遊戯王2019年7月のリミットレギュレーションを予想!規制がかかって禁止や制限になるのはどんなカード?

 

遊戯王OCGはリミットレギュレーションの変更、つまり規制改定を定期的に行っています。

 

次の規制改定は71日が予定されており、今回はそんな新リミットレギュレーションで規制されるカードについて予想していきます。

 

2019年7月のリミットレギュレーションの傾向はどんな感じか予想?

 

規制改定の対象としてカードが選ばれる理由はそこまで多くないですし、恐らく今回のリミットレギュレーションの傾向も先攻ワンキルコンボの防止や環境を動かすためのものになるかと思います。

 

先攻ワンキルはカードゲームとして問題となるため規制されて当然と言えます。

 

環境を動かすためということで、環境トップになっているテーマデッキの弱体化が図られることが予想できます。

 

長い間環境上位に入っているデッキも対象になるかもしれませんし、最近の環境でトップになっているテーマデッキからカードが選ばれるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

2019年7月に規制されそうなカード一覧

「破滅竜ガンドラX

 

破滅竜ガンドラX

 

ガンドラXワンキルという異名を聞いたことがあるという人もいるかと思いますが、先攻ワンキルコンボにおいて相手に決定的なダメージを与えるために必須なカードでもあります。

 

 

この先攻ワンキルコンボを目的としたデッキの場合、驚くべきことに20194月のリミットレギュレーション以降でも手札消費1枚でコンボの実現が可能という恐ろしい事実が存在します。

 

 

先攻ワンキルコンボを根本的に防止するためにはこのカードを禁止カードにするしかないのかもしれません。

 

 

仮にこのカードが禁止カードになった場合、このコンボの影響で禁止カードになった一部のカードが復帰する可能性も十分考えられるでしょう。

 

 

「トロイメア・マーメイド」

トロイメア・マーメイド

 

「オルフェゴール」デッキ等で頻繁に見られるこのカードは、そのリクルート効果で「オルフェゴール・トロイメア」を呼び出し2体で「オルフェゴール・ガラテア」をリンク召喚するといった流れが使いやすく優秀です。

 

 

先攻ワンキルコンボでもないのにいきなり禁止は厳しすぎかとも思いますが、元より複数枚積みすることがかなり少ないこともあって制限カード化では規制として意味が無いということを踏まえました。

 

「オルフェゴール」デッキの弱体化を本格的にするのであれば「オルフェゴール・ガラテア」制限カード化ということも考えられますが、そこまではさすがに規制しすぎなような気もします。

 

 

「水晶機巧-ハリファイバー」

 

 

水晶機巧-ハリファイバー

 

規制カード予想の常連になりつつあるこのカードですが、やはりというべきか今回も禁止カード化候補として予想されます。

 

シンプルに出しやすいこと、リクルート効果の幅が広くその後の展開の大きな助けに慣れることが問題点になります。このカードとリクルートしたチューナーを使ってリンク召喚していったりする流れも比較的ポピュラーです。

 

禁止カードになるのではないかという話になるたびに感じますが、そもそもこのカードは新マスタールールによるシンクロデッキの弱体化を防ぐために登場したと思われますので、今になって思えば何かしらの制約を付けるべきだったのではないでしょうか。

 

「閃刀起動-エンゲージ」

 

閃刀起動-エンゲージ

 

既に長い間環境上位に居続けている「閃刀姫」デッキにここでもう一歩弱体化が行われるのではないか、ということで制限カードになるのではと予想できます。

 

このカードと数枚の「閃刀」カードを他のデッキへの出張採用もしやすいですし、規制が強化される可能性はあるでしょう。

 

「超雷竜-サンダー・ドラゴン」

 

超雷龍-サンダー・ドラゴン

 

こちらも同じく環境上位として長期間いたために、デッキのエースであるこのカードが制限カード化することで弱体化させられるのではないかと予想します。

 

環境を動かすということを考えると、これまでの傾向からして環境上位にいる期間が長いデッキは規制強化されやすいというのも理由の一つです。

 

「転生炎獣の炎陣」

 

転生炎獣の炎陣

 

「サラマングレイト」デッキであれば3枚積みが推奨されるレベルで優秀なカードであるため、今回規制されるのではと予想します。

 

展開の起点にしやすく優秀な効果を持つ「転生炎獣ガゼル」規制されそうですが、「サラマングレイト」デッキの環境への活躍し始めた時期を考えると厳しい規制はされないかもしれません。

 

どちらかが制限でもう片方は準制限、あるいは両方とも準制限になるかもしれません。

 

「魔鍾洞」

 

魔鍾洞

 

強力なロック効果を持つフィールド魔法であり「魔鍾洞」デッキの中心となるカードです。

 

非常に強力なロックによって相手次第で一方的なデュエルを行うことも出来るこのカードは準制限カードになると予想します。

 

このカードを手札またはフィールドに出す「メタバース」も規制対象になる可能性があり、なるとすれば準制限カードでしょうか。

 

ただしこの「魔鍾洞」関連の規制に関しては、一方的なデュエルになるものの先攻ワンキルのようなカードゲームとしての破綻を生んでいるわけではないので規制は難しいという考えもあります。

 

 

それに加えてこのデッキは環境で活躍し始めてから日にちも浅いので規制自体が無いかもしれませんし、ロック戦術を運営が嫌うのであればどちらも制限カードになるのかもしれません。

 

またコチラでは「魔鍾洞」が禁止カードになりうるのかを考察しております!

 

大会で使われるロックバーン「魔鍾洞」デッキについて紹介!対策や個人的な見解もしていきます!

 

まとめ

 

今回規制強化予想の候は少し多めに挙げましたが、その内どれくらいが当たるかは分かりません。

 

あくまで予想ですので、そういう考えもある程度の認識で読んでいただけたなら幸いです。

 

コチラでは判明した7月のリミットレギュレーションの発表を行なっております!

今回予想したカードと照らし合わせて見ると面白いかと思います!

 

https://kata0003.net/limit-regulation-july-6488

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください