2019年1月28日から適用される海外の禁止カードについての考察や考案!禁止カードになった理由も考えてみた!




遊戯王では日本とは別に海外のリミットレギュレーションが存在します。

日本とは違った日付でリミットレギュレーションが適用されるので分かりにくいと思うかもしれませんが、全くの無関係というわけでもありません。

今回はそんな海外のリミットレギュレーションで規制される新禁止カードについて考察していきます。

海外の2019年1月28日から禁止カードになるカードについての考察と考案!

妖精伝姫-シラユキ

「妖精伝姫-シラユキ」

レベル4モンスターであり、条件さえ満たせばフリーチェーンで自己蘇生が可能という効果を持ちます。

自己蘇生するための条件が手札・フィールド・墓地から7枚のカードを除外という比較的重いですが、墓地肥やしに長けている海外先行テーマであるDanger!との相性の良さが注目されました。

また自己蘇生が相手ターンでも出来るため後述する「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」の発動条件を満たすのにも使えたことが主な理由でしょうか。

トーチ・ゴーレム

「トーチ・ゴーレム」

自分フィールドにトークンを2体生成しながら自身を相手フィールドに特殊召喚できる高レベルモンスターです。

リンク召喚の登場によってメリットが大幅に増えたこのカードは、ターン1制限がないため手札にもどせれば1ターンの内に何度もトークンを生成できる点が優秀です。

先攻の大量展開によるリンク召喚を加速させる要因でもあったため今回規制されたようです。

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク」

トークンを可能な限り生成する効果を持つランク7エクシーズモンスターです。

リンク召喚の登場以降そのトークン展開力は注目されていましたが、前述したDanger!にも採用が可能であり、大量のアドバンテージを稼ぐことが出来るため禁止カードになったのではないかと思われます。

No.86 H-C ロンゴミアント

No.86 HC ロンゴミアント」

エクシーズ素材が多ければ多いほど強力な効果を発揮するランク4エクシーズモンスターです。

「六武衆」テーマや「剛鬼」テーマ等の展開力の高い戦士族テーマとの相性が良く、No.75 惑乱のゴシップシャドー」でエクシーズ素材を一気に増やすコンボもあります。

海外では素材を多く持ったこのカードを出すことを目的としたデッキも作られていたりしたことが理由のようです。

トポロジック・ガンブラー・ドラゴン

「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」

条件を満たすことでお互いの手札からカードを捨てさせたり、相手の手札からのみカードを捨てさせられるリンク4モンスターです。

かなり高い展開力を持つデッキでは先行エクストラリンクすら可能ですので、そういった先攻で大量展開するデッキにおいて相手の手札を減らせるのは大きなメリットになります。

中でもDanger!モンスターは共通で手札から捨てられた場合に発動できる効果を持っているため、お互いに手札を捨てさせる効果を使ってもデメリットになりにくいです。

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク」を組み合わせることで手札消費を少なくこのカードに繋げられ、「妖精伝姫-シラユキ」との組み合わせでは相手ターンにも手札を捨てさせることも可能といった相手の手札をボロボロにするコンボも考えられたため禁止カードになったのではないでしょうか。

ソウル・チャージ

「ソウル・チャージ」

発動ターンはバトルフェイズを行えず、モンスター1体につき1000ライフを失う代わりに墓地から任意の数だけモンスターを蘇生できるという通常魔法カードです。

見て分かる通りこのカード1枚で大量展開が出来る強力なカードです。ライフを失いバトルフェイズに入れないという制約も、先攻で「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」による手札破壊や素材の多いNo.86 HC ロンゴミアント」によるロック効果を使いたいという場合や、効果ダメージで相手のライフを0にすることが出来るのなら気にするほどの物でもありません。

「妖精伝姫-シラユキ」と同じく墓地肥やしに長けたDanger!との相性が良く、1ターン目でも大量の展開を簡単に狙えます。

以上の要因が今回禁止カードになった理由だと思われます。

これまでに海外で禁止カードになったカードを振り返り、今回の海外の禁止カードは日本でも禁止カードになり得るか考えてみた!

ファイアウォール・ドラゴン

海外のリミットレギュレーションは日本の物よりも規制が早いという特徴があります。

海外で禁止カードになったカードには「トロイメア・ゴブリン」「ファイアウォール・ドラゴン」もあり、そのほとんどが海外で禁止カードになったのち数ヶ月遅れで日本でも禁止カードになっています。

なら今回も同じでその内日本でも禁止カードになるように思えますが、どうやら今回の海外の禁止カードには海外先行テーマであるDanger!テーマの存在が大きく関わっているようです。

まだ日本には来ていないため、今回海外で禁止カードになった全てが日本でも禁止カードになるとは思えません。

ですが、もしかすると「トーチ・ゴーレム」No.86 HC ロンゴミアント」辺りは日本でも禁止カードになる可能性が無きにしも非ずです。

今回の海外禁止についてのまとめ!

今回は海外の2019年1月28日より適用の禁止カードについての考察でした。

今回の禁止カードは海外先行テーマであるDanger!の影響を大きく受けたカードが禁止になったと言う印象でした。

日本での今後の影響は予測は正確に行うことは正直難しいですが、Danger!が日本に来日してきた際や今後のリンク環境の加速で海外の禁止カードがこちらにも来ることは予測しておいた方が良いかと個人的には感じます。

結論を言えば海外の禁止カードの影響は少なからず、日本のリミットレギュレーションにも影響を及ぼすものなので、「今まで気にしてなかったよ」と言う人はこれを機に毎回海外のリミットレギュレーションの更新の度に調べてみると面白いかと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする