
機械族・風属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
●相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果を無効にする。
②:このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

「SR」シンクロモンスターでレベルは8でチューナー側に機械族・風属性の指定があります。

効果は2つあり1つがシンクロ召喚成功時に以下の効果から1つ選ぶ効果で

  • このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
  • 相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果を無効にする。

のいずれかを選択します。

どれも強力な効果で「SR」デッキのエクストラデッキに入れて十分に役に立つ効果だと思います!

特にカードを全て破壊する事が出来れば自分の次の展開次第ではそのターンに決着をつけることも可能です。

自分のカードを巻き込みたくない時は「相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果を無効にする。」を選択すれば相手だけに打撃を与えることができます。

2つ目の効果はこのカードが相手によって墓地に送られたときにデッキから「SR」モンスターをサーチする効果です。

2つ目の効果は相手によって墓地に送られれば後続の「SR」モンスターをサーチ出来るのでこのカードが万一破壊されても後続に繋げることが出来るので体制を立て直すことが出来ます。

武力の軍奏

問題はチューナー指定ですがこれは「武力の軍奏」を経由すればこのカードをシンクロ召喚出来ます。

しかしその際はスロットの問題や他の汎用シンクロ8モンスターの存在があるのでそこはスロットと相談しましょう!

次はこのカードが採用出来そうなテーマを紹介したいと思います。

HSR(ハイスピードロイド)カイドレイクが採用出来そうなテーマは?

HSRチャンバライダー

「SR」

「HSR(ハイスピードロイド)カイドレイク」「スピードロイド」モンスターなのでもちろん「SR」デッキと相性抜群です!

もはや説明は不要ですね!

幻獣機オライオン

「幻獣機」

こちらも機械族・風属性テーマで汎用チューナーモンスターである「幻獣機オライオン」がいる為、レベルの調整さえ出来ればエクストラデッキへの採用の余地はあるでしょう!

F.A.カーナビゲーター

「F.A.」

同じく機械族・風属性テーマで「F.A.カーナビゲータ」を使えばシンクロ召喚が狙いやすいのでエクストラデッキに1枚入れておくといざという時に役に立つかと思います!

音響戦士ベーシス

「音響戦士」

展開力とレベル調整などが得意なテーマでこちらもシンクロ召喚が狙いやすいことから採用の余地はありそうです!

魔の試着部屋

「ローレベル」

こちらは機械族・風属性テーマではありませんが、チューナーを採用した構築にし「武力の軍奏」を経由すれば「HSR(ハイスピードロイド)カイドレイク」のシンクロ召喚を狙うことができ、パワーをある程度補ってくれます!

Twitterの反応

相手のターンに出すことで相手の動きを妨害出来るのは面白いですね!

素材指定があるものの分かり易く強力な効果なだけあって話題性は高そうですね!

まとめ

今回はVジャンプ2019年3月号の付録で付いてくる

「HSR(ハイスピードロイド)カイドレイク」の紹介でした!

効果自体は非常に強力で「SR」デッキになら1枚投入決定ですがそれ以外のテーマだと応相談になりそうです。

レベル8シンクロと言えばやはり強力なライバルも多いですが「幻獣機オライオン」「SR」モンスターは出張性が高くこれらを出張するテーマであれば他テーマでも採用してみる価値はありそうです!

強力なライバルは多いもののこのカードも強力かつ非常に派手な効果を持つモンスターなので1枚は確保したいところですね!