遊戯王 2019年6月現在までの環境を振り返って中堅テーマを一覧で紹介!

 

2019年も半年が経ち、様々なテーマデッキが大会環境で結果を残してきました。

 

そこで今回はこの半年間を振り返り、注目の集まりやすい環境上位ではなく環境の中堅として活躍してきたテーマデッキを紹介します。

 

2019年も半年が経過!現在までの環境について軽くおさらい!

 

2019年になってから環境の上位としては「サラマングレイト」「オルフェゴール」「サンダー・ドラゴン」が名をはせていました。

 

 

展開力の高さやデッキ回転力の高さ、またそれらに対する妨害が出来ることが環境では力を発揮し、高速化している遊戯王の環境をよく表しています。

 

 

リミットレギュレーションの更新による規制などもありましたが、環境に与える影響は大きくなく全体を通してみると環境上位のテーマデッキの顔触れは変わらなかったです。

 

とはいえ7月からは本格的に環境上位デッキを弱体化させるための規制改定が行われるため、今後は変化がありそうにも感じています。

 

 

6月最後である現在ではストラクチャーデッキ-リボルバー-に収録された新規カードで大幅に強化されたドラゴンリンクデッキが大会環境で結果を残し始めており、今後の活躍にも注目したいです。

 

「ドラゴンリンク」って何?と言う方はこちらで解説しておりますのでよろしければ、こちらにてご覧ください!

遊戯王 ドラゴンリンクデッキについてや展開方法を紹介! 環境で結果を残したトーナメントデッキ!!

 

2019年現在までの中堅テーマを紹介!

「サイバー・ドラゴン」

 

サイバー・ドラゴン・インフィニティ

 

「サイバー・ドラゴン」を主軸としたデッキで除去・展開・制圧・高火力と状況に応じた様々な戦術を使い分けられるのが特徴です。

 

 

「サイバー・ドラゴン・コア」「サイバー・ドラゴン・ヘルツ」「サイバー・ドラゴン・ネクステア」等の「機械複製術」にも対応している「サイバー・ドラゴン」関連のサポートが出来るカードを使って展開をしたりアドバンテージを稼いでいきます。

 

 

「サイバー・ドラゴン・ズィーガー」という優秀な効果を持つリンクモンスターだけでなく、相手モンスターを融合素材にしやすい「キメラティック・メガフリート・ドラゴン」や除去をしつつ制圧力を高められる「サイバー・ドラゴン・インフェニティ」等を駆使することで対応力が高く相手のデッキにそこまで左右されない戦法が取れます。

 

 

また「サイバー・ドラゴン」関連ではないですが「銀河戦士」も非常に相性が良く、墓地に存在するときに「サイバー・ドラゴン」扱いになるモンスターを手札コストにしつつ「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」のエクシーズ素材を確保できます。

 

「真竜」

 

真竜拳士ダイナマイトK

 

「真竜」モンスターを主軸として相手の戦術を妨害しつつビートダウンを行っていくデッキになります。

 

最近では「命削りの宝札」「強欲で金満な壺」「強欲で貪欲な壺」等のドローソースカードと組み合わせることで「真竜」モンスターや汎用カウンター罠カードを素早く手札に引き込んで戦うメタビート軸が主流になっています。

 

 

魔法・罠カードをリリースしてアドバンス召喚ができる「真竜」モンスターの特性を活かして「真帝王領域」を使うことで相手のエクストラデッキからの特殊召喚を封じるのもかなり有効です。

 

 

自分は特殊召喚をしないという都合上「強欲で謙虚な壺」「虚無空間」を無理なく採用できるのも大きな利点になります。

 

 

「機界騎士」

紫宵の機界騎士

 

「機界騎士」モンスターを主軸にし、展開からのビートダウンを主なコンセプトにしながらもその効果の特性からカードの位置が重要になるという特徴があります。

 

登場初期に比べて「ジャックナイツ」関連のカードが増えたことが強化に繋がっており、エクストラデッキの「ジャックナイツ」モンスターが増えたのは大きなメリットとなりました。

 

「壊獣」モンスターで相手モンスターの除去と位置調整をしつつ戦う純構築に近い物も活躍している一方、「機界騎士」モンスターが特殊召喚を主にしているため温存した召喚権を「妖精伝姫-カグヤ」に使うというデッキも強力であり結果を残しています。

 

 

「魔弾」

 

魔弾の射手 スター

 

「魔弾」カードを主軸とし、手札から魔法・罠カードを発動出来るという奇襲性に長けているのが大きな特徴です。

 

 

「同胞の絆」を使って展開したり「強欲で金満な壺」でドローしたりする戦術は以前もありましたが、「魔弾の射手マックス」の登場によってアドバンテージ獲得能力が大幅に底上げされました。

 

1デュエルにおける「魔弾」魔法・罠カードの使用枚数も増えたため「強欲で貪欲な壺」もドローソースとして有用になったりと、ますます奇襲性が上がり手札があるだけでも相手への牽制として機能するほどになりました。

 

こちらは純構築が最も動かしやすく、「魔弾」カード以外は相性の良いカードや汎用的な手札誘発モンスターになりやすいようです。

 

またこちらでは「魔弾の射手マックス」で強化された「魔弾」デッキレシピを当サイトから紹介しております!

【魔弾デッキレシピ2021】の回し方・対策(弱点)を紹介!2021年環境対応版!

まとめ

今回紹介したのは2019年の6月までに環境の中堅として活躍していたテーマですが、前述もした通り7月のリミットレギュレーションによって環境上位デッキの弱体化が予想されることもあり、今後更なる活躍をすることも十分あり得るかと思います。

 

これから規制の緩和や新カードの登場などで強化される可能性もあるので、中堅テーマに関しても注目していきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください