遊戯王の乃亜編に登場したカード「イピリア」がカード化!効果を考察し、相性の良いデッキやカードを考案!




2019518日発売予定のコレクションパック-革命の決闘者編-にて「イピリア」の収録が判明しました。

アニメ遊戯王DMのアニメオリジナル部分である乃亜編に登場したモンスターであり、今回はそんな「イピリア」について考えていきます。

遊戯王DM乃亜編のモンスターがついにカード化!?「イピリア」の考察と考案

レベル2の地属性・爬虫類族モンスターで、攻守は500です。

カード名ターン1で使用できる効果は、自身が召喚・反転召喚・特殊召喚成功した場合にデッキから1枚ドローするというものです。

低ステータスであり、属性・種族を参照してサーチ・リクルートすること自体はそう難しくありません。

効果ですが、自身の召喚・反転召喚・特殊召喚時にドローするという非常にシンプルなものです。

スポンサーリンク

スケルエンジェル

召喚・反転召喚・特殊召喚という条件が非常に緩いため、セットしなくても良い分「スケルエンジェル」上位互換とも言えます。

効果は使いやすいものの、昨今の環境ではデッキ圧縮目当てのドローに期待するだけでは物量で押されてしまいがちです。

そこで種族や属性のサポートカード等を駆使することで、あくまでデッキ圧縮をしながらその後の展開やコンボに繋げられればアドバンテージとなり得るでしょう。

「イピリア」と相性の良いカードとデッキを紹介!

「レプティレス」デッキ

レプティレス・ヒュドラ

攻撃力0に関する効果を持つ爬虫類族テーマであり、相手モンスターの攻撃力を0にしたりすることも容易としているという特徴があります。

シンクロ召喚を取り入れているテーマデッキでもあり、詳しくは後述する「イピリア」と相性の良いカードを無理なく採用できます。

このデッキに「イピリア」を採用する場合はデッキ圧縮兼爬虫類族サポートカードの恩恵を受けさせるための、いわゆるデッキの潤滑剤としての運用が主になるでしょう。

スポンサーリンク

「ヴァイパー・リボーン」

ヴァイパー・リボーン

自分の墓地に存在するモンスターが爬虫類族モンスターのみの場合に発動でき、墓地のモンスター1体を特殊召喚できる通常魔法カードです。

この効果で蘇生させたモンスターはターン終了時に破壊されます。

即効性もある通常魔法カードであり、墓地の「イピリア」を蘇生すればドローに繋げることが出来ます。

蘇生した「イピリア」は各種召喚方法の素材にしてしまえば自壊するのも気にならないですし、雑な方法ではありますがモンスター1体の蘇生をしつつ1枚ドローが出来ると考えれば間違いなくアドバンテージとなっています。

「ダメージ=レプトル」

ダメージ=レプトル

1ターンに1度爬虫類族モンスターの戦闘によって自分が戦闘ダメージを受けた時に発動でき、その時に受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つ爬虫類族モンスター1体をデッキから特殊召喚出来る永続罠カードです。

「イピリア」をデッキ圧縮には使いたいものの、「イピリア」召喚権を割きたくないという場合でもこのカードがあればリクルートが出来ます。

条件を満たすためにもデッキに爬虫類族モンスターが一定以上存在する必要はありますが、「イピリア」の攻撃力が500なのでそれ以上の戦闘ダメージを受けるだけでドローへと繋げることが出来ます。

前述した「レプティレス」では攻撃力0「レプティレス・ナージャ」「レプティレス・ヒュドラ」といった相性の良いモンスターも存在するので、「イピリア」と一緒に採用することでデッキの圧縮も選択肢に入ります。

スポンサーリンク

「毒蛇の供物」

毒蛇の供物

自分フィールドの爬虫類族モンスター1体と相手フィールドのカード2枚を選択して破壊する通常罠カードです。

爬虫類族版の「ゴッドバードアタック」だと思われがちですが、こちらは爬虫類族をコストとしてリリースするのではなく効果で破壊しているため、無効にされても自分の爬虫類族モンスターはフィールドに残るという明確な違いがあります。

効果を使った後の「イピリア」をこのカードで相手のカードもろともに破壊してしまうことで、自分は「イピリア」の効果でドローしたこともありアドバンテージとなります。

まとめ

単体ではデッキ圧縮のみの効果である「イピリア」ですが、今回紹介したように種族サポートカード等と併せることでアドバンテージを生むことが可能となります。

コレクションパック-革命の決闘者編-「イピリア」が収録されるのはかなり予想外でしたし、「イピリア」のサポートとして使えそうなカードも一緒に収録されたら、それによっては「イピリア」の利用価値が更に上がるかもしれません。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 革命の決闘者編 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする