「一惜二跳」がプロモーションパック2019で登場!効果の考察をし、相性の良いカードやデッキも考案!トリッキーな効果を持つ装備魔法!




デュエリストフェスティバルで参加者に配布されたプロモーションパック2019ですが、今回はそのプロモーションパック2019の新規カード「一惜二跳」について考えていきます。

「一惜二跳」の考察と考案!

装備魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを相手フィールドに効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

(2):装備モンスターは攻撃できず、攻撃対象にならない。 (3):装備モンスターが融合・S・X・リンク召喚の素材になった事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 融合・S・X・リンク召喚されたそのモンスターのコントロールを得る。

カード名ターン1で発動できる装備魔法カードです。

3つの効果を内包しており、1つ目相手の墓地のモンスター1体を対象として発動でき、そのモンスターを相手フィールドに効果を無効にして特殊召喚しこのカードを装備します。

このカードがフィールドから離れた場合そのモンスターは破壊されます。

2つ目の効果はこのカードの装備モンスターは攻撃宣言できず攻撃対象にならないというものです。3つ目は装備モンスターが融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚の素材になったことでこのカードが墓地へ送られた場合に発動でき、融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚されたそのモンスターのコントロールを得ます。

1の効果は相手の墓地のモンスターを相手フィールドに効果を無効にして蘇生する効果です。

23の効果があるため相手にアドバンテージを与えるだけということはなく、相手のフィールドにモンスターがいることを利用した戦術を使うことが推奨されます。

蘇生させるモンスターにレベルやステータスの制限はありませんが、2の効果もあるため低ステータスモンスターを蘇生させてもメリットは特にないので墓地へ送られた場合に発動する効果を持たないモンスターなら何でも良いでしょう。

スポンサーリンク
2の効果はこのカードの装備モンスターは攻撃宣言できず攻撃対象にならない効果です。

相手の墓地から相手フィールドに蘇生させたモンスターは攻撃することも出来ない代わりに、こちらもそのモンスターを攻撃できません。テキストの関係から相手フィールドにこのカードを装備したモンスターのみしかいない場合自分は攻撃が出来なくなります。

3の効果はこのカードを装備したモンスターが各種召喚方法の素材になった場合、装備モンスターを素材にして出したモンスターのコントロールを得られます。

この効果があることによって2の効果で攻撃も出来ない上に各種召喚方法の素材にしたらみすみすコントロールを奪われることになるため相手は装備モンスターを処理しにくくなります。とはいえこの効果にも穴があり、アドバンス召喚や効果によるリリース・墓地へ送るコスト・バウンス・裏側守備表示化などで装備モンスターを利用されてしまう場合もあるので、相手がそういったことを得意としているデッキであれば使わないもしくは蘇生したターン中にこちら側で対策を打っておくと良いでしょう。

コントロールの奪取自体は強力ですが、この効果を知っていれば相手が何の考えもなしに各種召喚方法の素材にするとは考えにくいので、基本的には牽制としての機能になるかと思います。

スポンサーリンク

「一惜二跳」と相性の良いカードやデッキは?

「ジャックナイツ」デッキ

双穹の騎士アストラム

メインデッキの「ジャックナイツ」モンスターは光属性・サイキック族で統一されており、「星遺物」関連カードともシナジーがあるリンク召喚主軸のデッキです。

メインデッキの「ジャックナイツ」モンスターは『同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる』という共通効果を持っており、「一惜二跳」なら「一惜二跳」と同じ縦列に相手のモンスターを蘇生すれば他にカードがない状況でも「一惜二跳」1枚で「ジャックナイツ」モンスターの特殊召喚が狙えます。

召喚・特殊召喚成功時に同じ縦列の相手のカードの数だけ「ジャックナイツ」モンスターをサーチできる「蒼穹の機界騎士」とは特に相性が良く、「一惜二跳」で蘇生するモンスターを相手の魔法・罠カードと同じ縦列に出し、その縦列に「蒼穹の機界騎士」を共通効果で特殊召喚すれば2枚のサーチを狙えるのでアドバンテージを稼げます。

スポンサーリンク

「鉄騎龍ティアマトン」

鉄騎龍ティアマトン

3枚以上のカードが同じ縦列にある場合に手札から特殊召喚でき、特殊召喚時に自身と同じ縦列の他のカードを全て破壊する効果、永続効果でこのカードと同じ縦列のカードの使用していないゾーンを使用不能にする効果を持つ下級モンスターです。

前述した「ジャックナイツ」でもそうですが、「一惜二跳」なら1枚でカード2枚を同じ縦列に置けるのでこのカードの特殊召喚条件を満たしやすくなります。

「一惜二跳」で特殊召喚したモンスターを相手に利用されたくないという場合は「鉄騎龍ティアマトン」同じ縦列に出すことで破壊してしまうと良いでしょう。

同じ縦列の使用していないゾーンを使用不能にする効果は優秀なので、エクストラモンスターゾーンと同じ縦列に出してもう片方のエクストラモンスターゾーンを自分のモンスターで埋めてしまえば相手はエクストラデッキからモンスターを出せなくなります。

「一惜二跳」の評価は?まとめ!

相手の墓地のモンスターを相手フィールドに蘇生するという点では「ミス・リバイブ」と同じですが、装備魔法カードであるため速攻性の高さやサーチ手段があることに加えて23の効果によって相手のデッキによってはすぐに処理できない邪魔なモンスターを押し付けることも出来ます。

以上のことを踏まえれば、活かせるデッキであれば展開の起点にもなる優秀なカードであり相手のデッキ次第では妨害としても機能するカードという評価になります。