遊戯王 2019年6月に価格が高騰したシングルカードをおさらいし、7月に高騰しそうなカードの予想をします!

 

20196月も終わりに差し掛かったところで、シングルカードの相場について書いていきたいと思います。

 

6月に価格が高騰したカードをおさらいし、7月に値上がりしそうなカードを予想していきます。

 

遊戯王の6月の相場傾向を軽くおさらい!

6月に価格が高騰したカードですが、主な要因としては68日に発売したデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5に収録したテーマの関連カードや7月以降の新リミットレギュレーションの公開によって環境が動いたことが挙げられます。

 

以下では具体的に価格が高騰したカード名をその理由と共に紹介します。

 

6月に高騰したカード一覧!

「捕食植物スパイダー・オーキッド」

 

捕食植物スパイダー・オーキッド

 

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-によって「捕食植物」テーマが強化されたことの影響で価格が高騰しました。

 

もとよりこのカードはVジャンプの定期購読特典だったため流通量が少なかったのも理由です。

 

スポンサーリンク
 

EHERO エアーマン」「E-エマージェンシーコール」

E・HERO エアーマン

 

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-でEHEROテーマが強化されたことによって高騰したカードです。

 

EHERO融合モンスターは融合素材にEHEROモンスターを要求する物も多いため、この2枚との相性は非常に良いです。

 

 

またEHERO エアーマン」は規制緩和されたことも高騰の理由かと思われます。

 

 

「閃刀姫-レイ」

 

閃刀姫-レイ(20thシークレット仕様)

 

7月以降に適用される新リミットレギュレーションが公開され、今回は規制されなかった「閃刀姫」デッキにおいてなくてはならない存在であるこのカードの価格が高騰しました。

 

 

20thシークレットレアは流通量が少ないため、10000円以上の価格で取引もされているようです。

 

「ドラグニティナイト-ロムルス」

 

ドラグニティナイト-ロムルス

 

新リミットレギュレーションの情報が公開されてそう経たずにストラクチャーデッキ-リボルバー-が発売し、新規カードで強化したドラゴンリンクデッキが環境で活躍するようになりました。

 

そこで「メタバース」が制限カードになったこともあり、「竜の渓谷」サーチできるこのカードの使い道に注目された結果高騰しているようです。

「応戦するG

 

応戦するG

 

活躍して話題になってきているドラゴンリンクデッキに対してのメタカードとして使いやすいことが注目を集めた結果価格が高騰しているカードです。

 

 

ドラゴンリンクデッキだけでなく融合や儀式などを主軸としたデッキにも対応できる点も評価されています。

 

 

7月に高騰しそうなカードを予想!

「剣闘獣ヘラクレイノス」

 

剣闘獣ヘラクレイノス

 

713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトにて「剣闘獣」テーマの強化がされるため高騰しそうなカードとして予想できます。

 

 

攻撃力が3000と高い上に手札コスト1枚で魔法・罠カードの発動を無効にして破壊できる効果を持っているため、前述したドラゴンリンクデッキのようにモンスターを展開するためのキーカードとなる魔法カード等にも対応できます。

 

 

レアリティとしてもスーパー・ウルトラ・アルティメット3種類のみが存在するため、特にアルティメットレアの価格が高騰しやすいかと思われます。

 

「アロマセラフィ-ローズマリー」

 

アロマセラフィ-ローズマリー

 

こちらも同じく基本パック、カオス・インパクトにて「アロマ」テーマが強化されそう(これを書いている628日現在では不確定情報になります)であるため価格が高騰する可能性があります。

 

 

相手よりライフが多い場合に自分フィールドの植物族を全体強化する効果とライフ回復時に相手フィールドの表側表示カード1枚の効果をターン終了時まで無効化出来る効果を持ちます。

 

 

「アロマ」テーマの強化に関してはどういった方向性で行われるかも分かっていないため、必ずしもこのカードが重宝されるとは限りませんがレアリティがスーパーレアであることや「アロマ」シンクロモンスターであることも考えると高騰しても不思議ではありません。

 

No.107 銀河眼の時空竜」

 

No.107 銀河眼の時空竜

 

こちらも基本パック、カオス・インパクトでミザエルデッキが強化されることが影響して高騰すると予想しています。

 

 

カオス・インパクト発売と同日に始まるキャンペーンであるSPECIAL PACK 20thANNIVERSARY EDITION Vol.6にはCNo.107 超銀河眼の時空龍」が収録されることが分かっていますが、そのランクアップ前であるこのカードは収録されないようなので高騰する可能性は十分あります。

 

 

現状判明している強化カードの種類が少ないため確実ではありませんが、No.107 銀河眼の時空竜」を出しやすくする専用のサポートカードが収録される可能性は高いかと思われます。

 

 

レアリティですが、ウルトラ・アルティメット・ホログラフィック・20thシークレットと高レアリティでバリエーションも多いため、特に20thシークレットレアは価格が高騰しそうです。

 

まとめ!

 

6月に高騰したカードの紹介や7月に高騰しそうなカードを予想させていただきました。

 

 

現在新リミットレギュレーションの影響やドラゴンリンクデッキの活躍などで環境は動いていますので、環境の影響によって高騰しそうなカードの予想は中々に難しいです。

 

 

今回紹介した以外にもカオス・インパクトには新規テーマの登場や既存テーマの強化等が多いようなので、その後のシングルカード市場にも注目していきたいです。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

 

 

 


 


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック ミスティック・ファイターズ BOX

1 COMMENT

かめりん

レイ、ずいぶん前は8000円で売られてたのにな・・・今は18000くらいで買い取りされてるって・・・。パック手に入れられなくて、泣く泣く8000円出して、秋葉原で購入したけど・・・買っててよかった・・・・。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください